最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第13節

  • 2015年05月23日(土)  19:04キックオフ  会場:エディオンスタジアム広島 
  • 入場者数 10,460人  天候 曇、弱風  主審 廣瀬 格  副審 馬場 規  副審 植田 文平
  • 第4の審判員 吉田 哲朗

18

サンフレッチェ広島

試合終了
4 2 前半 1 2
2 後半 1

10

アルビレックス新潟

  • 19分 塩谷 司
  • 37分 ドウグラス
  • 70分 浅野 拓磨
  • 80分 塩谷 司
得点者
  • 45分 +1 山崎 亮平
  • 88分 田中 達也
  • 68分 佐藤 寿人 → 浅野 拓磨
  • 84分 丸谷 拓也 → 工藤 浩平
  • 88分 ミキッチ → 佐々木 翔
選手交代
  • 74分 山本 康裕 → 田中 達也
  • 75分 成岡 翔 → 小林 裕紀
  • 85分 指宿 洋史 → 平松 宗
  • 61分 丸谷 拓也
警告
  • 51分 前野 貴徳
退場
13 シュート 8
9 GK 8
7 CK 9
8 直接FK 4
1 間接FK 0
0 PK 0
選手
  • 1 林 卓人
GK
  • 21 守田 達弥
  • 33 塩谷 司
  • 5 千葉 和彦
  • 4 水本 裕貴
DF
  • 3 大井 健太郎
  • 2 大野 和成
  • 5 前野 貴徳
  • 14 ミキッチ
  • 8 森崎 和幸
  • 28 丸谷 拓也
  • 18 柏 好文
  • 9 ドウグラス
  • 30 柴崎 晃誠
MF
  • 18 成岡 翔
  • 13 加藤 大
  • 24 川口 尚紀
  • 7 コルテース
  • 11 佐藤 寿人
FW
  • 23 山本 康裕
  • 11 指宿 洋史
  • 9 山崎 亮平
  • 13 増田 卓也
  • 19 佐々木 翔
  • 37 宮原 和也
  • 27 清水 航平
  • 24 野津田 岳人
  • 15 工藤 浩平
  • 29 浅野 拓磨
SUB
  • 1 黒河 貴矢
  • 26 酒井 高聖
  • 33 長谷川 巧
  • 6 小林 裕紀
  • 32 宮崎 幾笑
  • 14 田中 達也
  • 34 平松 宗
森保 一 監督 柳下 正明

監督コメント

柳下 正明 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・攻撃はボールを動かしながらチャンスを作れている。続けていこう。

・ビハインドだが、慌てないこと。

・みんなで声を出し合って。チャンスはあるのでモノにしよう。



【記者会見コメント】
セットプレーあるいはちょっとしたミスで失点をしてしまいました。広島に先に得点を与えると非常に難しいとは感じていたのですが、失点をして少し落ち着きがなくなって、ミスも出たりと。また落ち着き直すと自分たちのテンポでサッカーができる、そういう風に見ていました。

ひとつひとつのパスであったりコントロールであったりの精度の差は明らかで、広島の選手たちの方が正確にやれています。そこはトレーニングをして精度を上げていかなければいけないと感じました。

ただ、最後まで選手たちはゴールを目指して戦ってくれたので、結果は2-4で負けましたが、その姿勢は続けていけばいいと思います。落ち着いてプレーした時には、自分たちで狙いをもってプレーができています。そのあたりも次のゲームに向けて続けていけばいいと思います。

すぐゲームがあるので、切り替えてしっかり準備をしたいと思います。

選手コメント

[大井 健太郎]
切り替えてやるしかない。今日の失点もセットプレーから2点あったし、自分たちはそこがやられているし弱いところ。もっと詰めてやらなければいけない。同じ選手にやられたし、マークの付き方も考えなければいけないし、周りもやりやすいようにブロックされないように考えていかなければ失点は減らないと思う。

(最後にサポーターと話していたが)言い合いというわけじゃない。サポーターの方々はすごく遠くまで足をはこんでくれて、勝利を届けることができなかったし、自分に意見を求めてきた。「チームは大丈夫か」ということだったので、流れは良くない、負けが続いているが、ひとつになって勝利に向かっているということを伝えた。

こういう時はチームとしてクラブとしてひとつにならないとこのままズルズル行ってしまうと思う。選手・スタッフだけじゃなく、来てくれたサポーターや来られなかったサポーターも含めて、クラブとしてひとつになることがアルビレックスというチームはできると思う。

そういう面では、選手としてそこでしゃべったことが正解かも分からないが、キャプテンという立場で。自分個人としても本当はしゃべらなくても、ピッチで全部出せればいいと思う。次のゲームで勝てればサポーターの皆さんが納得してくれる結果かもしれないが、キャプテンとしての責任がある。罵声を浴びせられたわけじゃなく、サポーターの皆さんもしっかり意見を聞いてくれた。納得はもちろんしていないと思うけれど、自分たちもサポーターとの気持ちを分かりあい、ひとつになれると感じた。

次のナビスコもホームだし、まだまだ予選突破がかかっている。自分たちにできることはピッチで勝利のために100%努力することだし、そのために練習を積み重ねていければいい。

(球際に厳しく対応したプレーもあったが)それはプロとして最低限。勝ち点3を取れなかったことだけが残念。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP