最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦

  • 2016年09月03日(土)  16:00キックオフ  会場:デンカビッグスワンスタジアム 
  • 入場者数 3,475人  天候 晴、無風  主審 岡 宏道  副審 大川 直也  副審 植田 文平
  • 第4の審判員 大矢 充

10

アルビレックス新潟

試合終了
5 1 前半 2 3
2 後半 1
0 延長前半 0
2 延長後半 0

Kwansei

関西学院大学

  • 27分 ラファエル シルバ
  • 56分 ラファエル シルバ
  • 58分 ラファエル シルバ
  • 107分 ラファエル シルバ
  • 112分 成岡 翔
得点者
  • 22分 青木 健登
  • 31分 山本 悠樹
  • 79分 森 俊介
  • 55分 小塚 和季 → 端山 豪
  • 70分 田中 達也 → 成岡 翔
  • 88分 小泉 慶 → 小林 裕紀
選手交代
  • 65分 塩谷 知哉 → 魚里 直哉
  • 65分 青木 健登 → 中井 栞吏
  • 65分 徳永 裕大 → 宮村 哲朗
  • 41分 ラファエル シルバ
  • 88分 加藤 大
警告
  • 105分 +1 小林 裕紀
退場
16 シュート 13
12 GK 10
9 CK 2
22 直接FK 10
4 間接FK 5
0 PK 0
選手
  • 21 守田 達弥
GK
  • 1 上田 智輝
  • 25 小泉 慶
  • 4 舞行龍 ジェームズ
  • 24 西村 竜馬
  • 7 コルテース
DF
  • 18 高尾 瑠
  • 5 米原 祐
  • 2 岡山 宗星
  • 16 小川原 一輝
  • 41 小塚 和季
  • 10 ラファエル シルバ
  • 13 加藤 大
  • 8 レオ シルバ
  • 14 田中 達也
MF
  • 10 徳永 裕大
  • 7 出岡 大輝
  • 11 森 俊介
  • 29 山本 悠樹
  • 25 塩谷 知哉
  • 19 鈴木 武蔵
FW
  • 27 青木 健登
  • 22 川浪 吾郎
  • 3 増田 繁人
  • 6 小林 裕紀
  • 17 伊藤 優汰
  • 26 端山 豪
  • 37 野津田 岳人
  • 18 成岡 翔
SUB
  • 36 妻鹿 寛史
  • 15 尾崎 正浩
  • 6 宮村 哲朗
  • 8 武田 侑也
  • 19 中野 克哉
  • 17 魚里 直哉
  • 13 中井 栞吏
吉田 達磨 監督 成山 一郎

監督コメント

吉田 達磨 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・守備は対応を明確に。

・攻撃はサポートを忘れないこと。スペースを有効に使おう。

・基本的なことをしっかりやろう。次に進むために気持ちを入れよう。



【記者会見コメント】
長い時間試合をしましたが、3回戦に進むというたった一個の目的を達成しました。基本的にはそれだけです。そのほか、内容がどうとか、プロとして何とかなどということは選手には伝えていません。2回戦の意義というのは、「おそらく俺たちが望んだ通りのプレーはできないし、そういう圧になる。それに屈せず、プレーしていくことが大事だ」ということです。

ただ、お粗末すぎる試合だというのは見ての通りなので。それはそれで修正には気合いを入れなきゃなというところです。次は名古屋戦があります。監督が変わって、システムも変わって、まず守備がすごく整理されていて、相手に対して今日のような展開には間違いなくならないでしょう。肝をしっかり押さえて、そこを今からもうちょっとしたら分析して、来週4回のトレーニングをして、またビッグスワンに臨みます。

今日も天皇杯で、相手は大学生の選手たちにも関わらず、あれだけの応援をいただきました。途中のブーイングも、今日のこの状況であれば聞こえやすかったですし、ウチの選手にとってはいいプレッシャーだったと思います。また、彼らとともに次の戦いがあります。そこに向けて、あと何十分かしたら向かっていきたいと思います。

選手コメント

[守田 達弥]
今日は勝ったこと以外には何もない。絶対に難しい試合になると分かった上で、自分たちは1週間準備してきた。それをしっかり出そうとピッチに入ったが、ふたを開けてみたら試合の初めから見ての通りの展開になってしまった。新しく選手が入ってくるまで自分たちで流れを変えられず、ただゲームが進んでいった。リーグ戦に絡んでいない選手も先発したが、レギュラークラスが入ってやっと引き締まるようでは、チームとして全然ダメ。戦術的なこと以前に、戦う気持ちという根本的なところが足りていなかった。

自分も3失点して、すごく悔しいし、自分に対する腹立たしさもある。もっともっとやらないといけないし、来週は本当に大事な一戦を控えている。今日の試合をチーム全員が重く受け止めないといけない。このままでは絶対にいけない。

失点したりピンチになったのも、結局は自分たちのミス。それも、本当に幼稚なミスからだったし、ミスをしたあとの対応も悪かった。鳥栖戦でマグがああいう形から失点したことを踏まえて、まず中を切って(ドリブルさせないで)守ることをこの1週間、トレーニングしてきたのに、カットインを簡単に許して失点してしまった。

裕紀君や翔君、豪が入ってきて、ようやく試合が落ち着いた。裕紀君は退場してしまったが、あのプレーがなければやられていたかもしれないし、チームとして裕紀君に申し訳ない。途中から出てきて悪いリズムを変えて、献身的にやってくれていたのに。チームとして1週間、いったい何を練習してきたのかという気持ちでいっぱい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP