最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 準決勝

  • 2016年12月23日(金)  11:04キックオフ  会場:味の素フィールド西が丘 
  • 入場者数 2,329人  天候 晴、時々曇  主審 井脇 真理子  副審 萩尾 麻衣子  副審 草処 和江
  • 第4の審判員 高橋 早織

98

日テレ・ベレーザ

試合終了
0 0 前半 0 1
0 後半 1

10

アルビレックス新潟レディース

得点者
  • 53分 八坂 芽依
  • 46分 土光 真代 → 上辻 佑実
  • 63分 田中 美南 → 清水 梨紗
選手交代
  • 73分 山田 頌子 → 高橋 悠
  • 89分 中里 優
警告
退場
7 シュート 5
10 GK 8
8 CK 4
8 直接FK 5
1 間接FK 2
0 PK 0
選手
  • 21 山下 杏也加
GK
  • 22 福村 香奈絵
  • 3 村松 智子
  • 4 土光 真代
  • 6 有吉 佐織
  • 22 岩清水 梓
DF
  • 3 中村 楓
  • 4 渡辺 彩香
  • 6 左山 桃子
  • 14 小原 由梨愛
  • 5 隅田 凜
  • 7 中里 優
  • 10 籾木 結花
  • 14 長谷川 唯
  • 20 阪口 夢穂
MF
  • 15 阪口 萌乃
  • 20 山田 頌子
  • 24 佐伯 彩
  • 28 八坂 芽依
  • 9 田中 美南
FW
  • 8 大石 沙弥香
  • 10 上尾野辺 めぐみ
  • 1 望月 ありさ
  • 2 清水 梨紗
  • 8 上辻 佑実
  • 17 三浦 成美
  • 11 鳥海 由佳
SUB
  • 1 小金丸 幸恵
  • 27 瀬倉 春陽
  • 5 高橋 悠
  • 7 斎藤 友里
  • 16 高橋 美夕紀
森 栄次 監督 辛島 啓珠

監督コメント

辛島 啓珠 監督(アルビレックス新潟レディース)
【ハーフタイムコメント】
・守備は切り替えを早くして対応すること。

・苦しい展開だが必ずチャンスは来る。しっかり粘って闘っていこう。




【記者会見コメント】
ベレーザ相手に勝利したことは、率直にすごくうれしいです。昨日は糸魚川で大規模な火災が発生しまして、避難されている方がたくさんいらっしゃると思いますが、そういう方たちを少しでも勇気づけられるような勝ち方ができたのではないかと思っています。

ベレーザが相手で、守備に回る時間が長くなるだろうとは思っていました。案の定、ベレーザの迫力ある攻撃とポゼッションに対して、なかなかボールが奪えませんでした。自分たちもいくつかゴール前まで行ったシーンはありましたが、シュートにつなげることができませんでした。

決定的なピンチもあった中で、ディフェンスラインが防いでくれて、前半を0-0で終えたことは、この試合のポイントになったのではないかと思います。前半に先制されていたら、後半は力を使っていかなければいけなかったので、0-0で終えられて良かったと思います。

相手は前から来ていた分、後半になれば多少緩んでくるのではないかというところはありました。後半は我々が風下から風上に変わるので、チャンスがあれば思い切り狙っていこうという話はしていました。後半が始まって、だんだんこちら側がセカンドボールを拾えるようになって、自分たちの形が作れるようになりました。その流れで先制点を取れたのは良かったです。

芽依が点を取った後に、田中美南選手が下がってくれたのが大きなポイントだったのではないかと思いました。阪口(夢穂)選手を前に上げて、多少パワープレー気味にやるところもあったと思います。ただ、田中美南選手の背後へのランニングはとにかくすばらしいので、それがひとつなくなったことは、我々にとって守りやすくなったと思います。

結果的に1-0で逃げ切ることができて、非常に良かったと思います。先週も言いましたが(笑)、選手の頑張りがすばらしかったということに尽きると思います。

選手コメント

[八坂 芽依]
勝てたことが一番うれしい。出られない選手がいる中で、ピッチに立てることを感謝しなければいけない。新潟からたくさんのサポーターが来てくれているので、やはり優勝しなければいけないと思う。明後日に備えてコンディションを整えていきたい。

前半は攻められることが分かっていたので、耐えて後半にギア上げて点を取れればいいという感じだったし、その通りに得点を挙げることができたのがよかった。(大石)さやさんが相手を背負ってくれていたプレーがあったからこそ、自分が決めることができたと思っている。たくさんの応援のおかげで走りきることができたから感謝したいと思う。

(得点シーンを振り返って)さやさんが当てた後のセカンドボールを拾うというチームでの決め事があり、それを狙っていた。あとは決めるだけのプレーでしたが、チームメイトに感謝したい。去年はピッチに立てずに悔しい想いをしていたが、今ピッチに立てる立場になった。こういう試合で点を獲ることで自信につながると思う。

(決勝に向けての意気込みは)糸魚川市の火災を見てショックを受けたが、被災された方も含めて新潟のサポーターに少しでも元気を感じてもらえたら嬉しい。チームとしてまだ優勝したことがないので、しっかりチームに貢献し、優勝して新潟にカップを持ち帰れるようにがんばりたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP