最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

トヨタプレミアカップ2015

  • 2016年02月13日(土)  18:30キックオフ  会場:ニュー・アイモバイル・スタジアム 
  • 入場者数   天候   主審 MUHANMAD TAQI ALJAAFARI BIN JAHARI  副審 ANVAWAT FEEMUECHANG  副審 BINLA PREEDA
  • 第4の審判員 MONGKOLCHAI PACHSIRI

Bufc

ブリーラム・ユナイテッド

試合終了
2 0 前半 0 1
2 後半 1

10

アルビレックス新潟

  • 60分 KO SEUL KI
  • 78分 KO SEUL KI
得点者
  • 55分 レオ シルバ
  • 61分 ANDRE FRANCISCO MORITZ → ADUL LAHSOH
  • 65分 ANAWIN JUJEEN → SUREE SUKHA
  • 72分 SUCHAO NUTNUM → SATHAPORN DANGSEE
  • 83分 KO SEUL KI → ANAN BUASANG
選手交代
  • 46分 松原 健 → 加藤 大
  • 60分 伊藤 優汰 → ラファエル シルバ
  • 76分 山崎 亮平 → 田中 達也
  • 85分 小泉 慶 → 長谷川 巧
  • 27分 CHITIPAT THANKLANG
  • 85分 ANDRES JOSE TUNEZ ARCEO
警告
  • 77分 小泉 慶
  • 85分 レオ シルバ
退場
0 シュート 0
0 GK 0
0 CK 0
0 直接FK 0
0 間接FK 0
0 PK 0
選手
  • 1 SIWARAK TEDSUNGNOEN
GK
  • 21 守田 達弥
  • 2 THEERATHON BUNMATHAN
  • 5 ANDRES JOSE TUNEZ ARCEO
  • 14 CHITIPAT THANKLANG
  • 16 KORAVIT NAMWISET
  • 17 ANAWIN JUJEEN
DF
  • 2 大野 和成
  • 7 コルテース
  • 27 松原 健
  • 28 早川 史哉
  • 7 KO SEUL KI
  • 8 SUCHAO NUTNUM
  • 10 JAKKAPHAN KAEWPROM
MF
  • 6 小林 裕紀
  • 8 レオ シルバ
  • 17 伊藤 優汰
  • 25 小泉 慶
  • 11 ANDRE FRANCISCO MORITZ
  • 20 KAIO FELIPE GONCALVES
FW
  • 9 山崎 亮平
  • 11 指宿 洋史
  • 29 YOTSAPON TEANGDAR
  • 3 SATHAPORN DANGSEE
  • 13 NARUBADIN WEERAWATNODOM
  • 24 NUKOOLKIT KRUTYAI
  • 25 SUREE SUKHA
  • 4 ADUL LAHSOH
  • 28 CHAOWAT VEERACHART
  • 34 ANON AMORNLERTSAK
  • 39 ANAN BUASANG
SUB
  • 22 川浪 吾郎
  • 5 前野 貴徳
  • 24 西村 竜馬
  • 13 加藤 大
  • 26 端山 豪
  • 29 宮崎 幾笑
  • 30 長谷川 巧
  • 10 ラファエル シルバ
  • 14 田中 達也
ALEXANDER GAMA 監督 吉田 達磨

監督コメント

吉田 達磨 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】


【記者会見コメント】
やってきた成果というか、ボールを運んで相手のプレーする機会を奪って、リスクを管理することに関しては、言い方は荒くなりますが「こんなにできるんだ」ということが試合開始からずっと見えていました。前半、得点を取れそうだったり、あるいは少し取らせそうだったりと場面はありましたが、ミスに関して言えば技術的なミスと、恐れた中でのミスが前半はありました。

後半はその恐れも解けて、十分いい立ち上がりはできたと思います。タイキャンプ、高知キャンプと積んできて、その成果というのは十分発揮できました。1-2で負けたことはとても悔しいですが、そのことで何ひとつ崩す必要はないですし、崩れることもないと思います。選手たちはこのまままっすぐやっていってほしいと思いますし、手応えを間違いなくつかんだ試合だったと思います。

選手コメント

[レオ シルバ]
結果はすごく残念。新潟から多くのサポーターの方々が来てくれて力になったし、自分たちの成長を感じさせるようなゲームができたと思う。今年は昨年以上のプレーを期待していただきたい。

(ゴールを振り返って)左サイドからチャンスを作って、中で自分がボールを受けてシュートを狙った。これから先、もっとトレーニングを重ねて、さらにゴール前のシーンを良くしていきたいと思っている。Jリーグが開幕してからも向上させていきたい。

(チェンマイ、ブリーラムとどこか雰囲気がブラジルに似ていたのは?)この雰囲気には自分たちは慣れているが、日本人選手にとってもすごくいい経験になったと思う。色々な異文化に触れて、こういう雰囲気でゲームができた。今後の成長につながっていければいいし、これからのキャリアにとっても大きな期間だった。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP