最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2014Jリーグ ディビジョン1 第7節

  • 2014年04月12日(土)  15:00キックオフ  会場:県立カシマサッカースタジアム 
  • 入場者数 11,953人  天候 晴  主審 飯田 淳平  副審 越智 新次  副審 作本 貴典
  • 第4の審判員 金井 清一

3

鹿島アントラーズ

試合終了
1 1 前半 1 2
0 後半 1

10

アルビレックス新潟

  • 31分 土居 聖真
得点者
  • 20分 川又 堅碁
  • 74分 OWN GOAL
  • 67分 土居 聖真 → 本山 雅志
  • 70分 カイオ → ジャイール
  • 75分 赤崎 秀平 → ルイス アルベルト
選手交代
  • 80分 鈴木 武蔵 → 田中 達也
  • 84分 田中 亜土夢 → 小泉 慶
  • 90分 成岡 翔 → 川口 尚紀
警告
  • 38分 成岡 翔
  • 60分 大井 健太郎
退場
14 シュート 7
10 GK 8
9 CK 5
14 直接FK 13
1 間接FK 3
0 PK 0
選手
  • 21 曽ヶ端 準
GK
  • 21 守田 達弥
  • 24 伊東 幸敏
  • 5 青木 剛
  • 15 昌子 源
  • 16 山本 脩斗
DF
  • 27 松原 健
  • 4 舞行龍 ジェームズ
  • 3 大井 健太郎
  • 19 キム ジンス
  • 20 柴崎 岳
  • 40 小笠原 満男
  • 25 遠藤 康
  • 33 カイオ
MF
  • 8 レオ シルバ
  • 18 成岡 翔
  • 10 田中 亜土夢
  • 16 岡本 英也
  • 28 土居 聖真
  • 18 赤崎 秀平
FW
  • 28 鈴木 武蔵
  • 20 川又 堅碁
  • 1 佐藤 昭大
  • 23 植田 直通
  • 8 ルイス アルベルト
  • 27 梅鉢 貴秀
  • 35 野沢 拓也
  • 10 本山 雅志
  • 7 ジャイール
SUB
  • 1 黒河 貴矢
  • 2 大野 和成
  • 24 川口 尚紀
  • 25 小泉 慶
  • 13 加藤 大
  • 14 小塚 和季
  • 9 田中 達也
トニーニョ セレーゾ 監督 柳下 正明

監督コメント

柳下 正明 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
【ハーフタイムコメント】
・攻守の切り替えを早く。動きを止めないこと。

・スペースを有効に使うこと。怖がらずにプレーしよう。

・どっちが隙を見せるかだ。強い気持ちをもって戦おう。

【記者会見コメント】
【柳下正明監督記者会見コメント】
非常にスピーディーでタフなゲーム。お互い、どちらに転ぶか分からないゴール前でのプレーが結構あって、見ている人は楽しめたんじゃないかなと。選手たちに伝えたのは、こういうゲームはちょっとした油断、スキを見せたら、ひとつでもミスが出たらやられるということを伝えました。90分を通して高い集中力を持って、『勝ちたい』という強い気持ちを持ってプレーしてくれた結果、こういう風に勝ち点3が取れたと思います。

またナビスコ、リーグと続くので、しっかりコンディションを整えて次に向かいたいと思います。

選手コメント

[大井 健太郎]
鹿島は中盤の底からどんどんボールが出てくるし、スキを見せたらやられるというのは監督からもミーティングで言われていた。チーム全体として集中力を切らさずにやれたのが勝ち点3につながった。

(出場停止のダヴィに代わり、FWは赤崎だったが)うまく対応はできていたと思う。分からない選手だったが、早めに相手の特徴もつかめたし、裏に抜ける選手だったのでそこは注意をしてプレーをしていた。

ボールを持たれても慌てずに裏への対応をするのが今日のテーマだったし、あとは自分たちの前でやられてもワンツーに注意して人に付こうとはイメージできていた。いいDFができていたと思う。

(首位相手にアウェイで勝ち点3)目指している所はACLだから、引き分けで満足している人は一人もいなかったと思う。これで首位との勝ち点差を詰めることができた。今日負けていたら広がっていたので、今日勝つことができたのは本当に大きかった。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP