最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2017明治安田生命J1リーグ 第8節

  • 2017年04月22日(土)  16:03キックオフ  会場:デンカビッグスワンスタジアム 
  • 入場者数 18,922人  天候 晴、無風  主審 村上 伸次  副審 中井 恒  副審 武田 光晴
  • 第4の審判員 高寺 恒如

10

アルビレックス新潟

試合終了
0 0 前半 1 3
0 後半 2

6

FC東京

得点者
  • 28分 太田 宏介
  • 69分 橋本 拳人
  • 82分 大久保 嘉人
  • 70分 チアゴ ガリャルド → 田中 達也
  • 78分 ホニ → 鈴木 武蔵
  • 84分 山崎 亮平 → 大野 和成
選手交代
  • 56分 梶山 陽平 → 高萩 洋次郎
  • 58分 河野 広貴 → 永井 謙佑
  • 90分 +2 前田 遼一 → 阿部 拓馬
  • 26分 山崎 亮平
  • 55分 ホニ
  • 74分 ロメロ フランク
警告
  • 45分 +3 河野 広貴
  • 65分 橋本 拳人
退場
11 シュート 6
8 GK 9
18 CK 0
18 直接FK 12
2 間接FK 6
0 PK 1
選手
  • 1 大谷 幸輝
GK
  • 33 林 彰洋
  • 19 矢野 貴章
  • 50 富澤 清太郎
  • 4 ソン ジュフン
  • 34 原 輝綺
DF
  • 22 徳永 悠平
  • 3 森重 真人
  • 5 丸山 祐市
  • 6 太田 宏介
  • 30 ロメロ フランク
  • 8 小泉 慶
  • 13 加藤 大
  • 9 山崎 亮平
MF
  • 37 橋本 拳人
  • 10 梶山 陽平
  • 17 河野 広貴
  • 13 大久保 嘉人
  • 38 東 慶悟
  • 10 チアゴ ガリャルド
  • 7 ホニ
FW
  • 20 前田 遼一
  • 21 守田 達弥
  • 2 大野 和成
  • 27 堀米 悠斗
  • 15 本間 勲
  • 14 田中 達也
  • 16 平松 宗
  • 49 鈴木 武蔵
SUB
  • 1 大久保 択生
  • 2 室屋 成
  • 8 高萩 洋次郎
  • 15 永井 謙佑
  • 23 中島 翔哉
  • 44 阿部 拓馬
  • 9 ピーター ウタカ
三浦 文丈 監督 篠田 善之

監督コメント

三浦 文丈 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・攻守とも悪くない。これを続けること。

・攻撃は続けること、やり切ること。守備はセカンドボールに引き続き集中しよう。

・1点取ればひっくり返るゲームだ。まず1点を取ろう。



【記者会見コメント】
本当に選手たちはゲームの入りに集中して入ってくれたと思います。前半は我々が(相手の)エリアの中に何度も侵入して、チャンスを何回も作りました。なかなか決め切ることができず、ワンチャンスのフリーキックを決められて前半を終えることとなりました。

ハーフタイムにも、内容自体は悪くないし、あれだけだと。まず1点、同点に追いついたら、この試合絶対に逆転できると送り出しました。選手達はそれを感じ取って、後半の流れも自分たちの時間帯だったのですが、前線の選手たち、とくにチアゴやホニたちに疲れが見えました。その時に達也を入れようとした矢先に一瞬のスキを突かれて2失点目を喫してしまいました。

その後は相手の方がうまくゲームをコントロールして、なかなか引っくり返す、1点を取って引っくり返す状況ができませんでした。最後は相手にゲームをコントロールされたという試合展開でした。

選手コメント

[ソン ジュフン]
今日も基本的にはコンパクトにすることを意識していたし、前半はみんながいいプレーをしていた。やはりチャンスのときに決められないのは厳しいと思う。セカンドボールはボランチがいい動きのなかで、うまく拾ってくれたと思う。前半はよくできていたと思うが、後半は全体的にあまりよくなかった印象もある。サイドを効果的に使われたと思う。

(セットプレーの精度は高まってきたか?)セットプレーは新潟に高さがあるから、チャンスはあると思う。今日もチアゴがいいボールを蹴ってくれたがうまくあわせることができなかった。先日の甲府戦ではコーナーから決めたこともあり、今日の東京は新潟がセットプレーのときに「集中、集中」と声をたくさんかけあっていたのをみると嫌がっていたと思う。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP