最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2017明治安田生命J1リーグ 第31節

  • 2017年10月29日(日)  14:03キックオフ  会場:デンカビッグスワンスタジアム 
  • 入場者数 17,426人  天候 雨、無風  主審 家本 政明  副審 相樂 亨  副審 勝又 弘樹
  • 第4の審判員 佐藤 誠和

10

アルビレックス新潟

試合終了
1 0 前半 0 0
1 後半 0

35

サガン鳥栖

  • 55分 小泉 慶
得点者
  • 78分 小川 佳純 → 田中 達也
  • 90分 +2 河田 篤秀 → ドウグラス タンキ
  • 90分 +2 山崎 亮平 → 伊藤 優汰
選手交代
  • 53分 石川 啓人 → 水野 晃樹
  • 70分 豊田 陽平 → 池田 圭
  • 78分 小野 裕二 → 安 庸佑
  • 35分 磯村 亮太
警告
退場
12 シュート 9
9 GK 8
7 CK 6
10 直接FK 12
4 間接FK 2
0 PK 0
選手
  • 1 大谷 幸輝
GK
  • 33 権田 修一
  • 8 小泉 慶
  • 2 大野 和成
  • 4 ソン ジュフン
  • 27 堀米 悠斗
DF
  • 13 小林 祐三
  • 5 キム ミンヒョク
  • 15 チョン スンヒョン
  • 23 吉田 豊
  • 6 磯村 亮太
  • 13 加藤 大
  • 7 ホニ
  • 40 小川 佳純
  • 9 山崎 亮平
MF
  • 28 石川 啓人
  • 14 高橋 義希
  • 4 原川 力
  • 32 河田 篤秀
FW
  • 40 小野 裕二
  • 27 田川 亨介
  • 11 豊田 陽平
  • 21 守田 達弥
  • 19 矢野 貴章
  • 44 大武 峻
  • 17 伊藤 優汰
  • 11 ドウグラス タンキ
  • 14 田中 達也
  • 39 富山 貴光
SUB
  • 1 赤星 拓
  • 2 三丸 拡
  • 8 藤田 優人
  • 35 青木 剛
  • 25 安 庸佑
  • 50 水野 晃樹
  • 22 池田 圭
呂比須 ワグナー 監督 マッシモ フィッカデンティ

監督コメント

呂比須 ワグナー 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・前半、いいゲームができている。気持ちでも相手を上回れているぞ。

・守備は切り替えをもう一度気を付けよう。相手のロングボールに集中していけ。

・攻撃はどんどんシュートを撃っていい。勝つぞ!

【記者会見コメント】
こんばんは。非常にいいゲームができたのではないかと思います。どんなシーンでも戦う姿勢があり、体を張って全力で頑張ってくれたのではないかと思います。本当に久しぶりのホームゲームで、こういうファイティングスピリットをサポーターの皆さんに見せて、いい感動を与えられたのではないかと思います。やっぱり大事なゲーム、勝たなければいけないプレッシャーの中でよく戦ってくれました。

まだ3試合残っていますので、新潟らしい試合を。どんなシーンでも戦う、諦めないことが大切ではないかと思います。今日はビッグスワンに来てくださった皆さんにそういうことを伝えられたのではないかと思います。ファイティングスピリットを忘れないように、残り3試合がんばっていこうと思います。今日は本当に素晴らしいゲームでした。

相手にもチャンスがありましたが、ボールがない時には全員で守り、ボールを持った時には全員が動いてチャンスを作ることもできました。みんなが同じ思いでがんばってくれたと思いますので、またいい準備をしていきます。次は3週間が空きます。他のチームの結果もまだ分かりませんが、残り3試合、自分のベストを尽くして全力で選手の皆さんと頑張っていきます。

選手コメント

[山崎 亮平]
欲を言えば、もっと得点を取って勝ちたかった。勝ち点3を取れたことは、最低限の結果。ボールを蹴ってしまっているときは、相手は強く対応してきた。逆にしっかり落ち着いて繋いでいるときは、フリーの選手を見つけてチャンスを作っていた。相手の嫌がることを全員が早いタイミングで理解して、パスのつなぎを出していかなければならない。相手の得意なところで闘っても難しいところがあるから、もっと早く気づいてやれればよかった。

(後半のプレーについて)慶が得点を取ってくれた。今の状況からいって、もっと得点をとりたかった。ただ、勝ち点を失ってしまえば終わりだから、どんどん点を取りに行く姿勢は全員が分かっていた。その意識を持てたのはいいこと。他のチーム状況は分からないが、今日は自分たちがやることはできた。

(ホームでの勝利について)長かった。サポーターをずっと待たせていたから、嬉しいというよりは、もっと早く勝ちたかったと思った。こういう状況でも多くのサポーターが来てくれて、声援をくれる。もちろん、残り3試合となったが、残り全試合を勝つつもりというより、勝たなければならない状況。それは全員が分かっていることだから、これからどういう状況になっていくかは分からないが、自分たちがやるべきことをやっていきたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP