最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2013Jリーグ ディビジョン1 第30節

  • 2013年10月27日(日)  13:00キックオフ  会場:東北電力ビッグスワンスタジアム 
  • 入場者数 23,949人  天候 曇  主審 家本 政明  副審 宮島 一代  副審 穴井 千雅
  • 第4の審判員 笹沢 潤

10

アルビレックス新潟

試合終了
3 1 前半 0 2
2 後半 2

9

湘南ベルマーレ

  • 12分 川又 堅碁
  • 63分 川又 堅碁
  • 72分 川又 堅碁
得点者
  • 77分 永木 亮太
  • 82分 OWN GOAL
  • 66分 田中 達也 → 鈴木 武蔵
  • 73分 田中 亜土夢 → 酒井 宣福
  • 80分 金 珍洙 → 三門 雄大
選手交代
  • 46分 島村 毅 → 亀川 諒史
  • 53分 武富 孝介 → 大竹 洋平
  • 65分 古橋 達弥 → 梶川 諒太
警告
  • 26分 岩尾 憲
  • 44分 古林 将太
  • 54分 ウェリントン
  • 68分 亀川 諒史
退場
9 シュート 8
10 GK 7
3 CK 7
18 直接FK 12
1 間接FK 2
2 PK 0
選手
  • 21 東口 順昭
GK
  • 38 アレックス サンターナ
  • 24 川口 尚紀
  • 3 大井 健太郎
  • 29 舞行龍 ジェームズ
  • 19 金 珍洙
DF
  • 2 鎌田 翔雅
  • 3 遠藤 航
  • 30 島村 毅
  • 8 レオ シルバ
  • 18 成岡 翔
  • 23 田中 亜土夢
  • 16 岡本 英也
MF
  • 5 古林 将太
  • 6 永木 亮太
  • 13 岩尾 憲
  • 8 高山 薫
  • 9 田中 達也
  • 20 川又 堅碁
FW
  • 18 古橋 達弥
  • 16 ウェリントン
  • 28 武富 孝介
  • 22 渡辺 泰広
  • 5 濱田 水輝
  • 6 三門 雄大
  • 15 本間 勲
  • 13 酒井 宣福
  • 11 ホージェル ガウーショ
  • 28 鈴木 武蔵
SUB
  • 21 安藤 駿介
  • 26 亀川 諒史
  • 14 下村 東美
  • 23 梶川 諒太
  • 10 菊池 大介
  • 19 大槻 周平
  • 40 大竹 洋平
柳下 正明 監督 チョウ キジェ

監督コメント

柳下 正明 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
【ハーフタイムコメント】
・守備は切り替えを早くすること。

・攻撃はパスに変化をつけること。相手嫌がることを続けよう。

・走ろう!残り45分だ!

【記者会見コメント】
【柳下正明監督記者会見コメント】
2つ良かったことがあります。ひとつは3-0になるまで、特に後半は非常にいいプレーが出せた。トレーニングでやっていることが本当に出せたんじゃないかなと。もうひとつは、非常に最後は難しい、ヒヤヒヤしたゲームになりましたが、勝ち点3を取り切れたこと。このふたつは良かったと思います。

なぜ、急に最後こういうゲームになってしまったかと言えば、ふたつ原因があると思う。ひとつは4-0、5-0にできるビッグチャンスを外してしまったということ。もうひとつは1点目を取られる直前に気を抜いたようなプレーがあって、相手に勢いを付けさせてしまった。湘南にしてみれば0-3から何としてでも勝ち点が欲しい。0-4、0-5になっても構わない。そういう状況でああいう形で点が取れた。そうすると、今度はカサにかかってくる。本当に最後の最後は、3-3に追いつかれてもおかしくないプレーがあった。そのあたり、きっちり90分集中して戦えるように、残り4試合やっていきたいと思います。

選手コメント

[田中 達也]
(久しぶりのスタメンとなったが)もちろんゴールを狙ってプレーしていた。何度かチャンスがあったが、そこを決めきれなかったことが自分の課題。

今までそんなにやったことのなかった布陣だったが、連携はそんなに悪くなかったと思う。回数を重ねればもっと向上すると思うし、自分自身のプレーの質も上げていかないといけない。

個人としてはもっと得点を取れるようなエリアに入っていかないといけないし、相手にとって危険なプレーをしたいと思う。そうした部分がもっとできればゴールにつながると思う。

ビッグスワンではいい雰囲気で試合をやらせてもらっているので、サポーターの皆さんに感謝している。残り4試合あるので、全勝できるように、切り替えてやっていきたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP