最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 3回戦

  • 2015年11月22日(日)  11:00キックオフ  会場:コカ・コーラウエスト広島スタジアム 
  • 入場者数 260人  天候 晴、無風  主審 宮崎 真理  副審 伊藤 実奈子  副審 加藤 歩美
  • 第4の審判員 赤木 陽美

10

アルビレックス新潟レディース

試合終了
2 1 前半 0 1
0 後半 1
0 延長前半 0
1 延長後半 0

1

ノジマステラ神奈川相模原

  • 17分 山崎 円美
  • 102分 川崎 咲耶
得点者
  • 54分 尾山 沙希
  • 72分 渡辺 彩香 → 山本 亜里奈
  • 78分 高橋 悠 → 阪口 萌乃
  • 91分 佐伯 彩 → 川崎 咲耶
選手交代
  • 78分 権野 貴子 → 長澤 まどか
  • 101分 川島 はるな → 工藤 麻未
  • 104分 吉見 夏稀 → 井上 友利恵
  • 106分 北原 佳奈
警告
  • 38分 田中 陽子
  • 109分 南野 亜里沙
退場
9 シュート 7
11 GK 14
8 CK 2
10 直接FK 15
2 間接FK 12
0 PK 0
選手
  • 22 福村 香奈絵
GK
  • 1 リチャード ジェネヴィーヴ
  • 3 北原 佳奈
  • 13 中村 楓
  • 18 渡辺 彩香
  • 26 小島 美玖
DF
  • 4 寺田 玲子
  • 7 石田 みなみ
  • 17 小林 海青
  • 24 平野 優花
  • 5 高橋 悠
  • 10 上尾野辺 めぐみ
  • 20 山田 頌子
  • 24 佐伯 彩
MF
  • 2 吉見 夏稀
  • 9 尾山 沙希
  • 18 川島 はるな
  • 20 田中 陽子
  • 8 大石 沙弥香
  • 9 山崎 円美
FW
  • 19 南野 亜里沙
  • 22 権野 貴子
  • 21 小金丸 幸恵
  • 25 山本 亜里奈
  • 15 阪口 萌乃
  • 16 斎藤 友里
  • 29 川崎 咲耶
SUB
  • 21 小林 詩織
  • 8 坂本 珠梨
  • 15 長澤 まどか
  • 16 井上 友利恵
  • 23 工藤 麻未
能仲 太司 監督 菅野 将晃

監督コメント

能仲 太司 監督(アルビレックス新潟レディース)
【ハーフタイムコメント】


【記者会見コメント】
今回の試合は立ち上がりからプレッシャーをかけて、相手陣内でボールを奪うことと、相手のDFラインの背後を常に狙うことを意識して入りました。先制点を奪うことが出来たのは良かったですが、相手のロングボールとポゼッションに対して対応し切れないまま、少し消耗する前半となりました。

後半はよりプレッシングに行く所と、ブロックを作って対応する所を使い分けようと送り出しました。しかし後半立ち上がりに失点してしまい、相手に勢いづかせてしまったことで難しい試合にしてしまいましたが、最後まで冷静に戦い、勝ち切れたことは良かった部分だと思います。

一発勝負のカップ戦なので、難しい試合でも勝つことが何より重要ですが、自分たちで試合を難しくしないよう中断期にしっかり練習し、準々決勝の準備をしたいと思います。次戦の千葉はエキサイティングシリーズの最終戦で敗れていますし、昨年の皇后杯では準々決勝で敗退しているので、いろいろな意味でリベンジしたいと思います。

選手コメント

[川崎 咲耶]
監督からはサイドで突破してセンタリングや、自由にどんどん切れ込んで、ドリブルで仕掛けていけと言われた。90分戦う中でみんな苦しいというのはすごく感じていたので、途中から入った自分がみんなより走って守備も攻撃もしようという気持ちと、点を取ってやろうという気持ちで入った。

(得点シーンは)メグさんに「裏」と言われたので、裏に走った。コースは見えていた。

(故郷広島でのプレー)あまり普段と変わりはなかったが、親とかも応援に来てくれて、役員の方も知っている方が多かった。少し背中を押されたかなと感じている。

(準々決勝へ向けて)少し時間が空くので、自分の苦手な守備の部分はどんどん上げていって、自分の長所の部分もどんどん磨いて、次も得点に絡めるようにがんばりたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP