最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2017プレナスなでしこリーグカップ1部 予選リーグ 第6節

  • 2017年07月02日(日)  17:00キックオフ  会場:新潟市陸上競技場 
  • 入場者数 467人  天候 雨  主審 高橋 早織  副審 大滝 敬三  副審 山田 俊幸
  • 第4の審判員 川上 辰朗

10

アルビレックス新潟レディース

試合終了
0 0 前半 0 3
0 後半 3

98

日テレ・ベレーザ

得点者
  • 60分 籾木 結花
  • 67分 岩清水 梓
  • 86分 田中 美南
  • 71分 園田 瑞貴 → 小須田 璃菜
  • 77分 大石 沙弥香 → 川崎 咲耶
  • 89分 小原 由梨愛 → 久保田 麻友
選手交代
  • 46分 上辻 佑実 → 籾木 結花
  • 79分 隅田 凜 → 三浦 成美
  • 89分 宮川 麻都 → 土光 真代
警告
退場
5 シュート 11
9 GK 3
5 CK 4
4 直接FK 4
6 間接FK 3
0 PK 0
選手
  • 21 高橋 智子
GK
  • 1 山下 杏也加
  • 14 小原 由梨愛
  • 27 瀬倉 春陽
  • 3 中村 楓
  • 4 渡辺 彩香
DF
  • 2 清水 梨紗
  • 22 岩清水 梓
  • 3 村松 智子
  • 13 宮川 麻都
  • 11 佐伯 彩
  • 15 阪口 萌乃
  • 10 上尾野辺 めぐみ
  • 25 唐橋 万結
MF
  • 7 中里 優
  • 20 阪口 夢穂
  • 5 隅田 凜
  • 8 上辻 佑実
  • 14 長谷川 唯
  • 7 園田 瑞貴
  • 8 大石 沙弥香
FW
  • 9 田中 美南
  • 1 福村 香奈絵
  • 17 久保田 麻友
  • 9 山谷 瑠香
  • 33 小須田 璃菜
  • 13 川崎 咲耶
SUB
  • 21 西村 清花
  • 4 土光 真代
  • 17 三浦 成美
  • 10 籾木 結花
  • 19 植木 理子
辛島 啓珠 監督 森 栄次

監督コメント

辛島 啓珠 監督(アルビレックス新潟レディース)
【ハーフタイムコメント】


【記者会見コメント】
前半に決定機がありましたが入りませんでした。その後は、特にピンチもなく自分たちを落ち着かせる時間帯がありました。それでも、ある程度ボールを動かされ、守備の時間は当然、長かったです。後半は、それなりに消耗したなかでやることになるのはわかっていたので、立ち上がりは特に集中してやろう、必ずチャンスは来るからと話していました。

1失点目は阪口(夢穂)選手が競って、籾木選手が抜け出すというシーンでした。あのシーンは絶対に防げなかったかといえば、そうではなかったと思います。もったいない失点でした。1点を失っても今日の趣旨は、自分たちのやろうとしていることを出していこうというのがあったので、結果としてはしょうがないです。

ボールを保持することや、攻撃の部分でいえば、後半は特に最後の方は迫力を持ってゴール前にいけました。いいくさびが入り、連動した動きが出ていたから、ベレーザを相手にできたことは収穫です。また、若手の春陽(瀬倉選手)は日に日に成長し、今日もいいプレーをしていました。智子(高橋選手)にしても、カラマユ(唐橋選手)にしても、ガールズ出身の選手がベレーザ相手にプレー経験をしたということだけでなく、しっかりとプレーできたのはクラブにとって大きく意義のある試合だったと思います。

(守備の部分の評価は?)守備だけでなく、結局のところボールの取られ方が悪かったり、保持する時間が少ないと、どうしてもそこで疲労が出て単純なミス、例えばポジショニングのミスに繋がるので、結果的には、いかに自分たちの時間を作ることが大事です。そして、その後の崩しの局面でチャンスを作れるかを目指しています。そうすれば、結果的に守備の安定に繋がるのだと思います。

(中でボールを繋ぐシーンもあったが?)当然、そのプレーを目指していますから、繋ぐことができたのだのと思います。とにかく今日のベレーザには代表選手も多く在籍し、強い相手でも、目指すプレーをひとつでもふたつでも出していって、先に繋げたいと思いますし、チャレンジができたと思います。

(失点場面については?)失点原因を見れば、2点目はセットプレーから放り込まれたものです。後半に籾木選手が入り、プレーの質がグンと上がった印象です。最初の失点では籾木選手についていけなかったのですが、その前のプレーで阪口選手のところです。細かいことを言えば阪口選手のところで競り勝たなければなりません。少しずつのプレーで失点につながったと思っています。

(次節に向けて)引き続き自分たちがやろうとしていることを出し、チーム力を身につけていきたいです。それに尽きます。せっかく、あと3試合がカップ戦で控えているので、自分たちのプレーを出すことを目標にしてやっていきたいと思います。

選手コメント

[唐橋 万結]
ずっと勝てていなかったので、今日は勝ちたかった。ここで勝っていい流れに持っていきたかったが、相手が上手くて、自分たちは守備の場面が多くなってしまった。

(自分のプレーについては)今までは自分から間に入ってボールを受けるプレーが少なかったが、今日はそれができた部分もあったので、そこは良かったと思う。監督から中の意識をすごく植え付けられているので、最近は中に入ってプレーすることを意識している。

今日は守備に回る時間が長くて体力を奪われていたが、点を取りに行かなければいけなかったので、頑張って前に出ていくようにした。

(課題については)個人技の部分で相手はみんな上手くて、守備で振り回されてしまった。攻撃でも味方に合わせられなかった部分があったので、もっと練習を重ねて、しっかり合わせられるようにしていきたい。勝たなければいけないので、得点やアシストに絡むプレーをしていきたい。

(明日からU-19代表キャンプ)同じ年代のレベルが高い人たちの中でも、自分がいつもやっていることを出せるようにしたい。そこで刺激を受けて、さらに成長して帰ってこられるように頑張りたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP