最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第16節

  • 2015年06月20日(土)  16:04キックオフ  会場:Shonan BMW スタジアム平塚 
  • 入場者数 11,175人  天候 晴、弱風  主審 中村 太  副審 中井 恒  副審 間島 宗一
  • 第4の審判員 岡部 拓人

9

湘南ベルマーレ

試合終了
1 1 前半 0 3
0 後半 3

10

アルビレックス新潟

  • 32分 三竿 雄斗
得点者
  • 63分 加藤 大
  • 65分 ラファエル シルバ
  • 85分 山崎 亮平
  • 66分 藤田 征也 → 大竹 洋平
  • 70分 大槻 周平 → 藤田 祥史
  • 76分 高山 薫 → 古林 将太
選手交代
  • 46分 指宿 洋史 → ラファエル シルバ
  • 46分 小林 裕紀 → 成岡 翔
  • 82分 山本 康裕 → 田中 達也
  • 87分 菊地 俊介
警告
  • 43分 前野 貴徳
退場
11 シュート 11
10 GK 11
3 CK 3
19 直接FK 11
2 間接FK 2
0 PK 0
選手
  • 1 秋元 陽太
GK
  • 21 守田 達弥
  • 3 遠藤 航
  • 4 アンドレ バイア
  • 17 三竿 雄斗
DF
  • 4 舞行龍 ジェームズ
  • 3 大井 健太郎
  • 5 前野 貴徳
  • 14 藤田 征也
  • 2 菊地 俊介
  • 6 永木 亮太
  • 10 菊池 大介
MF
  • 6 小林 裕紀
  • 13 加藤 大
  • 25 小泉 慶
  • 7 コルテース
  • 19 大槻 周平
  • 8 山田 直輝
  • 23 高山 薫
FW
  • 23 山本 康裕
  • 11 指宿 洋史
  • 9 山崎 亮平
  • 25 イ ホスン
  • 30 島村 毅
  • 5 古林 将太
  • 15 キム ジョンピル
  • 16 石川 俊輝
  • 7 大竹 洋平
  • 11 藤田 祥史
SUB
  • 1 黒河 貴矢
  • 2 大野 和成
  • 26 酒井 高聖
  • 18 成岡 翔
  • 34 平松 宗
  • 10 ラファエル シルバ
  • 14 田中 達也
チョウ キジェ 監督 柳下 正明

監督コメント

柳下 正明 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・守備は全体をコンパクトに保つこと。

・攻撃は動きながらプレーする。相手の嫌なところを狙っていこう。

・セカンドボール、ルーズボールに集中して。まず1点取り返そう。




【記者会見コメント】
前半、後半とも先に新潟の方がチャンスを作って、前半は決め切れずに逆に湘南に先に入れられました。内容的には非常にお互い激しさを出して、どっちに転ぶか分からないゲーム展開だったと思います。

後半に入って、ラファを入れることで湘南がケアをして、後ろに残っているかなと。それに対して新潟の選手たちはビハインドなので、どんどん前へという意識が出て、そのあたりが得点につながったのではないかと思います。

湘南は攻撃も守備も前からという意識が強いので、逆に我々にとっても前にスペースができるということで、非常に新潟にとってもいい、新潟のスタイルを出しやすいゲームになったのではないかと思います。今までチャンスを決め切れずにゲームを落としていることがたくさんあって、2点目3点目ときっちり取れたことが勝ち点3を取れた要因だと思います。

チームがひとつになって、選手たちはもちろん、サポーターがひとつになってこの結果を得ることができました。こういうゲームを続けていきたいと思います。


選手コメント

[コルテース]
後半、チームが見せた『戦うんだ、絶対に勝つんだ』というスピリットなんだ。これがあれば、われわれは絶対にこの状況を抜け出せる。今日は、われわれが前進するために、本当に大きな意味のある逆転勝利だった。我々にとって、この順位はふさわしいものではないというのを示すことができた。もちろん、これで油断してはならない。明日から、『次の戦争が始まるんだ』という強い気持ちでトレーニングに臨みたい。

前半はなかなかパスが回らず、相手にプレーを読まれているところがあった。そのため、みんなマークするので精いっぱいになってしまい、ペースをつかむことができなかった。しかし後半、守備の距離、寄せ方を修正できた結果、得点につながった。後半は、サッカーをしているんだという実感とともにプレーできた。

(左サイドが推進力を生み出していたが?)個人的にはラファがヘディングシュートを狙ったようなクロスを、もっと上げていきたい。次は浦和が相手だが、今日の後半のスピリットで戦うことが大事。相手はファーストステージの優勝チームなのだから、浦和に勝つためには自分たちのモチベーションを最高に高めて臨まないといけない。とはいえ、特別なことは何も必要ない。これまで通りしっかり1週間準備し、ピッチに入れば、われわれのモチベーションは自然に最高になる。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP