最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2016プレナスなでしこリーグカップ1部 第5節

  • 2016年07月03日(日)  17:00キックオフ  会場:新潟市陸上競技場 
  • 入場者数 683人  天候 曇、無風  主審 吉澤 久恵  副審 栗山 俊佑  副審 山田 俊幸
  • 第4の審判員 大橋 裕也

10

アルビレックス新潟レディース

試合終了
0 0 前半 0 1
0 後半 1

1

ベガルタ仙台レディース

得点者
  • 75分 井上 綾香
  • 69分 八坂 芽依 → 斎藤 友里
  • 84分 山田 頌子 → 川崎 咲耶
選手交代
  • 72分 小野 瞳 → 安本 紗和子
  • 84分 中野 真奈美 → 浜田 遥
  • 90分 +1 嘉数 飛鳥 → 田原 のぞみ
警告
退場
13 シュート 6
6 GK 10
7 CK 5
7 直接FK 7
2 間接FK 3
0 PK 0
選手
  • 22 福村 香奈絵
GK
  • 21 ブリトニ― キャメロン
  • 14 小原 由梨愛
  • 6 左山 桃子
  • 3 中村 楓
  • 4 渡辺 彩香
DF
  • 5 坂井 優紀
  • 3 市瀬 菜々
  • 26 北原 佳奈
  • 13 佐々木 繭
  • 24 佐伯 彩
  • 15 阪口 萌乃
  • 20 山田 頌子
  • 28 八坂 芽依
MF
  • 8 嘉数 飛鳥
  • 6 川村 優理
  • 4 岸川 奈津希
  • 23 中野 真奈美
  • 8 大石 沙弥香
  • 10 上尾野辺 めぐみ
FW
  • 17 井上 綾香
  • 9 小野 瞳
  • 1 小金丸 幸恵
  • 27 瀬倉 春陽
  • 5 高橋 悠
  • 7 斎藤 友里
  • 13 川崎 咲耶
  • 17 久保田 麻友
SUB
  • 1 齊藤 彩佳
  • 7 田原 のぞみ
  • 11 安本 紗和子
  • 20 佐々木 美和
  • 10 浜田 遥
辛島 啓珠 監督 千葉 泰伸

監督コメント

辛島 啓珠 監督(アルビレックス新潟レディース)
【ハーフタイムコメント】


【記者会見コメント】
悔しかったです。やられるとしたらセットプレー一発かなと思っていましたし、仙台からするとそこが狙い目だったのかもしれません。自分たちがチャンスの時に、先に1点を獲っていれば流れは変わっていたと思いますし、その1点を獲りきれなかったことが敗因だと考えています。セットプレーで川村選手のマークを外したところからやられてしまいましたが、接戦の時にはこのような少しのズレで勝敗が決まってしまいます。いいゲームなのに敗戦してしまった結果を、しっかり次につなげなければいけません。それでも今日はみんながんばったと思いますし、それだけに勝ちたかったです。練習でやってきたことやチームとして狙っていることを、選手はよくやってくれました。

(3連敗を喫してチームの雰囲気は)負け続けてもそこから学ぶことは多いので、そこから先につながっていくと思います。勝つためにどうしなければいけないかをひとつひとつみんなで考えることができます。雰囲気は大丈夫です。

(ゲームを支配しているように見えたが)ボールを支配する前に、セカンドをしっかり拾うこと、1対1での戦いや反応の速さなどの積み重ねにより、最終的に自分たちのボールになったと思います。背後をしっかり突くことで相手を裏返し、前向きのプレーができたのは良かったのですが、最後の崩しや点を獲るところの精度が必要であったと思いました。あえてボール支配をしようとは考えていませんでしたが、結果的にセカンドボールを拾えたことなどのハードワークをした結果が支配したように見えたのだと考えます。試合なので勝敗は付き物で連敗することもありますが、ハードワークをしていこうと話しをしましたし、しっかり表現してくれたと思っています。

(最後の質、精度の部分だけに見えたが)前回に五十公野で仙台と戦ったときは、強風などで条件が良くありませんでしたが、今日はいい条件で戦えたと思います。その中で良かったことをしっかり残して、課題を密にやっていくしかないと思います。

(次節に向けて)状況は難しくなったかもしれませんが、やらなければいけないことをしっかりやって先につなげていきたいと思います。どう切り替えていくか、若手にも出場チャンスを与えたいという思いもあるので、競争をさせていくなどしっかり考えていきます。

選手コメント

[八坂 芽依]
サヤさん(大石選手)とメグさんにボールが入ったときは、すぐにサポートに入ることを意識していた。そこで点を取ることができていれば、結果につながったと思う。

相手が引いていて、自分がフリーでボールを持てることが多かったので、常にシュートは狙っていた。(前半に惜しいミドルシュートもあった)入ったと思ったが、クロスバーに当たってしまった。キーパーが出ていたのは分かっていて、シュートを狙ったが、しっかり決めたかった。

(久々の先発で)気持ちが入っていたが、チャンスを与えられた分、期待に応えたかった。シュートは撃てていたが、それを決められるように、もっと精度を詰めていきたい。

シンさん(渡辺選手)がボールを持ったときに、背後は狙っていた。練習ではできていた部分を試合で活かせたのは成果だが、その後のクロスやシュートの質をもっと高めていきたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP