最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2015プレナスなでしこリーグレギュラーシリーズ 第12節

  • 2015年07月20日(月)  17:00キックオフ  会場:浦和駒場スタジアム 
  • 入場者数 1,902人  天候 晴  主審 高橋 早織  副審 佐藤 ゆみ  副審 小山 直人
  • 第4の審判員 渡辺 典子

4

浦和レッズレディース

試合終了
0 0 前半 1 1
0 後半 0

10

アルビレックス新潟レディース

得点者
  • 34分 上尾野辺 めぐみ
  • 49分 北川 ひかる → 和田 奈央子
  • 66分 加藤 千佳 → 吉良 知夏
  • 77分 臼井 理恵 → 長野 風花
選手交代
  • 56分 阪口 萌乃 → 小原 由梨愛
  • 72分 佐伯 彩 → 高橋 悠
  • 79分 大石 沙弥香 → 山崎 円美
  • 72分 清家 貴子
警告
  • 90分 +1 一谷 朋子
退場
7 シュート 2
3 GK 16
7 CK 3
8 直接FK 7
2 間接FK 4
0 PK 0
選手
  • 1 池田 咲紀子
GK
  • 1 一谷 朋子
  • 4 臼井 理恵
  • 6 乗松 瑠華
  • 3 高畑 志帆
  • 28 北川 ひかる
DF
  • 26 小島 美玖
  • 3 北原 佳奈
  • 6 左山 桃子
  • 18 渡辺 彩香
  • 18 柴田 華絵
  • 5 岸川 奈津希
  • 8 猶本 光
  • 20 加藤 千佳
MF
  • 16 斎藤 友里
  • 20 山田 頌子
  • 24 佐伯 彩
  • 10 上尾野辺 めぐみ
  • 15 阪口 萌乃
  • 24 清家 貴子
  • 11 後藤 三知
FW
  • 8 大石 沙弥香
  • 16 田尻 有美
  • 13 和田 奈央子
  • 23 千葉 望愛
  • 27 長野 風花
  • 22 栗島 朱里
  • 10 吉良 知夏
  • 25 白木 星
SUB
  • 21 小金丸 幸恵
  • 25 山本 亜里奈
  • 5 高橋 悠
  • 14 小原 由梨愛
  • 9 山崎 円美
吉田 靖 監督 能仲 太司

監督コメント

能仲 太司 監督(アルビレックス新潟レディース)
【ハーフタイムコメント】


【記者会見コメント】
浦和さんの特徴はハッキリしているので、前半サイドでのプレッシャーをかけられない時間もありましたが、最後のところで体を張り、自分たちのやるべきことを我慢強くやってくれた結果が、失点0で終われた要因だと思います。ハードワークしながら体を張って、守備をしてくれたように思います。

小島もケガから復帰してコンディションも上がっていますし、高いレベルで競争をしてくれています。対戦する相手の特徴を含めて、連戦であることもありますし、少し組み替えながら試合に臨んでいます。その中で誰が入ってもチームの課題を修正して、良くなっている部分は、選手は良くやってくれていると思います。これまではなかなか結果につながりませんでしたが、今日は勝利につながったことはすごく良かったと思います。

(中盤の山田選手の起用について)新潟に入ってからケガもあって、本来の彼女のいいコンディションまで上がってきていませんでした。もともと技術もあって長いボールも蹴れ、キープもできるのですが、守備も積極的に球際に強く行ったり、ポジショニングを取ってスペースを埋めたりとバランスがいいので、ここ数試合スタメンで起用してチームの勝利に貢献してくれたのかなと思います。

今日のゲームもそうですが、守備をがんばっても自分たちのマイボールの時間を増やさないと苦しいゲームになります。今日も先に取れたので粘り強く戦えましたが、奪った後にプレッシャーを外してシュートまで行くところを高めて勝ち点3を取れるゲームをしていけるよう修正していきたいと思います。

選手コメント

[上尾野辺 めぐみ]
(得点は)シュートはこぼれを狙っていたが、最初から行くよりも後から勢いに乗って入ろうと考えていた。ちょうどいいところに来てくれて良かったです。

前節までの2試合がなかなか勝てずに苦しい試合だった。今日は自分の得点どうこうよりもチームの勝ち点3を貪欲に取りに行こうと話していたので、みんなが体を張ってつながった勝利は良かったと思う。

後半は守るだけだった感じだが、クリアのところで苦しい時間ほど冷静にやっていこうとは話していた。なかなか前に行けない苦しさはあったが、相手に対して全員が行けていたので、0に抑えることができた。

(明日はなでしこジャパンの発表だが)自分の中では数字で結果が欲しかった。この試合で1点が取れたのは良かった。W杯ではなかなか出られないのが悔しかったが、それは自分の実力が足りないから。こんど代表に入れたら、自分の持ち味である攻撃的な姿勢は見せていきたいし、どんどん得点に絡んで試合に出られたらいい。

正直、ここまでの試合では5点くらいは欲しかった。決めるところで決めていない試合も多いし、アシストも質を高めないといけない。まだまだ満足はしていない。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP