最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第11節

  • 2016年09月10日(土)  19:03キックオフ  会場:デンカビッグスワンスタジアム 
  • 入場者数 23,068人  天候 晴、無風  主審 松尾 一  副審 聳城 巧  副審 堀越 雅弘
  • 第4の審判員 高寺 恒如

10

アルビレックス新潟

試合終了
0 0 前半 1 1
0 後半 0

13

名古屋グランパス

得点者
  • 28分 川又 堅碁
  • 71分 山崎 亮平 → 成岡 翔
  • 79分 野津田 岳人 → 伊藤 優汰
  • 85分 指宿 洋史 → 鈴木 武蔵
選手交代
  • 67分 川又 堅碁 → 小屋松 知哉
  • 71分 ハ デソン → シモビッチ
  • 90分 +3 永井 謙佑 → 松田 力
警告
  • 36分 田中 マルクス闘莉王
  • 80分 磯村 亮太
退場
10 シュート 7
11 GK 9
14 CK 6
15 直接FK 12
3 間接FK 0
0 PK 0
選手
  • 21 守田 達弥
GK
  • 1 楢崎 正剛
  • 27 松原 健
  • 3 増田 繁人
  • 24 西村 竜馬
  • 7 コルテース
DF
  • 13 磯村 亮太
  • 2 竹内 彬
  • 4 田中 マルクス闘莉王
  • 6 古林 将太
  • 25 小泉 慶
  • 10 ラファエル シルバ
  • 37 野津田 岳人
  • 8 レオ シルバ
  • 11 指宿 洋史
MF
  • 8 ハ デソン
  • 7 田口 泰士
  • 10 小川 佳純
  • 9 山崎 亮平
FW
  • 19 矢野 貴章
  • 32 川又 堅碁
  • 11 永井 謙佑
  • 22 川浪 吾郎
  • 6 小林 裕紀
  • 13 加藤 大
  • 14 田中 達也
  • 17 伊藤 優汰
  • 18 成岡 翔
  • 19 鈴木 武蔵
SUB
  • 16 武田 洋平
  • 33 安田 理大
  • 36 酒井 隆介
  • 26 森 勇人
  • 9 シモビッチ
  • 22 小屋松 知哉
  • 38 松田 力
吉田 達磨 監督 ジュロヴスキー

監督コメント

吉田 達磨 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・いつも自分たちがやっていることを落ち着いてやればいい。

・後半は45分。慌てる必要はない。ひとつひとつのポイントからゴールに迫ろう。

・声を掛け合ってプレーしよう。集中して、この試合をモノにしよう。



【記者会見コメント】
10になるか、4になるか、7のままかという試合でした。集中して、サポーター・ファンの方には我慢していただいて今日の試合を迎えたわけですが、結果的にセットプレーでやられて、自分たちはゴールをこじ開けられずに0-1の敗戦でした。

新しく入れた選手たちには、「ポジションを取れよ」という気持ちで送り出しましたが、増田にしても、西村にしても、松原にしても、すごくアグレッシブに集中力高くプレーをしてくれたと思います。得意ではない仕事もあったと思いますが、まず今日を入れると7試合。大野、舞行龍が出られなかったところも、その次を取る選手たちが今日悔しさの中にも、手応えを得たことが、ここからの試合で必ずつながってくると思います。

コルテースも、サイドまで行ってもその裏側を取れない、出しても合わせられないという課題がずっと残っていました。甲府戦、そこさえできていればゴールがこじ開けられたという展開だったと思います。松原もそうです。でも、今日彼らはピッチの中でタイミングを見て裏まで上がっていく、相手との駆け引きに勝つ。その成長が次につながるということを見せてくれたと思います。野津田もボランチとして、彼は本職ではないですが、走ってボールを引き出して、堂々とプレーすることで経験の浅い選手たちが勇気づけられたと思います。

皆さんには「ただただ申し訳ない、信じてください」と、軽く聞こえるかもしれませんが、そう言うしかありません。僕たちは自分たちを信じてやるべきだと今日思いましたし、この緊張感ある中でサッカーをする、プレーをする。去年まではまったく見えないようなところにいたような選手たちが、しっかりと結果を出せなかったですが、手応えを得たということ。今日はそれを大事にして、これからケガをしてしまった何人かの選手たちの戻りを待って、ラストスパートをしなければならないと思っています。

痛いか痛くないかと言えば、本当に痛いです。痛いですし、痛い思いをさせてしまったと思います。完全に引き離すことができたという試合を落としたということ。それは重く受け止めています。この2日、明日明後日でしっかりと頭の中を変えて、次は今日も勝ったマリノスです。その戦いに挑んでいきたいと思っています。


選手コメント

[レオ シルバ]
自分たちがゲームを支配する時間が多かったが、セットプレー一発で失点してしまい、ゲームを難しくしてしまった。何とか点を取り返そうとトライしたが、今日に関してはうまくいかなかった。

中盤に関しては、ポゼッションしてコントロールできたし、ボールを奪い返すこともできたが、クリエイティビティーが少し足りなかったかもしれない。

今回のシステムは初めてのものだが、今週トレーニングしていた。結果は、自分たちが望んだものではなかったが。今、私たちに必要なのは我慢強くやること。来週になれば、ケガ人の何人かは戻ってくる。彼らも、すぐにチームに貢献してくれると思う。


ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP