最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

プレナスなでしこリーグ2014レギュラーシリーズ 第5節

  • 2014年04月27日(日)  12:30キックオフ  会場:新発田市五十公野公園陸上競技場 
  • 入場者数 1,275人  天候 晴  主審 山下 良美  副審 桜井 伸也  副審 古川 智祟
  • 第4の審判員 田中 雄一

10

アルビレックス新潟レディース

試合終了
0 0 前半 1 1
0 後半 0

4

浦和レッズレディース

得点者
  • 15分 吉良 知夏
  • 64分 佐伯 彩 → 阪口 萌乃
  • 71分 児玉 桂子 → 高橋 悠
  • 81分 斎藤 友里 → 山田 頌子
選手交代
  • 78分 吉良 知夏 → 清家 貴子
  • 84分 加藤 千佳 → 栗島 朱里
  • 90分 +1 猶本 光 → 和田 奈央子
警告
退場
1 シュート 5
7 GK 5
2 CK 3
8 直接FK 10
2 間接FK 2
0 PK 0
選手
  • 1 一谷 朋子
GK
  • 1 池田 咲紀子
  • 2 高村 ちさと
  • 25 山本 亜里奈
  • 6 左山 桃子
  • 14 小原 由梨愛
DF
  • 2 坂本 理保
  • 25 乗松 瑠華
  • 3 高畑 志帆
  • 6 堂園 彩乃
  • 10 上尾野辺 めぐみ
  • 16 斎藤 友里
  • 24 佐伯 彩
  • 9 山崎 円美
  • 19 児玉 桂子
MF
  • 18 柴田 華絵
  • 8 猶本 光
  • 7 藤田 のぞみ
  • 20 加藤 千佳
  • 11 平井 咲奈
FW
  • 10 吉良 知夏
  • 11 後藤 三知
  • 22 福村 香奈絵
  • 5 高橋 悠
  • 15 阪口 萌乃
  • 18 下川 沙織
  • 20 山田 頌子
  • 8 大石 沙弥香
  • 17 久保田 麻友
SUB
  • 30 平尾 知佳
  • 4 齊藤 あかね
  • 13 和田 奈央子
  • 5 岸川 奈津希
  • 22 栗島 朱里
  • 26 大滝 麻未
  • 31 清家 貴子
能仲 太司 監督 吉田 靖

監督コメント

能仲 太司 監督(アルビレックス新潟レディース)
【ハーフタイムコメント】


【記者会見コメント】
立ち上がり、相手のロングボールに対してうまく対応はしていましたが、自分たちの攻撃のミスから難しいゲームにしてしまったと思っています。前半の15分という時間帯に失点してしまったことで、前半苦しい流れになりました。少しずつ前半の途中から、マイボールの時間を増やして、リズムを立て直しました。後半に入ってからは早く攻めるところと、つなぎながらというところを的確に判断してやれたと思います。後半はある程度、主導権を握ることはできましたが、もっともっと上回るプレーを出して、ゴール前のシーンを増やさないと、同点、逆転というのは難しいと感じました。

(失点シーンは)決して集中を切らしたということではないと思うのですが、足元のボールの処理を誤ってしまいました。ゴール前でああいったシーンを出してしまうと、失点につながってしまいます。今後、あのようなミスはなくなるように、またトレーニングしていきたいと思います。

首位のチームとの対戦ということで、向こうは勢いもありますし、ボールをつなぐところを使い分けながらというのが徹底されているチームでした。それが今の順位につながっていると思いますし、簡単なゲームになるとは考えていませんでした。耐えながらもやるべきことをして、自分たちも受けるのではなく、自分たちのサッカーを出しながら戦いました。

ここ数試合は下位の順位のチームと当たっていて、浦和さんが主導権を握りながら戦う時間が多くなっていたので、シンプルに相手の背後を狙い、プレッシャーをかけて奪うところと、そればかりでなく自分たちの時間をしっかりと作り出すことによって、浦和さんの良さを消すような意識でした。選手は自分たちで判断しながら、よくやってくれたと思います。

どの選手が出ても役割はチームとして変わりませんし、その選手もしっかりとパフォーマンスを出してくれていたと思いますので、勝ち点にはつながりませんでしたが、戦っていくことでチーム力を上げて、次のゲームで勝ち点3を取れるように戦っていきたいと思います。

(左山選手のプレーについては)ヘディングで跳ね返すところに強さを持った選手。前にプレッシャーをかけてボールを奪うこともできますし、ボールもしっかりとつなげる選手です。まだ、なでしこリーグというところの緊張感があって、イージーなミスもあるのですが、試合を重ねるごとにもっともっとよくなっていくので、今後に期待したいと思います。

この一戦で勝ち点を取れなかったのはチームとしては痛いところですが、下を向くことなく、次の試合にしっかりと勝って、チーム力を上げながら、勝ち点を積み重ねていきたいと思います。

選手コメント

[左山 桃子]
前節から続きスタメンで出場して、自分のできることをしようという気持ちで入ったが、前半に少しばたついた部分もあったので、もっと集中してプレーしなければならないと思った。

(失点シーンは)ボールが入る前に自分自身がもっと寄せられていたら、あそこまでボールは運ばれなかったので、体にボールを当てに行かないとと思った。

しっかりヘディングで返せたところはあったと思ったので、そうした部分はしっかりと自信にしていければ。

プレッシャーを感じながらも、スタメンを任されたには自分のできることをしっかりやろうという気持ちで入っている。プレーしている以上は集中してやらないといけない。出られない選手の分もしっかりとやりたい。

また出られるチャンスがあれば、自分の持ち味を出しながら集中して、次は無失点で守り切れるようにしたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP