最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

プレナスなでしこリーグカップ2013 第3節

  • 2013年06月09日(日)  12:00キックオフ  会場:新発田市五十公野公園陸上競技場 
  • 入場者数 990人  天候 晴  主審 千葉 恵美  副審 山田 俊幸  副審 山城 弦
  • 第4の審判員 菊田 翔太郎

10

アルビレックス新潟レディース

試合終了
1 1 前半 1 2
0 後半 1

Yunogo

岡山湯郷Belle

  • 27分 大石 沙弥香
得点者
  • 34分 宮間 あや
  • 55分 松岡 実希
  • 65分 児玉 桂子 → 平井 咲奈
  • 76分 大石 沙弥香 → 阪口 萌乃
選手交代
  • 45分 水島 久美 → 津波古 友美子
  • 90分 +2 横山 久美 → 山口 麻美
  • 34分 北原 佳奈
  • 65分 斎藤 友里
警告
退場
6 シュート 10
11 GK 6
1 CK 5
4 直接FK 10
1 間接FK 4
0 PK 1
選手
  • 21 小金丸 幸恵
GK
  • 1 福元 美穂
  • 2 山本 亜里奈
  • 5 高村 ちさと
  • 3 北原 佳奈
  • 14 小原 由梨愛
DF
  • 2 安田 邦子
  • 3 加戸 由佳
  • 4 宮崎 有香
  • 19 水島 久美
  • 24 佐伯 彩
  • 16 斎藤 友里
  • 10 上尾野辺 めぐみ
  • 19 児玉 桂子
  • 9 山崎 円美
MF
  • 5 高橋 悠
  • 7 中野 真奈美
  • 10 宮間 あや
  • 20 横山 久美
  • 8 大石 沙弥香
FW
  • 8 有町 紗央里
  • 11 松岡 実希
  • 1 一谷 朋子
  • 4 若林 美里
  • 15 阪口 萌乃
  • 18 下川 沙織
  • 11 平井 咲奈
SUB
  • 18 池ヶ谷 夏美
  • 6 津波古 友美子
  • 15 酒井 望
  • 17 布志木 香帆
  • 14 山口 麻美
能仲 太司 監督 種田 佳織

監督コメント

能仲 太司 監督(アルビレックス新潟レディース)
【ハーフタイムコメント】


【記者会見コメント】
岡山さんはリーグ戦で戦った時も、ロングボールを主体にそこからプレッシングをかけてくるというスタイルでした。そこに悩まされた部分もあったので、今回もそこの対策として、自分たちが悪い形で失わないこと、しっかりとボールを保持しながらゴール前にいくことを意識しました。

ボールを失っても、ロングボールに対してしっかりとラインコントロールをして、セカンドボールを拾えるように対応していました。前半は警戒してやれていましたし、ボールも動かせていて悪くはなかったと思います。後半立ち上がりにリスタートから入れられたことで、攻めにいかなくてはならず、リスクを負いながらいった分、カウンターからチャンスを作られてしまいました。それでも選手はやるべきことをしっかり集中してやれていました。あとは最後のゴールを決めるところ、長いボールの処理の質をさらに上げていきたいと思います。

(次節、INAC戦に向けては)どんな対策をしても非常に難しいゲームになるでしょう。非常にバランスが良いですし、難しいゲームでも勝ち点3を拾えるチームなので、今日の反省点をしっかり修正することと、相手がINACさんということで、特別に対策を練らなければならないところもあると思います。

チームとしてはコンパクトになって戦うことが重要になると思います。それほどチャンスを作れないと思いますが、そこを決めることが大事になります。好守でしっかりと体を張って、粘り強く戦うことで勝ち点を拾えると思います。この一週間でしっかりと確認していきたいと思います。

選手コメント

[大石 沙弥香]
前半からうちが押していて、いい形で得点を取れた。その後もずっとうちのペースが続いていたと思うので、暑い天候の中で2点目3点目というのを取ることによって、相手に精神的にも、体力的にもダメージを与えることができる。追加点が必要だった。

(得点シーンは)メグから桂子にダイレクトで入って、桂子がタメを作ったことで、自分が動く時間ができた。ここに欲しいと思ったところに、いいボールが入ってきたので、押し込んで決めるだけだった。本当に思い通りの形だったので、決める瞬間は鳥肌が立った。決めれてよかった。

結果的には負けてしまったが、前節の伊賀戦もいい形で終われて、それが今日のいいゲームの入りにつながった。やっぱり決められるところで決めないと今日のようなゲームになってしまう。PKになってしまったのは仕方がないことなので、その後、チームとしてどう気持ちを持っていくかということを意識したい。同点に追いつかれただけでムードを落とさないようにしないとと思う。

(INACとは)リーグ戦のときは前半、うちが先制してすごくいい形でできていた。そうしたいいプレーを前半で終わらせるのではなく、継続してやっていきたい。今日の点を取れた場面、点は入らなくてもいい形はできていたので、それをINACを相手にも出せるようにしたい。

チームに貢献すること。点は取れなくても、点に絡むことは個人的にもしていきたいと思う。チームでは全体で連動して動いて、点を取っていけるようにしたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP