最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第14節

  • 2015年05月30日(土)  13:00キックオフ  会場:デンカビッグスワンスタジアム 
  • 入場者数 23,197人  天候 晴、弱風  主審 吉田 寿光  副審 田中 利幸  副審 平間 亮
  • 第4の審判員 大川 直也

10

アルビレックス新潟

試合終了
0 0 前半 1 2
0 後半 1

27

ヴァンフォーレ甲府

得点者
  • 43分 伊東 純也
  • 71分 下田 北斗
  • 46分 山本 康裕 → 加藤 大
  • 46分 小泉 慶 → 成岡 翔
  • 72分 ラファエル シルバ → 指宿 洋史
選手交代
  • 8分 バレー → 伊東 純也
  • 56分 橋爪 勇樹 → 新井 涼平
  • 84分 津田 琢磨 → 畑尾 大翔
警告
退場
6 シュート 6
7 GK 7
4 CK 1
15 直接FK 15
3 間接FK 6
0 PK 0
選手
  • 21 守田 達弥
GK
  • 21 河田 晃兵
  • 4 舞行龍 ジェームズ
  • 3 大井 健太郎
  • 2 大野 和成
DF
  • 41 土屋 征夫
  • 4 山本 英臣
  • 17 津田 琢磨
  • 6 小林 裕紀
  • 25 小泉 慶
  • 24 川口 尚紀
  • 7 コルテース
MF
  • 28 橋爪 勇樹
  • 6 マルキーニョス パラナ
  • 18 下田 北斗
  • 27 阿部 翔平
  • 23 山本 康裕
  • 10 ラファエル シルバ
  • 9 山崎 亮平
FW
  • 23 稲垣 祥
  • 9 阿部 拓馬
  • 10 バレー
  • 1 黒河 貴矢
  • 5 前野 貴徳
  • 18 成岡 翔
  • 13 加藤 大
  • 34 平松 宗
  • 14 田中 達也
  • 11 指宿 洋史
SUB
  • 1 荻 晃太
  • 3 畑尾 大翔
  • 8 新井 涼平
  • 24 松本 大輝
  • 11 アドリアーノ
  • 14 堀米 勇輝
  • 15 伊東 純也
柳下 正明 監督 佐久間 悟

監督コメント

柳下 正明 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・攻撃はやっていることを続ければチャンスは必ず来る。シュートを積極的に。

・ビハインドだが、無理に行ってバランスを崩さないように。リスクマネジメントをしっかりしよう。

・一人ひとりが勝負しないといけない。自信を持って、前を向いて戦おう。



【記者会見コメント】
一番注意していた形で失点したので、そこは本当に残念です。それによって選手たちには少し焦りが出て、動いてできたスペースがなかなか使えませんでした。甲府がああやって戻ってスペースを消して守備をしてくるのは分かっていたので。一番はその失点がすごく残念です。

セットプレーはいい位置で何度かあったので、それをモノにできればと思っていましたが、もう少しタイミングが合わなくて、得点にはできませんでした。続けていけば、セットプレーからも得点ができそうな感じは見られました。

連戦でまたゲームがあるので、まずはコンディションを整えて次のゲームに臨みたいと思います。

選手コメント

[舞行龍 ジェームズ]
先に失点すると、試合が難しくなるのは分かっていた。そして前半終了間際に失点したが、1点返せば逆転できると思ってプレーしたが。先制された場面は、自分もマークに気を取られすぎて、カバーし切れなかった。もっと柔軟に守れるようにならないと。

本当に悔しい気持ちでいっぱい。こんな成績なのに、サポーターがたくさん応援に来てくれて、でも0-2で負けてしまって、本当に申し訳ない。

それでも、下を向いている暇はない。次松本との試合に勝って、絶対にナビスコカップを突破して、リーグ戦でも勝っていくために、みんなで力を合わせなければならない。

湘南戦では、みんなが走れていた。今日は試合間隔が短く、昼間のゲームということもあったかもしれないが、それが続けられなくて残念。

失点を減らさないといけないのはもちろんだが、失点を恐がるのもよくない。そうなると、自分たちのサッカーができなくなる。みんなで助け合う気持ちを忘れず、カバーし合って戦いたい。湘南戦でできているのだから、自分とみんなとを信じて、自分たちでやるしかない。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP