最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2013Jリーグ ディビジョン1 第21節

  • 2013年08月17日(土)  18:30キックオフ  会場:県立カシマサッカースタジアム 
  • 入場者数 16,392人  天候 晴  主審 扇谷 健司  副審 相葉 忠臣  副審 大川 直也
  • 第4の審判員 堀越 雅弘

3

鹿島アントラーズ

試合終了
1 0 前半 0 0
1 後半 0

10

アルビレックス新潟

  • 88分 大迫 勇也
得点者
  • 64分 野沢 拓也 → 遠藤 康
  • 67分 土居 聖真 → 本山 雅志
  • 76分 ジュニーニョ → 中村 充孝
選手交代
  • 58分 田中 達也 → 村上 佑介
  • 61分 成岡 翔 → ホージェル ガウーショ
  • 67分 舞行龍 ジェームズ → 藤田 征也
警告
  • 23分 金 珍洙
  • 26分 川口 尚紀
  • 57分 川口 尚紀
退場
  • 57分 川口 尚紀
15 シュート 8
6 GK 12
4 CK 0
14 直接FK 10
1 間接FK 1
0 PK 0
選手
  • 21 曽ヶ端 準
GK
  • 21 東口 順昭
  • 22 西 大伍
  • 5 青木 剛
  • 4 山村 和也
  • 17 前野 貴徳
DF
  • 24 川口 尚紀
  • 4 金 根煥
  • 29 舞行龍 ジェームズ
  • 19 金 珍洙
  • 40 小笠原 満男
  • 20 柴崎 岳
  • 35 野沢 拓也
  • 28 土居 聖真
MF
  • 6 三門 雄大
  • 8 レオ シルバ
  • 18 成岡 翔
  • 23 田中 亜土夢
  • 8 ジュニーニョ
  • 9 大迫 勇也
FW
  • 9 田中 達也
  • 20 川又 堅碁
  • 1 佐藤 昭大
  • 3 岩政 大樹
  • 27 梅鉢 貴秀
  • 10 本山 雅志
  • 13 中村 充孝
  • 25 遠藤 康
  • 36 赤崎 秀平
SUB
  • 1 黒河 貴矢
  • 17 内田 潤
  • 25 村上 佑介
  • 15 本間 勲
  • 7 藤田 征也
  • 11 ホージェル ガウーショ
  • 16 岡本 英也
トニーニョ セレーゾ 監督 柳下 正明

監督コメント

柳下 正明 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
【ハーフタイムコメント】
・守備は粘り強く、相手より多く走ろう。

・必ずチャンスはあるのでそれをモノにすること。


【記者会見コメント】
【柳下正明監督記者会見コメント】
今シーズン2つ負けているので、同じチームに3つ負けることはできないと、選手たちもかなり集中していましたし、激しい厳しいプレーもしてくれて、新潟のリズムでゲームは運べたのではないか。ただ、ラストのところの精度が低いところがあって、得点を取ることができなかった。11人でも10人になってからも。

勝ち点0だったのは非常に残念ですが、最後まで得点を取る、戦うという姿勢を選手たちは見せてくれたので、次のゲームにもつながるのではないかと思いました。下を向かず、同じようなサッカーを続けていきます。

選手コメント

[舞行龍 ジェームズ]
試合にフルで出られず、自分の調子は100%ではない。それが一番悔しいこと。最後はふくらはぎを両方つってしまった。4カ月ぶりの試合だったので、本当は90分できたら良かった。まだまだ。しっかり練習して、また試合に出場できるチャンスがもらえたら、90分出られるようにがんばっていきたい。

最低限はできたと思うが、もっと前を向かせないように。(途中でクナンとポジションが入れ替わったのは)どちらかと言うと自分は右側の方がパスも出しやすいので、クナンと話し、監督からの指示もあったので替わった。攻撃でも自分の中ではもっとできると思っている。もっといいボールを出したいし、ダイレクトで入れたかった。

(J1での先発出場は)自信にはなるが、立ち上がりは少し悪かったので、修正をしたい。緊張はもちろんしたが、みんながすごく声をかけてくれ、「思い切って楽しんでくれ。周りが全員でフォローするから」と試合前にも言われていた。すごくやりやすかった。

自分はもっと試合に出て、新潟の選手として成長していい順位に持っていきたい。1試合1試合、自分にとっては色々な学ぶことがある。ずっと下の方でやっていたので、みんながパスが上手いし、トラップが上手いし、動き直しが上手い。試合に出るだけで学べることが多い。毎回、違う相手でも出るチャンスがあれば、新しいものを学んで、もっといい選手になりたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP