最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2012Jリーグ ディビジョン1 第14節

  • 2012年06月16日(土)  19:03キックオフ  会場:東北電力ビッグスワンスタジアム 
  • 入場者数 23,797人  天候 曇のち雨、弱風  主審 東城 穣  副審 手塚 洋  副審 村上 孝治
  • 第4の審判員 森川 浩次

10

アルビレックス新潟

試合終了
1 1 前半 0 0
0 後半 0

11

清水エスパルス

  • 39分 藤田 征也
得点者
  • 26分 金 珍洙 → 菊地 直哉
  • 69分 田中 亜土夢 → 鈴木 武蔵
  • 90分 +1 ミシェウ → 平井 将生
選手交代
  • 56分 吉田 豊 → 辻尾 真二
  • 62分 村松 大輔 → 小野 伸二
  • 76分 大前 元紀 → ジミー フランサ
  • 5分 金 珍洙
  • 61分 ミシェウ
  • 69分 ブルーノ ロペス
  • 89分 東口 順昭
警告
  • 27分 杉山 浩太
  • 59分 辻尾 真二
退場
3 シュート 7
12 GK 6
2 CK 9
11 直接FK 12
4 間接FK 2
0 PK 0
選手
  • 21 東口 順昭
GK
  • 31 林 彰洋
  • 25 村上 佑介
  • 4 鈴木 大輔
  • 5 石川 直樹
  • 19 金 珍洙
DF
  • 28 吉田 豊
  • 3 平岡 康裕
  • 4 カルフィンヨンアピン
  • 33 李 記帝
  • 6 三門 雄大
  • 15 本間 勲
  • 7 藤田 征也
  • 23 田中 亜土夢
MF
  • 2 村松 大輔
  • 6 杉山 浩太
  • 17 河井 陽介
  • 11 ブルーノ ロペス
  • 10 ミシェウ
FW
  • 13 高木 俊幸
  • 11 大前 元紀
  • 7 アレックス
  • 1 黒河 貴矢
  • 3 大井 健太郎
  • 36 菊地 直哉
  • 8 木暮 郁哉
  • 26 小谷野 顕治
  • 28 鈴木 武蔵
  • 14 平井 将生
SUB
  • 1 山本 海人
  • 15 辻尾 真二
  • 16 八反田 康平
  • 18 小野 伸二
  • 9 ジミー フランサ
  • 14 伊藤 翔
  • 23 白崎 凌兵
柳下 正明 監督 アフシン ゴトビ

監督コメント

柳下 正明 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
【ハーフタイムコメント】
・守備は慌てずに粘り強く対応すること。相手の仕掛けについていくこと。そこは新潟のストロングのはずだ。

・攻撃は必ずチャンスがくる。それを決めよう。

【記者会見コメント】
【柳下正明監督記者会見コメント】
勝ち点3を取れたことは選手たちの粘り強さ、ゲームを終わるまで高い集中力でプレーできたこと、その2点だと思います。ポイントとしては前半、ミーティングで言ったことをやらずに、かなり左サイドを中心に押し込まれました。そこをある程度修正した前半の残り10分、後半は清水の選手たちも困っていたのではないかと思います。

一番の課題は奪ったボールを確実につなぎながら相手のゴールまで行くことです。ここはすぐには改善できませんが、トレーニングをし続けてやっていきます。とにかく我々にとっては勝ち点3を取ることが大事なこと。それをできたのは非常に良かったと思います。こういうゲームをこれからも続けていくことが大切だと思います。

ゲームはどんどん来ます。しっかりいい準備をして、次の神戸戦に臨んでいきたいと思います。

選手コメント

[菊地 直哉]
途中交代で出場する時は、はっきり守備をすることを意識した。必ずしも監督のやりたいサッカーではないが、マンツーマンで相手の3トップの右サイドに自分は付いて行った。その分、狙いどころがはっきりして、思い切りボールを奪いに行くこともできた。

主導権を握りづらい守り方だったが、新潟はそういうはっきりした守備が得意。みんなが真面目に、一生懸命やれる。そして、これが受け渡しながら守れるようになれば、さらに上のレベルのサッカーになる。そこは、選手みんなが分かっている。勝ったのはいいこと。その上で、さらに内容を追及していく。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP