最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

プレナスなでしこリーグ2014レギュラーシリーズ 第14節

  • 2014年07月20日(日)  16:30キックオフ  会場:新潟市陸上競技場 
  • 入場者数 1,365人  天候 晴、弱風  主審 宮崎 真理  副審 竹内 哲文  副審 菊田 翔太郎
  • 第4の審判員 浅野 裕輝

10

アルビレックス新潟レディース

試合終了
1 0 前半 1 2
1 後半 1

Assaitama

ASエルフェン埼玉

  • 64分 大石 沙弥香
得点者
  • 25分 薊 理絵
  • 69分 高橋 花歩
  • 63分 児玉 桂子 → 左山 桃子
  • 76分 大石 沙弥香 → 久保田 麻友
  • 82分 高村 ちさと → 小島 美玖
選手交代
  • 63分 鈴木 薫子 → 高橋 花歩
  • 82分 奈良 美沙季 → 齋藤 有里
警告
  • 28分 鈴木 薫子
  • 62分 秋田谷 美里
退場
12 シュート 9
8 GK 8
1 CK 2
13 直接FK 7
3 間接FK 5
1 PK 0
選手
  • 1 一谷 朋子
GK
  • 1 山郷 のぞみ
  • 14 小原 由梨愛
  • 3 北原 佳奈
  • 25 山本 亜里奈
  • 2 高村 ちさと
DF
  • 20 秋田谷 美里
  • 3 齊藤 夏美
  • 8 高橋 優子
  • 5 竹山 裕子
  • 5 高橋 悠
  • 16 斎藤 友里
  • 15 阪口 萌乃
  • 10 上尾野辺 めぐみ
  • 19 児玉 桂子
MF
  • 14 萩原 愛海
  • 10 伊藤 香菜子
  • 17 奈良 美沙季
  • 8 大石 沙弥香
FW
  • 7 薊 理絵
  • 19 荒川 恵理子
  • 11 鈴木 薫子
  • 21 小金丸 幸恵
  • 4 岡倉 海香
  • 6 左山 桃子
  • 26 小島 美玖
  • 18 下川 沙織
  • 20 山田 頌子
  • 17 久保田 麻友
SUB
  • 21 船田 麻友
  • 2 武田 ありさ
  • 16 高橋 花歩
  • 9 齋藤 有里
  • 24 杉山 貴子
能仲 太司 監督 松田 岳夫

監督コメント

能仲 太司 監督(アルビレックス新潟レディース)
【ハーフタイムコメント】


【記者会見コメント】
【能仲太司監督試合終了後コメント】
相手が中盤ミドルゾーンにブロックをして、今までの戦いだとサイドにしっかりと揺さぶりながら相手を引き出して起点を作っていたのですが、動かす中でミスがあったり、タイミングが合いませんでした。そうなった時は相手の背後を起点にする部分では何本か裏に抜けてチャンスは作りました。

ただ、決め切れなかったこと、その後の押し上げが相手の選手を捕まえたり、スペースを消すことができずにセカンドボールを拾われ、ボールを動かされたのが前半リズムをつかめなかった要因ではないかと思います。

決定的な場面で決めて流れを引き寄せないと、こういった展開になると思います。リスタートのところでも前半のところでこぼれ球の反応が遅くなって決められましたし、2本目はせっかく追いついた中でフリーな選手がいて決められています。集中を切らさずにマークに付く、付いていなかったら声をかけるということができなければこういう結果になってしまいます。スキがあったゲームでした。

選手コメント

[高橋 悠]
前から押し込めればと意識をしていた。全体的にもっと連動できればよかったのだが。特に攻撃の時、ボールを奪った選手に対して何人かがアクションを起こせるようになればいい。
全部が全部ではなかったが、今日はもっと積極的に関われる場面があったと思う。

相手のプレッシャーは早かったが、それをいなせるようなプレーができれば良かった。チームとしてやろうとしていることは変わらないが、上手くつながらなかったり、相手のプレッシャーが前節よりはあったと感じた。その点ではプレーの選択を変えたり、工夫ができればよかったが。

(シュートがバーに当たる場面も)悔やまれるが、自分の力不足。上手い選手は決められると思うし、まだまだ技術が足りない。今日勝てなかったのは大きいが、悔やんでもいても仕方がない。気持ちを切り替えて次は勝てるように1週間準備をして、勝ちにつなげていく。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP