最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

プレナスなでしこリーグ2014エキサイティングシリーズ 上位リーグ 第5節

  • 2014年10月13日(月)  13:00キックオフ  会場:新発田市五十公野公園陸上競技場 
  • 入場者数 775人  天候 雨のち曇  主審 桐原 純子  副審 栗山 俊佑  副審 堀 圭佑
  • 第4の審判員 山田 俊幸

10

アルビレックス新潟レディース

試合終了
0 0 前半 1 1
0 後半 0

4

浦和レッズレディース

得点者
  • 35分 吉良 知夏
  • 72分 佐伯 彩 → ティファニー マッカーティー
  • 85分 阪口 萌乃 → 大石 沙弥香
選手交代
  • 77分 吉良 知夏 → 清家 貴子
  • 83分 加藤 千佳 → 大滝 麻未
  • 87分 後藤 三知 → 臼井 理恵
警告
退場
3 シュート 7
10 GK 3
3 CK 9
4 直接FK 12
1 間接FK 2
0 PK 0
選手
  • 1 一谷 朋子
GK
  • 30 平尾 知佳
  • 6 左山 桃子
  • 3 北原 佳奈
  • 25 山本 亜里奈
  • 14 小原 由梨愛
DF
  • 6 堂園 彩乃
  • 25 乗松 瑠華
  • 3 高畑 志帆
  • 13 和田 奈央子
  • 5 高橋 悠
  • 16 斎藤 友里
  • 15 阪口 萌乃
  • 10 上尾野辺 めぐみ
  • 24 佐伯 彩
MF
  • 18 柴田 華絵
  • 8 猶本 光
  • 5 岸川 奈津希
  • 20 加藤 千佳
  • 9 山崎 円美
FW
  • 10 吉良 知夏
  • 11 後藤 三知
  • 21 小金丸 幸恵
  • 4 岡倉 海香
  • 26 小島 美玖
  • 19 児玉 桂子
  • 8 大石 沙弥香
  • 17 久保田 麻友
  • 23 ティファニー マッカーティー
SUB
  • 1 池田 咲紀子
  • 19 鈴木 里奈
  • 29 臼井 理恵
  • 14 泊 志穂
  • 4 齊藤 あかね
  • 26 大滝 麻未
  • 31 清家 貴子
能仲 太司 監督 吉田 靖

監督コメント

能仲 太司 監督(アルビレックス新潟レディース)
【ハーフタイムコメント】


【記者会見コメント】
エキサイティングシリーズに入ってから直近2試合では2連敗で、失点も多かったので、まずは自分たちの課題をしっかり受け止めて入らなければいけないゲームでした。課題は選手の距離感で、自分たちがいい距離感を保ってボールを奪って攻撃に移りたかった。また失点をしてから立て続けに連続失点を重ねることがここ2試合で続いていたので、気持ち的な部分も整理をして入りました。

試合は首位を走る浦和さんで、ボールを保持することも上手いですし、攻撃もバリエーションが多くて、切り替えも早いチーム。セカンドボールの攻防でまずはマイボールを増やしていくこと、また奪ってから素早く攻めるスピード感と自分たちのボールを増やしていくこともテーマにしていました。前半は動かされる時間はありましたがそれは想定内で、集中力を切らさずにゴール前では体を張り、奪うチャンスではしっかりプレッシャーをかけて直近2試合での課題を修正してやれたのではないかと思います。ひとつ失点をしたことが悔やまれる前半でした。

後半は相手が1点を取って余裕を持って、立ちあがり苦しい10分間でしたが、そこをしのいで少しずつ自分たちも押し返すような時間を作れました。最後の1点に届かなかったのが今回の敗戦だったと思います。

選手コメント

[山崎 円美]
結果的に負けたので悔しい思いが一番。ただ、この前の戦いから考えると少しは前向きになっているとは感じたし、負けが続いているので勝ちきれるように前向きにチーム全体で取り組んでいくしかない。

守備は前から行かないと勢いに乗れないし、アルビの良さでもある。奪って得点につなげられれば良かったが、意識してやっていたつもり。がんばりが足りなかったからこそ勝利につながらなかった。

ティフの実力はもちろんすごいが、一緒のピッチに立って戦いたい気持ちもある。一緒にやっていて楽しいしかみ合う部分もあるので、一緒にプレーできることを目指してやっていきたい。

最初は前でキープができず跳ね返される場面が多かったが、時間を作れてサイドの選手が出てくることができる時はいい時間だったと思う。裏を狙いたかったが跳ね返されるところも多かったので、そこは課題が残った。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP