最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 決勝

  • 2015年12月27日(日)  14:00キックオフ  会場:等々力陸上競技場 
  • 入場者数 20,379人  天候 曇、弱風  主審 山下 良美  副審 手代木 直美  副審 千葉 恵美
  • 第4の審判員 井脇 真理子

10

アルビレックス新潟レディース

試合終了
0 0 前半 0 1
0 後半 1

Inac

INAC神戸レオネッサ

得点者
  • 78分 澤 穂希
  • 72分 山崎 円美 → 渡辺 彩香
  • 79分 佐伯 彩 → 川崎 咲耶
選手交代
  • 69分 高瀬 愛実 → 増矢 理花
警告
退場
8 シュート 7
5 GK 9
1 CK 8
9 直接FK 10
4 間接FK 1
0 PK 0
選手
  • 22 福村 香奈絵
GK
  • 1 海堀 あゆみ
  • 3 北原 佳奈
  • 6 左山 桃子
  • 13 中村 楓
  • 26 小島 美玖
DF
  • 2 近賀 ゆかり
  • 3 鮫島 彩
  • 4 田中 明日菜
  • 5 甲斐 潤子
  • 10 上尾野辺 めぐみ
  • 15 阪口 萌乃
  • 20 山田 頌子
  • 24 佐伯 彩
MF
  • 7 中島 依美
  • 8 澤 穂希
  • 22 伊藤 美紀
  • 8 大石 沙弥香
  • 9 山崎 円美
FW
  • 9 川澄 奈穂美
  • 10 大野 忍
  • 11 高瀬 愛実
  • 21 小金丸 幸恵
  • 18 渡辺 彩香
  • 25 山本 亜里奈
  • 16 斎藤 友里
  • 29 川崎 咲耶
SUB
  • 28 渋澤 杏奈
  • 17 三宅 史織
  • 20 伊藤 香菜子
  • 14 京川 舞
  • 27 増矢 理花
能仲 太司 監督 松田 岳夫

監督コメント

能仲 太司 監督(アルビレックス新潟レディース)
【ハーフタイムコメント】
・サイド突破のカバー。

・2列目のランニングに注意。

・サイドチェンジを続ける。

・ドリブルなど攻撃にアクセントをつける。

・ラスト45分、チャンスをものにしよう。



【記者会見コメント】
決勝戦を迎えるにあたり、自分たちは今まで皇后杯でも2回決勝の舞台に上がって敗れています。今年のリーグ戦でも悔しい思いをしているので、その悔しさをタイトル獲得に向けること。今日も多くのサポーターの方々いらっしゃっていましたし、新潟も色々な方からメッセージをいただいていました。しっかりと強い気持ちを持って闘おうと臨みました。

試合はお互いにチャンスがあり、締まったゲームになりましたが、ひとつのリスタート、澤選手の素晴らしいゴールでリードを許してしまいました。最後は自分たちにもチャンスがありましたが、決め切れずに負けたことは残念です。ただ、選手たちは非常に新潟らしいサッカーをして、最後まで戦ってくれたことに関して誇りに思っています。

選手コメント

[中村 楓]
失点シーンは前に味方の選手がいたので、任せてしまった部分があった。その隙をやられてしまいました。やはり澤選手には隙を与えてはいけない選手だと改めて思いました。本当に一瞬の隙だったので、それは来年に向けての課題。

前半の危ないシーンでゴール直前に触ったのは自分だったが、そのあとにクリアしてくれたのは別の選手。あのシーンはみんなで頑張れたところだった。INACはセットプレーのうまい選手がそろっている意識はあったので、そこは注意しようと意思疎通はしていた。

前日練習でもリラックスした雰囲気で準備ができていたので良かったが、やはり課題の出た試合になってしまった。試合の前からいっぱい走ろうという話はみんなでしていた。簡単な相手じゃないのは理解していたけど、自分たちの目指していたのはタイトルの獲得だったので、それができずにとても悔しい。来年はタイトル獲得にむけて頑張りたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP