最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2016明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第1節

  • 2016年02月27日(土)  15:03キックオフ  会場:Shonan BMW スタジアム平塚 
  • 入場者数 14,058人  天候 晴、中風  主審 岡部 拓人  副審 数原 武志  副審 馬場 規
  • 第4の審判員 荒木 友輔

9

湘南ベルマーレ

試合終了
1 0 前半 1 2
1 後半 1

10

アルビレックス新潟

  • 90分 +5 高山 薫
得点者
  • 28分 ラファエル シルバ
  • 76分 伊藤 優汰
  • 46分 石川 俊輝 → 下田 北斗
  • 59分 大槻 周平 → パウリーニョ
  • 78分 藤田 征也 → キリノ
選手交代
  • 65分 小塚 和季 → 加藤 大
  • 73分 山崎 亮平 → 伊藤 優汰
  • 85分 指宿 洋史 → 林 裕煥
  • 80分 高山 薫
警告
  • 17分 早川 史哉
  • 56分 レオ シルバ
退場
11 シュート 10
7 GK 9
6 CK 3
17 直接FK 14
3 間接FK 3
1 PK 0
選手
  • 1 村山 智彦
GK
  • 21 守田 達弥
  • 30 島村 毅
  • 4 アンドレ バイア
  • 6 三竿 雄斗
DF
  • 25 小泉 慶
  • 28 早川 史哉
  • 2 大野 和成
  • 7 コルテース
  • 14 藤田 征也
  • 2 菊地 俊介
  • 16 石川 俊輝
  • 10 菊池 大介
MF
  • 6 小林 裕紀
  • 10 ラファエル シルバ
  • 41 小塚 和季
  • 8 レオ シルバ
  • 9 山崎 亮平
  • 19 大槻 周平
  • 11 藤田 祥史
  • 23 高山 薫
FW
  • 11 指宿 洋史
  • 25 タンドウ ベラピ
  • 36 岡本 拓也
  • 5 パウリーニョ
  • 22 下田 北斗
  • 18 武田 英二郎
  • 8 山田 直輝
  • 9 キリノ
SUB
  • 22 川浪 吾郎
  • 23 酒井 宣福
  • 20 林 裕煥
  • 17 伊藤 優汰
  • 16 平松 宗
  • 14 田中 達也
  • 13 加藤 大
チョウ キジェ 監督 吉田 達磨

監督コメント

吉田 達磨 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・集中を切らさないこと。しっかり次の準備をしよう。

・こういうゲームこそ慌てずに進めよう。流れを手放さないこと。




【記者会見コメント】
まず、今日アウェイでの開幕戦、約1時間45分ほど前にバスで到着しました。入ってすぐ右手に、オレンジ色の軍団と言いますか、本当にたくさんのサポーターがすでに声を出し、雰囲気を作ってくれました。開幕戦の雰囲気としては申し分なく、選手たちも当たり前ですが、『勝利を届けたい』『いいところを見せたい』『何としてでも勝って帰りたい』と力が入りました。その力をバックに、最後まで走り抜けたのではないかと思います。

ゲームを振り返ると、チョウさんが率いる湘南というチームは、とにかくアグレッシブに止まることのないアタックを繰り返してきます。それは選手たちと何べんも確認をして、「とにかく来るぞ、負けるな」と。苦しい時間、ゴール前まで運ばれてセカンドボールも拾われてという展開が立ち上がりに続きましたが、そこで湘南のシュートも一本ポストに当たったものはありましたが、クリーンなシュートをペナルティボックスの中からは許しませんでした。しっかりと全員で『今は耐える時だよ』と耐え、得点するべき時に得点ができました。狙っていたカウンターで得点できたのも、選手たちはピッチの中でよく判断し、考えてプレーしてくれたと思っています。

ただ、最後、我々のペースになりかけたところで、失点をPKではありましたがラストワンプレーで穴を作ってしまいました。さんざん穴を作らずに前半途中からしのいで、対応できたポイントにボールを送り込まれて、失点を喫してしまいました。やはりサッカーは簡単ではないですし、僕らはまだまだまったく油断ができないチーム、選手たちですし、成長過程にあると感じました。

本当に強くなっていけるように、選手たちと手を取り合っていきます。あれだけのサポーターの応援もあるわけですから、これからも一体となって進んで行きたいと思います。

選手コメント

[早川 史哉]
開幕スタメンは目指していたところ。アウェイだが、本当にたくさんのサポーターの前でプレーすることができて楽しかった。

監督から「ずっと声を出し続けろ」と言われていた。試合を通じてそれはできたのかなと思う。最後の質の部分、最後まで守り切るということは、今後の課題として出てきた。しっかりやっていかなければならない。

(イエローの場面)球際は上手くいったので、個人的には手応えがあったがイエローをもらい、自分でもパニックになってしまった。そういう中でも慌てないメンタルを今後身に付けなければいけない。

(サポーターの声援について)これが新潟のサポーターの力なんだと感じたし、どんなに辛くても僕らの後押しをしてくれていて、本当に力強かった。このままの勢いで、次節も続けて連勝を飾れればいい。

PAGE TOP