最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2015プレナスなでしこリーグレギュラーシリーズ 第18節

  • 2015年09月27日(日)  13:00キックオフ  会場:上野運動公園競技場 
  • 入場者数   天候   主審   副審   副審 

Iga

伊賀フットボールクラブくノ一

試合終了
2 2 前半 0 4
0 後半 4

10

アルビレックス新潟レディース

  • 15分 杉田 亜未
  • 37分 杉田 亜未
得点者
  • 54分 大石 沙弥香
  • 57分 佐伯 彩
  • 80分 上尾野辺 めぐみ
  • 84分 上尾野辺 めぐみ
  • 73分 下條 彩 → 園村 奈菜
  • 81分 鈴木 薫子 → 松長 佳恵
  • 84分 清原 万里江 → 乃一 綾
選手交代
  • 86分 佐伯 彩 → 高橋 悠
  • 89分 北原 佳奈 → 中村 楓
  • 90分 +1 大石 沙弥香 → 八坂 芽依
  • 30分 杉田 亜未
警告
  • 14分 左山 桃子
  • 45分 山田 頌子
退場
5 シュート 8
7 GK 11
0 CK 2
12 直接FK 8
5 間接FK 1
1 PK 0
選手
  • 21 井指 楓
GK
  • 22 福村 香奈絵
  • 4 道倉 宏子
  • 13 宮迫 たまみ
  • 2 畑中 美友香
  • 15 小林 海咲
DF
  • 2 高村 ちさと
  • 3 北原 佳奈
  • 6 左山 桃子
  • 18 渡辺 彩香
  • 6 那須 麻衣子
  • 19 下條 彩
  • 18 櫨 まどか
  • 20 鈴木 薫子
MF
  • 15 阪口 萌乃
  • 20 山田 頌子
  • 9 山崎 円美
  • 10 上尾野辺 めぐみ
  • 24 佐伯 彩
  • 17 杉田 亜未
  • 22 清原 万里江
FW
  • 8 大石 沙弥香
  • 16 澤田 法味
  • 25 メンチェル モリ―
  • 8 松長 朋恵
  • 7 乃一 綾
  • 23 清水 あかね
  • 5 松長 佳恵
  • 9 園村 奈菜
SUB
  • 21 小金丸 幸恵
  • 13 中村 楓
  • 5 高橋 悠
  • 28 八坂 芽依
金 鐘達 監督 能仲 太司

監督コメント

能仲 太司 監督(アルビレックス新潟レディース)
【ハーフタイムコメント】


【記者会見コメント】
立ち上がり、新潟も相手の背後を起点に押し込めた場面はありましたが、相手もシンプルに背後に蹴ってきていて、一進一退のどちらに転ぶか分からないような状態が続きました。その中で背後に蹴られてPKを与え、相手に勢いを与えてしまいました。1点を与えたことで伊賀さんはさらにシンプルに背後に蹴り、セカンドボールを拾われた時は厚みを持たれた攻撃はされていました。自分たちが奪う場所も低く、また相手が厚みを持っているので蹴り返すだけで、リズムをつかめないまま2失点目を相手に与えてしまいました。自分たちとしても上手くいかないところが出た前半でした。

少しずつ落ち着いてボールを動かしながらは選手たちもトライしていましたが、1点を取り返すことはできませんでした。ハーフタイムに「もう1回気持ちを切り替えよう。1点を先に取れば逆転する力はあるので、やるべきことは変えずにしっかり球際で戦おう。相手の背後を突きながら、厚みを持ってボール前に入って行こう」と話しました。

選手たちも気持ちを持って後半に入り、早い時間帯で1点を返し、続いて追いつくことができました。前半は上手くいかなかったゲームでしたが、そこで気持ちを切り替えて結果に結びつけたのは、ひとつの成長だと感じます。持ち直して逆転まで持っていったことを今後のエキサイティングシリーズ5試合につなげていきたいと思います。

選手コメント

[上尾野辺 めぐみ]
(2ゴールを挙げたが)しっかり2点を返すことができ、そこからのゴールだった。奪い方も良かったし、その後の萌乃とマルのつなぎもよく、1点目は押し込むだけで良かった。2点目もマルが自分の欲しいところにボールを入れてくれた。(2点目の佐伯へのアシストは)相手をしっかり抜けたので、あとは当てるだけだった。

前半はチームとしてバラバラだったので、後半は失点を気にするのではなく、前から行こうと話していた。それがしっかりハマったのは良かった。メンバーが変わったが、前半は逆にそういう若い選手たちをやりづらくさせてしまったかもしれない。後半は自分たちで勢いをもっていけば、普段試合に出ていない選手たちも試合に入りやすいし、意図を持っていけると考えた。そういう意味でチームとしてしっかりやることが、若い選手のプレーを引き出せるんだということを改めて感じた。

エキサイティングシリーズに向けて少し期間は空くが、そこで今日の反省点を修正したい。エキサイティングシリーズはしっかりと勝ちにいく。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP