最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

プレナスなでしこリーグ2014レギュラーシリーズ 第9節

  • 2014年06月15日(日)  13:00キックオフ  会場:新発田市五十公野公園陸上競技場 
  • 入場者数 1,385人  天候 曇  主審 高橋 早織  副審 横田 碧  副審 浦島 智美
  • 第4の審判員 菊田 翔太郎

10

アルビレックス新潟レディース

試合終了
1 0 前半 0 1
1 後半 1

Yunogo

岡山湯郷Belle

  • 85分 平井 咲奈
得点者
  • 89分 有町 紗央里
  • 65分 阪口 萌乃 → 山崎 円美
  • 71分 大石 沙弥香 → 平井 咲奈
  • 83分 佐伯 彩 → 児玉 桂子
選手交代
  • 74分 山本 亜里奈
警告
退場
8 シュート 12
9 GK 13
8 CK 6
9 直接FK 4
0 間接FK 3
0 PK 0
選手
  • 1 一谷 朋子
GK
  • 1 福元 美穂
  • 14 小原 由梨愛
  • 3 北原 佳奈
  • 25 山本 亜里奈
  • 2 高村 ちさと
DF
  • 3 加戸 由佳
  • 4 細川 元代
  • 19 水島 久美
  • 24 高橋 佐智江
  • 5 高橋 悠
  • 16 斎藤 友里
  • 24 佐伯 彩
  • 10 上尾野辺 めぐみ
  • 15 阪口 萌乃
MF
  • 6 葛間 理代
  • 7 中野 真奈美
  • 10 宮間 あや
  • 20 浅野 未希
  • 8 大石 沙弥香
FW
  • 8 有町 紗央里
  • 11 松岡 実希
  • 22 福村 香奈絵
  • 6 左山 桃子
  • 26 小島 美玖
  • 19 児玉 桂子
  • 20 山田 頌子
  • 9 山崎 円美
  • 11 平井 咲奈
SUB
  • 21 林崎 萌維
  • 2 谷口 きくみ
  • 16 川野 紗季
  • 17 布志木 香帆
  • 9 北浦 美帆
  • 14 中田 麻衣子
  • 15 田中 麻由
能仲 太司 監督 種田 佳織

監督コメント

能仲 太司 監督(アルビレックス新潟レディース)
【ハーフタイムコメント】


【記者会見コメント】
【能仲太司監督試合終了後コメント】
岡山はタテに長いボールを多く入れてプレッシャーをかけてくるし、リスタートの精度が高いチーム。前半は相手の長いボールとプレッシャーに、ボールをつなぎたかったが相手の圧力が勝って自分たちのリズムに持っていきにくかった。後半は動かすところは動かして相手を消耗させ、厚みのある攻撃ができて多くのチャンスを作ることができた。フィニッシュの精度が上がれば少し早いタイミングでゴールが取れ、試合を決めることができたのではないかと思う。選手は相手の特徴を意識しながら自分たちのサッカーを前面に出して最後まで戦ってくれたので、次につながる戦いだったのではないかと思う。

中断期間を使って6試合が終わっての課題を意識してトレーニングをして、そこが修正されたのが少しずつ勝ち点に繋がっている。自陣でのミスが流れがつかめない要因にもなるし、自分たちの奪ったボールをつないでいくことも意識できるようになっている。ゴール前のシーンを作るためにボールを前に運ぶ、選手が追い越していくことも重点的にトレーニングをした。そういったところは以前の試合に比べて数多く出てきていると思う。

(アジアカップに出場した上尾野辺、小原に関して)自分たちのチームから代表選手が選ばれるのは他の選手にとっても刺激になる。選ばれた選手も日の丸を背負って戦うことで意識も高まると思うし、責任も上がると思うのでチームにはプラスになると感じる。もともとチーム内で意識髙くやっているので、大きく変わったということはないが、自分たちが得点に絡む、決める部分を高めたいという思いはさらに高まっているのではないかと思う。

前半戦が終わって折り返し地点になるが、順位的に上の方にいて勝ち点も積み重ねられているが、まだ下位との勝ち点差は大きくない。優勝を目指して戦う上では上位6位以内に入ることが大事。折り返して後半も厳しい戦いが続くが、勝ち点3を奪って早く6位以内を決められるように戦っていきたい。

選手コメント

[平井 咲奈]
昨日、クロスを合わせる練習をしていた。入り方は練習の通りだったし、メグさんのボールがとても良くて触るだけだった。入り方はまずためて、ボールが入ってくるときに自分が勢いを持って入れるようにスペースを空けていた。

交代で入る時は絶対に得点を取りに行こうと思っていた。監督からは自分の持ち味である裏になるべく抜けること、メグさんが裏に出た時にひとつ下でタメを作ることも言われていた。(ゴールが決まった瞬間は)前回のゴールも、今回のゴールも決めるまでに時間がかかっていたので格別に嬉しい。1点1点が重く感じる。

得点を決めるだけが仕事じゃない。ひとつ下で宮間さんを自由にさせないような守備に関わることができなかったのは反省点。今日は同点だったがこのまま波に乗って、勝ち試合を増やして上位に食い込んでいけたらいい。次節はもっと出場時間を得られるように日々のトレーニングから全力を尽くす。試合に出たら得点を取れるようにがんばりたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP