最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2015プレナスなでしこリーグレギュラーシリーズ 第16節

  • 2015年09月18日(金)  19:00キックオフ  会場:新潟市陸上競技場 
  • 入場者数 548人  天候 雨  主審 山下 良美  副審 熊谷 幸剛  副審 浅野 裕輝
  • 第4の審判員 田中 雄一

10

アルビレックス新潟レディース

試合終了
2 2 前半 1 2
0 後半 1

Takatsuki

スペランツァFC大阪高槻

  • 24分 山崎 円美
  • 34分 山崎 円美
得点者
  • 19分 成宮 唯
  • 51分 佐藤 楓
  • 79分 佐伯 彩 → 八坂 芽依
  • 79分 大石 沙弥香 → 阪口 萌乃
  • 83分 山崎 円美 → 久保田 麻友
選手交代
  • 37分 本田 紗希 → 齋藤 敏子
  • 62分 高橋 紗樹 → 作元 芙美佳
  • 84分 丸山 桂里奈 → 塩谷 真里
警告
退場
10 シュート 4
5 GK 16
8 CK 2
8 直接FK 6
3 間接FK 4
0 PK 0
選手
  • 21 小金丸 幸恵
GK
  • 1 大野 摩耶
  • 26 小島 美玖
  • 3 北原 佳奈
  • 6 左山 桃子
  • 18 渡辺 彩香
DF
  • 3 壷井 綾子
  • 8 佐藤 楓
  • 2 武田 ありさ
  • 4 秋葉 夢子
  • 16 斎藤 友里
  • 20 山田 頌子
  • 9 山崎 円美
  • 10 上尾野辺 めぐみ
  • 24 佐伯 彩
MF
  • 16 高橋 紗樹
  • 7 成宮 唯
  • 9 虎尾 直美
  • 11 巴月 優希
  • 8 大石 沙弥香
FW
  • 18 本田 紗希
  • 14 丸山 桂里奈
  • 22 福村 香奈絵
  • 13 中村 楓
  • 25 山本 亜里奈
  • 5 高橋 悠
  • 15 阪口 萌乃
  • 28 八坂 芽依
  • 17 久保田 麻友
SUB
  • 30 上野 友紀子
  • 25 林 萌々
  • 23 作元 芙美佳
  • 10 齋藤 敏子
  • 15 塩谷 真里
能仲 太司 監督 本並 健治

監督コメント

能仲 太司 監督(アルビレックス新潟レディース)
【ハーフタイムコメント】


【記者会見コメント】
残る3試合で勝ち点3を積み上げていくことが、上の順位、上位リーグで戦っていくためには必要なことでした。その勝ち点3が取れなかったことは非常に残念に思います。

失点したタイミングが前後半の立ち上がりで、どこかにわずかながらもスキがあったかもしれません。それは次節に向けて修正しなければいけないですし、チャンスも作っていましたが決め切れないところもありました。後半の途中からは、自分たちのボールが動かなくなって相手にリズムを与えてしまっていたので、そういう部分も含めて次に向けて切り替えてやっていかなければならないと思います。

(前後半の失点シーンが立ち上がりになったのは)選手自身も、立ち上がりは意識してやっていると思いますが、実際に失点になってしまいました。最後の得点を決める選手をつかまえ切れなかったり、ファウルをするべきでない場所でファウルをせず、奪えたらいいと思います。リスタートのところでも相手に前へ入られているので、しっかりと対応ができなければ失点につながっていきます。スキを作らずやっていきたいと思います。

中断期明けから自分たちのやりたいことをいい形で出せるようにはなっています。そういう意味では勝ち点3につなげていかなければいけないと思います。失点した後も選手たちは前後半とも慌てずにプレーしていましたが、失点をすると相手に勢いを与えてしまいます。そこは難しいところでしたが、自分たちの流れに持ち直すことはできていたので、最後の得点を決めるところが今日は足りなかったと思います。

(雨の影響は)前半から雨は降っていたので影響はないと思います。相手が追いついたことで勢いが出た部分と、ちょっと距離感が広くなって、ボールが動かなくなったところで攻め急いでタテに早く入れてしまう部分がありました。失点した後の時間の反省点だと思うので、気持ち的には慌てていないと思いますが、時間があったので相手を揺さぶりながら、もう少し早く自分たちの流れに持って行けたのではないかと思います。

残り2試合、勝つしかないと思うので、シンプルに。あとは連戦になるのでコンディションを考えながら、いい準備をして、しっかり切り替えて勝ち点3を目指して戦いたいと思います。

選手コメント

[上尾野辺 めぐみ]
前半に失点をしても、その後しっかりと逆転をすることは良かった。ただ、前後半とも立ち上がりの入り方が良くなくて失点しをしてしまった。そういうところが今日の試合で相手に勢いをつかせてしまった。

こういうピッチ状態で、ちょっとしたミスが相手にカウンターを許してしまった部分があった。こういう状況でもしっかり意図をもってやらないと、ピンチを招くことにもなる。逆にチャンスを作れることにもなると思うが、今日はピンチを招くことが多かった。そういうところはもっと修正をしていかないといけない。

今日は負けなくて良かったという試合。自分たちは次の試合もホームでやれるし、言い訳ができない。しっかり勝利をして、最終節を迎えたい。


ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP