最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2013Jリーグ ディビジョン1 第7節

  • 2013年04月20日(土)  19:00キックオフ  会場:東北電力ビッグスワンスタジアム 
  • 入場者数 21,425人  天候 雨  主審 今村 義朗  副審 村上 孝治  副審 前之園 晴廣
  • 第4の審判員 堀越 雅弘

10

アルビレックス新潟

試合終了
1 0 前半 0 0
1 後半 0

8

横浜F・マリノス

  • 78分 岡本 英也
得点者
  • 35分 ブルーノ ロペス → 川又 堅碁
  • 62分 田中 達也 → 岡本 英也
  • 90分 +2 三門 雄大 → 酒井 宣福
選手交代
  • 75分 齋藤 学 → 藤田 祥史
  • 80分 小椋 祥平 → 端戸 仁
  • 87分 兵藤 慎剛 → ファビオ アギアール
  • 36分 レオ シルバ
  • 45分 三門 雄大
  • 60分 田中 達也
  • 80分 金 珍洙
警告
退場
6 シュート 7
5 GK 3
8 CK 2
8 直接FK 21
5 間接FK 2
0 PK 0
選手
  • 1 黒河 貴矢
GK
  • 1 榎本 哲也
  • 7 藤田 征也
  • 3 大井 健太郎
  • 4 金 根煥
  • 19 金 珍洙
DF
  • 13 小林 祐三
  • 4 栗原 勇蔵
  • 22 中澤 佑二
  • 5 ドゥトラ
  • 6 三門 雄大
  • 8 レオ シルバ
  • 18 成岡 翔
  • 23 田中 亜土夢
MF
  • 8 中町 公祐
  • 6 小椋 祥平
  • 7 兵藤 慎剛
  • 25 中村 俊輔
  • 11 齋藤 学
  • 9 田中 達也
  • 11 ブルーノ ロペス
FW
  • 18 マルキーニョス
  • 31 竹重 安希彦
  • 5 濱田 水輝
  • 39 坪内 秀介
  • 13 酒井 宣福
  • 15 本間 勲
  • 16 岡本 英也
  • 20 川又 堅碁
SUB
  • 30 六反 勇治
  • 2 天野 貴史
  • 15 ファビオ アギアール
  • 24 奈良輪 雄太
  • 14 熊谷 アンドリュー
  • 17 端戸 仁
  • 19 藤田 祥史
柳下 正明 監督 樋口 靖洋

監督コメント

柳下 正明 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
【ハーフタイムコメント】
・守備は粘り強く。

・攻撃は慌てずにプレーすればいい。いいリズムでできている。

・チャンスは必ずある。冷静にプレーすること。

【記者会見コメント】
【柳下正明監督記者会見コメント】
自分たちのテンポでやろうということを選手たちにはずっと言ってきました。90分トータルしたら、まあまあ自分たちのリズム、早いテンポでやることができたのではないかと思います。(マリノスは)時々、FKあるいはCKで時間をかけて休みながら、ノラリクラリやっていましたけれど、そのあたり集中を切らさず新潟の選手たちもしっかり守備ができた。非常に選手も動きの足を止めずに戦えたと思います。

今までのゲームも相手の良さを消しつつ、自分たちの良さを少しずつプレーすることが増えてきていた。結果にはつながっていませんでしたが、それをやることによってこういう風に勝ち点3が取れる。選手たちはある程度自信を持って、これからのゲームに臨んでいけるのではないかと思います。

水曜日、土曜日と試合が続くので、コンディションを整えてしっかり準備していきたいと思います。

選手コメント

[藤田 征也]
前半にも押し込める場面があったし、いい流れでサッカーができていた。個人的にはもう少し右サイドを崩して、クロスをあげることができればよかった。

前からかなり来ていたが、そこをうまく利用したかった。裏を狙ったりできればもっと楽に運べたし、向こうもそこまでこれなくなったと思う。ゲームの状況を見て判断していきたい。それでもつなげられるところはつなげていたし、そこまでバタバタしなかった。

高さのある選手もいるし、精度の高いボールも来るので、ゴールに近いフリーキックは怖さがあった。それでもみんなが体を張って、集中して戦えていた。失点しなければ、うちは今日のようなゲームができる。こういうゲームを増やしていきたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP