最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2016明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第7節

  • 2016年04月15日(金)  19:34キックオフ  会場:エディオンスタジアム広島 
  • 入場者数 8,602人  天候 晴、弱風  主審 飯田 淳平  副審 相樂 亨  副審 清水 崇之
  • 第4の審判員 権田 智久

18

サンフレッチェ広島

試合終了
1 0 前半 0 0
1 後半 0

10

アルビレックス新潟

  • 56分 ミキッチ
得点者
  • 78分 柏 好文 → 清水 航平
  • 87分 森崎 和幸 → 丸谷 拓也
  • 89分 ピーター ウタカ → 皆川 佑介
選手交代
  • 78分 田中 達也 → 小塚 和季
  • 81分 コルテース → 前野 貴徳
  • 81分 山崎 亮平 → 平松 宗
  • 25分 茶島 雄介
  • 57分 森崎 和幸
  • 63分 千葉 和彦
警告
  • 54分 レオ シルバ
  • 71分 酒井 宣福
退場
11 シュート 9
7 GK 4
4 CK 2
10 直接FK 14
0 間接FK 4
0 PK 0
選手
  • 1 林 卓人
GK
  • 22 川浪 吾郎
  • 33 塩谷 司
  • 5 千葉 和彦
  • 4 水本 裕貴
DF
  • 23 酒井 宣福
  • 3 増田 繁人
  • 2 大野 和成
  • 7 コルテース
  • 14 ミキッチ
  • 8 森崎 和幸
  • 6 青山 敏弘
  • 18 柏 好文
  • 30 柴崎 晃誠
  • 25 茶島 雄介
MF
  • 25 小泉 慶
  • 10 ラファエル シルバ
  • 13 加藤 大
  • 8 レオ シルバ
  • 14 田中 達也
  • 9 ピーター ウタカ
FW
  • 9 山崎 亮平
  • 13 増田 卓也
  • 37 宮原 和也
  • 28 丸谷 拓也
  • 16 清水 航平
  • 31 宮吉 拓実
  • 22 皆川 佑介
  • 11 佐藤 寿人
SUB
  • 21 守田 達弥
  • 4 舞行龍 ジェームズ
  • 5 前野 貴徳
  • 28 早川 史哉
  • 26 端山 豪
  • 41 小塚 和季
  • 16 平松 宗
森保 一 監督 吉田 達磨

監督コメント

吉田 達磨 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・前半みんなが得ている手応えはそのまま受け取っていい。ゲームは俺たちが動かしている。

・守備は集中して、後半も徹底しよう。

・攻め急がずに、オーガナイズを頭に入れて、このまま勝ちをつかみにいこう。



【記者会見コメント】
まず、中4日という日程で金曜日の夜に試合をすることになりましたが、新潟からも応援に来ていただいて、『何としても』という思いは今日も同じでしたが、結果的に0-1でした。失点がアンラッキーだったとは思っていません。ボールを運ばれればああいうことも起こるでしょうし、「失点をした」「得点ができなかった」という事実は、我々が上に上がっていくためにはしっかり解決していかなければならないと思っています。

前半から去年のチャンピオンチームであるサンフレッチェ広島に対して、選手たちは堂々とメンタル的にも充実した精神面の中で戦ってくれたと思います。戦術的にも焦れることなく、ボールを持つことを恐れず、突破にかかるランニングをすることを面倒くさがらずにやってくれました。

ただ、その中でちょっと足りなかったテクニックのところ。少し呼吸が合わないというか、パスがずれたり、後半の残り20分くらいは、ラストパスに行くところのひとつ前の段階で焦りが出て、落ち着いて前にボールが運べなくなるところが見られました。そういったトレーニングでしか解決できないところを、また解決しなければいけないと思います。

今日選手たちが見せてくれたパフォーマンスには、ある意味で納得しています。ただ、結果が出なかった、失点をした、得点ができなかったことに対しては、彼らが戦術的に賢くタフに戦ってくれましたので、私自身の持っていき方に足りなさがあると思います。彼らにもう一度いいトレーニングをして、彼らとともに来週こそサポーターに勝利を届けられるようにがんばりたいと思います。

選手コメント

[小泉 慶]
やろうとしていることは間違っていないだけに、チャンスを物にすることで、もっといいゲームができていた。勝負強さ、したたかさというところで、今日は相手が一枚上手だった。

(ナビスコ杯川崎F戦以来のアンカーだったが?)もっともっと、自分は守備も攻撃もやれるようにならないといけないし、そのためにトレーニングしないといけない。今日は守備も攻撃も考えながらやることが増えると思ったし、臨機応変にやれればと思っていた。自分一人でやれたのではなく、ヤマ君やレオ、マサル君が声を掛けてくれたし、みんなで守れたところは良かった。

この結果に下を向くんじゃなく、勝つと信じてトレーニングしていくだけ。オフを挟んで、切り替えていい準備、トレーニングをしていきたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP