最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2014Jリーグ ディビジョン1 第3節

  • 2014年03月15日(土)  14:00キックオフ  会場:山梨中銀スタジアム 
  • 入場者数 9,106人  天候 晴  主審 廣瀬 格  副審 手塚 洋  副審 作本 貴典
  • 第4の審判員 山村 将弘

27

ヴァンフォーレ甲府

試合終了
1 1 前半 0 1
0 後半 1

10

アルビレックス新潟

  • 32分 盛田 剛平
得点者
  • 73分 川又 堅碁
  • 69分 河本 明人 → 石原 克哉
  • 76分 盛田 剛平 → 水野 晃樹
選手交代
  • 79分 加藤 大 → ホージェル ガウーショ
  • 87分 岡本 英也 → 鈴木 武蔵
  • 68分 新井 涼平
警告
退場
10 シュート 11
15 GK 7
6 CK 5
6 直接FK 11
0 間接FK 1
0 PK 0
選手
  • 22 岡 大生
GK
  • 21 守田 達弥
  • 26 青山 直晃
  • 4 山本 英臣
  • 6 佐々木 翔
DF
  • 27 松原 健
  • 3 大井 健太郎
  • 2 大野 和成
  • 19 キム ジンス
  • 2 福田 健介
  • 8 新井 涼平
  • 5 マルキーニョス パラナ
  • 27 阿部 翔平
MF
  • 8 レオ シルバ
  • 18 成岡 翔
  • 13 加藤 大
  • 10 田中 亜土夢
  • 15 河本 明人
  • 19 盛田 剛平
  • 10 クリスティアーノ
FW
  • 16 岡本 英也
  • 20 川又 堅碁
  • 1 荻 晃太
  • 16 松橋 優
  • 7 石原 克哉
  • 18 下田 北斗
  • 23 稲垣 祥
  • 28 橋爪 勇樹
  • 29 水野 晃樹
SUB
  • 1 黒河 貴矢
  • 17 ソン ジュフン
  • 24 川口 尚紀
  • 15 本間 勲
  • 25 小泉 慶
  • 11 ホージェル ガウーショ
  • 28 鈴木 武蔵
城福 浩 監督 柳下 正明

監督コメント

柳下 正明 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
【ハーフタイムコメント】
・イージーなミスを減らそう。まだ0-1だ。

・スペースがないように見えるが突くポイントはある。スペースを作る動きを続けていくこと。

・前半45分は忘れて、勝ち点を取って帰るぞ!

【記者会見コメント】
【柳下正明監督記者会見コメント】
前半はひどすぎた。ほとんどの選手がボールが足が付かずに、自分たちのミスで攻撃の組み立てができなかった。後半に入ったら怖がらずに、相手が引いて守備をしているところをボールをつないで崩そうというプレーが見られた。セットプレーからでも点が取れて、勝ち点1が取れたのは非常に良かった。

選手たちにも言ったのですが、今シーズンはこういうゲームが多くなるだろうと。新潟の選手たちは落ち着いてボールを保持できるようになっているので、どこのチームも守備をしながらカウンターを狙うゲームが増えるだろうと。でも、それを怖がって長いボールで対応をしてどっちか分からないゲームをするよりは、確実に崩して点を取れるチームにしたいと思います。

それを考えると後半怖がらずに、自分たちにミスで何度かピンチは招いていますが、怖がらずにやり続けてくれたのは今後に期待が持てるし、やってくれると思っています。最後にレオ・シルバからホージェルへDFラインの背後に出て、決定的なチャンスを作りました。ああいうプレーをもっともっと増やしていきたい。そうしたら勝ち点3が取れるのではないかと思います。

選手コメント

[加藤 大]
勝てなかったのが悔しい。この晴れたピッチの芝に慣れるのに時間がかかったというか、不規則な変化が多かった。しっかり正面に入ってやれば良かったが。

後半は相手が引いた分、ゴールの近くでプレーすることができたが、もっとチーム全体としてミドルシュートを撃ったりして、相手を引き出していかないとゴール前は崩れないのかもしれない。押し込めた状況でもミスが多かった。その精度を上げていかないと試合には起用されないので、前にどんどんいけるように準備をしていきたい。

(CK、FKなどは)コーナーは2本くらいしかなかったが、FKは狙い通りニアで、健太郎さんとコミュニケーションは取れていたのでそこを狙っていた。今日は試合を通してシュートが全然打てていなかった。自分が点を取るという気持ちを出していかなければいけない。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP