最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第14節

  • 2016年10月01日(土)  15:04キックオフ  会場:ヤマハスタジアム(磐田) 
  • 入場者数 10,525人  天候 曇、弱風  主審 扇谷 健司  副審 大川 直也  副審 間島 宗一
  • 第4の審判員 清水 修平

12

ジュビロ磐田

試合終了
1 1 前半 1 2
0 後半 1

10

アルビレックス新潟

  • 38分 ジェイ
得点者
  • 22分 レオ シルバ
  • 89分 山崎 亮平
  • 88分 太田 吉彰 → 松浦 拓弥
  • 90分 宮崎 智彦 → 松井 大輔
  • 90分 +1 アダイウトン → 森島 康仁
選手交代
  • 65分 成岡 翔 → 山崎 亮平
  • 71分 指宿 洋史 → 鈴木 武蔵
  • 82分 ラファエル シルバ → 野津田 岳人
  • 21分 森下 俊
  • 51分 上田 康太
警告
  • 47分 松原 健
退場
9 シュート 10
12 GK 9
8 CK 6
16 直接FK 16
5 間接FK 2
0 PK 1
選手
  • 21 カミンスキー
GK
  • 21 守田 達弥
  • 5 櫻内 渚
  • 35 森下 俊
  • 2 中村 太亮
DF
  • 27 松原 健
  • 4 舞行龍 ジェームズ
  • 24 西村 竜馬
  • 7 コルテース
  • 23 山本 康裕
  • 7 上田 康太
  • 13 宮崎 智彦
  • 9 太田 吉彰
  • 40 川辺 駿
MF
  • 6 小林 裕紀
  • 8 レオ シルバ
  • 13 加藤 大
  • 18 成岡 翔
  • 15 アダイウトン
  • 8 ジェイ
FW
  • 11 指宿 洋史
  • 10 ラファエル シルバ
  • 1 八田 直樹
  • 14 高木 和道
  • 28 石田 崚真
  • 11 松浦 拓弥
  • 22 松井 大輔
  • 18 小川 航基
  • 20 森島 康仁
SUB
  • 22 川浪 吾郎
  • 3 増田 繁人
  • 26 端山 豪
  • 37 野津田 岳人
  • 41 小塚 和季
  • 9 山崎 亮平
  • 19 鈴木 武蔵
名波 浩 監督 片渕 浩一郎

監督コメント

片渕 浩一郎 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・守備は想定どおり。コンパクトにもう一度役割をはっきりしよう。

・攻撃はいいところにボールが入っている。いい判断をして思い切り突っ込もう。

・前半と同じように積極的に入ろう。誰一人逃げるな、逃がすな。つながってプレーしよう。



【記者会見コメント】
今日はハードなゲームになりましたが、これは予想していましたし、このハードなゲームを制することができて、今のところは最低限のことができたと思います。そして、多くのサポーターの皆さんがこの磐田まで足をはこんでいただいて、パワーを送っていただけたことに関しては、本当に心から感謝しています。もちろん、このスタジアムに足をはこべなかった方もいらっしゃいます。ただ、テレビの前で、もしくは想いで、この磐田にパワーを送っていただけたのではないかと感じました。選手はそれを受け止めて、今日のゲームにパワーを発揮してくれたと思っています。

ゲーム自体はなかなか落ち着く展開ではありませんでしたが、その中でもジュビロさんの強力なFW、ジェイ選手、アダイウトン選手という強力な個をいかに封じるかが、私たちの今日のゲームのテーマでした。そこに関しては舞行龍、西村の2センターバックを中心に、レオ、小林裕紀の2ボランチを含めて、コンパクトにできたかなと思います。

ただ、そんなに簡単に勝たせてくれる相手、選手ではありませんから。そこのところは、「ファーストをしっかり行こう」と。そして、セカンドボールを周りがしっかり拾うことを徹底させましたが、もちろん90分できたかと言われれば、まだまだ足りないところがあります。そこは、今後改善していきたいと思います。

攻撃のところで言うと、色々なところで「今年の新潟はボールを保持するが、前に行かない。ゴールに行かない」ということを耳にしました。ただ、今日ご覧になっていかがですか? その力は、彼らは持っています。今までトレーニングをしてきていないわけではないんです。ただ、その表現の仕方が、明確にならなかった、発揮できなかったのかなというところなんです。

これまで、このチームを立ち上げて、前任の吉田監督が築かれたもの。それが、このチームのベースにあります。そのベースに、今までの新潟のDNAを、ちょっと色付けさせてもらったという風に感じています。

ですので、相手の背後、DFラインの背後を突くこと。そこにサポートしていくこと。プラス、「ペナルティボックスに入っていこう」と。シュートチャンスを多く作り出していこうというのが、今日の攻撃のテーマでした。実際に、PKを取ったシーンも、イブを中心にマサルが飛び込み、2点目もカウンターではありますが、サイドからのボールを山崎が押し込む。ペナルティボックスの中に、パワーを持って入っていくことが今日は表現できたかなと思います。

今週、トレーニングでそこのところを強調してきたので、それを彼らが表現してくれたことに、僕は心から感謝しています。私が何か特別なことをやったというわけではなく(笑)、彼らが持っているものを出せるような環境に、必然的になったというところです。私が何かしたわけではありません。ただ、彼らの想い、今日のゲームに対する想いが、このゲーム、結果につながったと思います。

選手コメント

[小林 裕紀]
最低限のノルマを達成できてホッとしている。磐田は思い入れのある相手だし、このスタジアムは自分にとって特別。状況はあるにしても、色々な感情が少しあった。

これを続けなければ意味がない。しっかりと練習からやっていけるようにやっていきたい。(高い位置を取ったが)そんなに「行け」という指示はなかったが、状況を見て行けるところは行こうと意識していた。

サッカーの上手い、下手というところではなく、基本的なやらなければいけないことをひとりひとりが体現できた。1-1になっても、「もう1点取るんだ」という気持ちをしっかり出せた結果が、最後の山崎のヘディングにつながったと思う。そこは良かったと思う。

新潟からここまではすごい距離だし、僕らの移動も『大変だな』と思っていた。サポーターの方々は車で来る方も、電車で来る方もいらっしゃると思うが、それ以上に大変だと思う。オレンジ一色に染めていただいて、本当に背中を押してもらった。あと一歩を出させてくれた。

少し間隔は空くが、またしっかりトレーニングを積んで、相手を少しでも上回れるように練習から取り組み、結果を出せるようにがんばっていきたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP