最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

プレナスなでしこリーグ2014レギュラーシリーズ 第6節

  • 2014年05月04日(日)  13:00キックオフ  会場:鴻巣市立陸上競技場 
  • 入場者数 625人  天候 晴  主審 今泉 奈美  副審 草処 和江  副審 田邉 裕樹
  • 第4の審判員 阿久津 弘美

Assaitama

ASエルフェン埼玉

試合終了
1 1 前半 0 4
0 後半 4

10

アルビレックス新潟レディース

  • 15分 薊 理絵
得点者
  • 59分 山崎 円美
  • 63分 上尾野辺 めぐみ
  • 65分 阪口 萌乃
  • 85分 山崎 円美
  • 63分 齋藤 有里 → 山崎 小百合
  • 85分 内田 紗希 → 萩原 愛海
選手交代
  • 46分 斎藤 友里 → 高橋 悠
  • 68分 山田 頌子 → 大石 沙弥香
  • 80分 平井 咲奈 → 児玉 桂子
警告
  • 33分 山崎 円美
  • 83分 児玉 桂子
退場
3 シュート 13
6 GK 5
4 CK 3
8 直接FK 10
3 間接FK 5
0 PK 0
選手
  • 1 山郷 のぞみ
GK
  • 1 一谷 朋子
  • 2 武田 ありさ
  • 17 奈良 美沙季
  • 8 高橋 優子
  • 16 高橋 花歩
DF
  • 14 小原 由梨愛
  • 6 左山 桃子
  • 3 北原 佳奈
  • 25 山本 亜里奈
  • 7 薊 理絵
  • 10 伊藤 香菜子
  • 15 内田 紗希
MF
  • 16 斎藤 友里
  • 20 山田 頌子
  • 9 山崎 円美
  • 10 上尾野辺 めぐみ
  • 15 阪口 萌乃
  • 9 齋藤 有里
  • 24 杉山 貴子
  • 28 中野 里乃
FW
  • 11 平井 咲奈
  • 21 船田 麻友
  • 3 齊藤 夏美
  • 4 内海 結依
  • 5 竹山 裕子
  • 6 堰 愛季
  • 14 萩原 愛海
  • 18 山崎 小百合
SUB
  • 22 福村 香奈絵
  • 2 高村 ちさと
  • 5 高橋 悠
  • 19 児玉 桂子
  • 24 佐伯 彩
  • 8 大石 沙弥香
松田 岳夫 監督 能仲 太司

監督コメント

能仲 太司 監督(アルビレックス新潟レディース)
【ハーフタイムコメント】


【記者会見コメント】
【能仲太司監督試合終了後コメント】
いま順位が下のチームが相手だったので、立ち上がりしっかりと主導権を握って先制点を取るのが前半のポイントだったのですが、ちょっとしたミスから失点をしてしまったことによって、前半は非常に難しいゲームになりました。前半失点したことで、少し思い切りに欠けるプレーが出て、もったいない45分だったと思います。

(ハーフタイムは)ロッカールームの雰囲気も少し静かだったので、「前半の反省点は後半につなげて、失点したことと上手くいかなかったことは忘れて、もう一度切り替えて残り45分、強い気持ちを持って試合をやり直そう」と伝えました。後半は自分たちのやるべきこと、この試合のために準備してきた高い位置でプレッシャーをかけ、マイボールになった時に速い攻撃と左右揺さぶりながらサイドの深いところまで突くような攻撃をやろうと話しました。

(後半高橋が投入されたが)相手のカウンターのところで潰しがきかなかったのと、セカンドボールをより高橋の運動量を生かして拾えればと思って起用しました。(今日は選手も入れ替えて臨んだが)相手の特徴も考えながら、トレーニングでコンディションが上がっている選手たちを使いました。

結果、自分たちの今の力を考えれば、もっともっと点数を取れる相手だと思いますが、前半失点をして難しいゲームになりました。その中でも後半早い時間でゴールを取って、4点を決めたことは今後につなげていきたいですし、中断前最後で結果も非常に重要な一戦でした。逆転勝ちできて勝ち点3が取れたことを中断明けのゲームにつなげていきたいと思います。

選手コメント

[阪口 萌乃]
(ゴールの場面は)自分がフリーで受けることを意識していたが、頌ちゃん(山田)がボールを持った時に、フリーだったのでターンをして思い切ってシュートを撃った。外側に巻くシュートは練習の時から意識している。思い切って撃つことができた。

前半は思うようにリズムがつかめなかったが、後半は気持ちを強くプレーすることを意識した。後半は自分がフリーで受けることを意識したが、ボールを触る回数もフリーで受けられる回数も増えたのは良かった。

課題はたくさんある。後半から入るのと最初からでは相手のプレッシャーや雰囲気も変わる。まだ慣れていない部分もあるので、前半からやるべきことを果たしていきたい。中断期はもっと自分が成長できるように練習からしっかり取り組んでいく。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP