最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2015プレナスなでしこリーグレギュラーシリーズ 第3節

  • 2015年04月11日(土)  13:00キックオフ  会場:新発田市五十公野公園陸上競技場 
  • 入場者数 763人  天候 曇一時雨  主審 坊薗 真琴  副審 田中 雄一  副審 山田 俊幸
  • 第4の審判員 菊田 翔太郎

10

アルビレックス新潟レディース

試合終了
1 1 前半 0 0
0 後半 0

Yunogo

岡山湯郷Belle

  • 30分 斎藤 友里
得点者
  • 67分 高橋 悠 → 渡辺 彩香
  • 78分 佐伯 彩 → 上尾野辺 めぐみ
  • 90分 +1 児玉 桂子 → 八坂 芽依
選手交代
  • 61分 葛間 理代 → 高橋 千帆
警告
退場
17 シュート 7
8 GK 10
7 CK 1
5 直接FK 5
7 間接FK 1
0 PK 0
選手
  • 1 一谷 朋子
GK
  • 1 福元 美穂
  • 6 左山 桃子
  • 13 中村 楓
  • 25 山本 亜里奈
  • 14 小原 由梨愛
DF
  • 2 谷口 きくみ
  • 3 加戸 由佳
  • 4 高橋 佐智江
  • 19 水島 久美
  • 16 斎藤 友里
  • 5 高橋 悠
  • 19 児玉 桂子
  • 15 阪口 萌乃
  • 24 佐伯 彩
MF
  • 6 葛間 理代
  • 7 浅野 未希
  • 8 小林 真規子
  • 10 宮間 あや
  • 8 大石 沙弥香
FW
  • 11 松岡 実希
  • 23 岸野 早奈
  • 22 福村 香奈絵
  • 2 高村 ちさと
  • 3 北原 佳奈
  • 10 上尾野辺 めぐみ
  • 18 渡辺 彩香
  • 28 八坂 芽依
  • 9 山崎 円美
SUB
  • 21 三田 一紗代
  • 13 高橋 千帆
  • 14 中島 千尋
  • 25 橋本 祥子
  • 16 川野 紗季
  • 15 田中 麻由
能仲 太司 監督 種田 佳織

監督コメント

能仲 太司 監督(アルビレックス新潟レディース)
【ハーフタイムコメント】


【記者会見コメント】
シーズン最初の勝利は早い方がいいですが、2連敗していました。ここはしっかり勝っておかないと悪い流れが続くので、今日勝てたことは非常に大きかったと思います。

(前節から今節にかけて取り組んだことは?)負けているゲームは課題が多く出てくるものです。チームのベースである攻守の切り替えや、自分たちが積極的にボールを奪う守備、攻撃での速攻と遅攻の使い分けを、ビルドアップを中心に行いました。

阪口はもともと中央でプレーできる選手で、去年はサイドで使いましたが、技術があるのでトップ下でタメを作ったり、起点となってボールを散らしてほしいと役目を与えました。十分にやってくれたと思いますし、シュートを放つ場面もあったので、そこが決まればなお良かったと思います。

斎藤は今シーズンいい調子で来られているので、攻守においてボールを奪ったり、散らしたりということができています。去年から前にしっかり絡むことはできていて、得点も取っていますが、今年のチーム初勝利、また自身の100試合出場という記念する試合で自らが取れたのは良かったのではないかと思います。

(次節に向けて)初勝利で勝ち点3は取れましたが、まだまだ自分たちの目指す部分としては課題も多くあります。この初勝利で流れをつかんで、しっかり連勝していくことが大事なので、自分たちの反省点を含めて浦和戦に向けていい準備をして臨みたいと思います。



選手コメント

[斎藤 友里]
(ゴールの場面は)ボールがフリーでもらえた場面で、ゴールも見えてGKも少し左に寄っていたのでシュートを撃った。ちょうどいいコースに行ってくれて、決まった良かった。

勝ちがなくて苦しかったが、今日は勝てて本当に良かった。この勝利からまた続けていきたい。攻撃ではもっと厚みを付ける部分とシュートを撃っていくところを共通理解として持っていた。そこが出せたのは本当に良かった。

まだまだミスがあるので、その部分は修正していかないといけない。チャンスがあった分、ピンチもあったし、次の相手はそこを突いてくる。しっかり修正していきたい。

(100試合出場となったが)色々な経験をさせてもらってこの場に立たせてもらっていると思っている。その試合の中で得点が取れたのは自分も嬉しい。次もホームなので、また一戦一戦強い気持ちで戦っていきたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP