最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

プレナスなでしこリーグ2014レギュラーシリーズ 第18節

  • 2014年08月17日(日)  17:00キックオフ  会場:新潟市陸上競技場 
  • 入場者数 881人  天候 曇時々雨  主審 井脇 真理子  副審 山田 俊幸  副審 清水 和佳奈
  • 第4の審判員 田中 雄一

10

アルビレックス新潟レディース

試合終了
0 0 前半 1 1
0 後半 0

Iga

伊賀フットボールクラブくノ一

得点者
  • 9分 堤 早希
  • 66分 左山 桃子 → 山本 亜里奈
  • 76分 大石 沙弥香 → 児玉 桂子
  • 85分 山田 頌子 → 山崎 円美
選手交代
  • 62分 松長 佳恵 → タミカ バット
  • 71分 堤 早希 → 杉田 亜未
  • 90分 松長 朋恵 → 佐藤 愛
警告
退場
6 シュート 3
8 GK 7
5 CK 2
7 直接FK 8
1 間接FK 5
0 PK 0
選手
  • 1 一谷 朋子
GK
  • 1 久野 吹雪
  • 14 小原 由梨愛
  • 6 左山 桃子
  • 3 北原 佳奈
  • 26 小島 美玖
DF
  • 13 宮迫 たまみ
  • 4 道倉 宏子
  • 3 大橋 実生
  • 5 高橋 悠
  • 20 山田 頌子
  • 15 阪口 萌乃
  • 10 上尾野辺 めぐみ
  • 24 佐伯 彩
MF
  • 38 エリース ケロンド・ナイト
  • 6 那須 麻衣子
  • 8 松長 朋恵
  • 19 小林 真規子
  • 10 堤 早希
  • 8 大石 沙弥香
FW
  • 5 松長 佳恵
  • 11 小川 志保
  • 21 小金丸 幸恵
  • 25 山本 亜里奈
  • 19 児玉 桂子
  • 27 瀬倉 春陽
  • 9 山崎 円美
SUB
  • 16 澤田 法味
  • 14 佐藤 愛
  • 17 杉田 亜未
  • 15 小林 海咲
  • 31 タミカ バット
能仲 太司 監督 浅野 哲也

監督コメント

能仲 太司 監督(アルビレックス新潟レディース)
【ハーフタイムコメント】


【記者会見コメント】
ひとつでも順位を上げるという意味では大量得点が必要だったが、自分たちの今まで積み上げてきたものをピッチで出し、1点でも多く取って勝ち点3を取ろうと送り出しました。新潟市陸上競技場では今年は勝っていないので、最終戦は勝って終わりたいと臨みました。

伊賀さんは非常に組織的に攻守に連動して戦えますし、速い攻撃やボールを動かすこともできます。守備に関してもハイプレッシャー、コンパクトな守備でボールサイドに圧力をかけられるチームなので、いままで自分たちがやってきているような速い攻撃と、相手の背後や逆サイドへ散らしながら厚みをかけたい狙いがありました。守備は攻守の切り替えが相手も早いですが、自分たちが上回ってできるかぎり相手の攻撃の時間を作らせずに、自分たちの時間を作り出したいと思っていました。

やれた部分もありましたが、結果的には0-1で終わっているので、もうひとつ攻守において強さを見せて決めるべきところを決められれば。もうひとつ人が関わって決定的なチャンスを多く作り出すようなことは、今後エキサイティングシリーズに向けてトレーニングで高めていかなければならない部分かと思います。

選手コメント

[上尾野辺 めぐみ]
前半の立ち上がりで失点をしてしまったのがすべて。1点が入れば違ったと思うが、その得点を取れなかったのが難しかった。

形は作れたが最後のところでシュートを打つことができなかったし、クロスをあげられなかった。そこをしっかり崩せるようにならないと上位リーグでは勝ち点を積み重ねていくことは難しい。

今日は負けたが、粘り強く接戦を勝ちきる強さや戦いが今年はできている手応えがある。失点をしてもそこから我慢をして得点を目指すことは、ズルズルといってしまった昨年からは成長している部分。

今日もそうだが1点を取ることができればだいぶ変わってくる。得点のところに上位リーグはもっとこだわりたい。(サポーターに向けて)上位リーグでは苦しい接戦の中での戦いになる。ぜひ会場に足を運んで応援していただきたいと思います。


ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP