最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2017プレナスなでしこリーグカップ1部 予選リーグ 第9節

  • 2017年07月23日(日)  17:00キックオフ  会場:成田市中台運動公園陸上競技場 
  • 入場者数 794人  天候 曇  主審 千葉 恵美  副審 吉澤 久恵  副審 朝倉 みな子
  • 第4の審判員 池田 浩康

23

ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

試合終了
0 0 前半 0 0
0 後半 0

10

アルビレックス新潟レディース

得点者
  • 35分 横山 亜依 → 鴨川 実歩
  • 90分 成宮 唯 → 佐藤 瑞夏
選手交代
  • 61分 川崎 咲耶 → 園田 瑞貴
  • 70分 唐橋 万結 → 小島 美玖
  • 83分 小原 由梨愛 → 高村 ちさと
警告
退場
12 シュート 4
4 GK 11
4 CK 2
1 直接FK 10
4 間接FK 2
0 PK 0
選手
  • 21 船田 麻友
GK
  • 1 福村 香奈絵
  • 5 若林 美里
  • 3 櫻本 尚子
  • 6 西川 彩華
  • 2 上野 紗稀
DF
  • 14 小原 由梨愛
  • 27 瀬倉 春陽
  • 17 久保田 麻友
  • 4 渡辺 彩香
  • 24 千野 晶子
  • 14 磯金 みどり
  • 13 瀬戸口 梢
  • 10 深澤 里沙
MF
  • 11 佐伯 彩
  • 15 阪口 萌乃
  • 10 上尾野辺 めぐみ
  • 25 唐橋 万結
  • 9 横山 亜依
  • 28 成宮 唯
FW
  • 8 大石 沙弥香
  • 13 川崎 咲耶
  • 1 根本 望央
  • 4 鶴見 綾香
  • 15 林 香奈絵
  • 7 鴨川 実歩
  • 8 安齋 結花
  • 20 小澤 寛
  • 23 佐藤 瑞夏
SUB
  • 21 高橋 智子
  • 2 高村 ちさと
  • 39 小島 美玖
  • 29 千野 七海
  • 7 園田 瑞貴
三上 尚子 監督 辛島 啓珠

監督コメント

辛島 啓珠 監督(アルビレックス新潟レディース)
【ハーフタイムコメント】


【記者会見コメント】
前半は風上で、ボールをキープして攻め込む部分はありました。ジェフとしては風下なので、前半は抑え気味で後半勝負かなとイメージしていました。前半の風上のときに1点をとっておきたかったです。後半はある程度攻め込まれることは想定していましたので、危ない場面をしのぎきり、結果的に引き分けであったのは妥当な結果ではないかと思います。

しかし、試合内容には不満足で、後半も前半のようにチャンスを作らないといけませんから、納得はいっていません。

(トーナメント進出は果たせなかったが?)やはりボールを保持してもシュートが少ないので打たなければいけません。今日の後半も押し込まれてボールの失い方もイージーだったので、90分間を通して集中しなければいけません。この部分を修正してやっていきたいと思います。

(ケガから復帰した二人については?)美玖(小島選手)にしても、ちー(高村選手)にしても45分以上のプレーはしていませんでした。特に美玖は長期間をプレーしていなかった分、プレー時間は15分にしようかと思っていましたが、ゲームの流れからもう少しいけるだろうと、22・23分をプレーし、怪我なく試合を終えたことは次に繋がると思います。これからどんどんコンディションを上げてチームに貢献してもらいたいと思います。ちーについては、難しい状況で右サイドバックのポジションで入りましたが、しっかり守備のところで無難にこなしてくれましたので、二人ともよかったです。

(今後のポジション争いについては?)ポジション争いがあることはチームにとってはいいことです。それでも軸になるプレーヤーのパフォーマンスが上がってこなければ苦しくなるから、選手たちは責任を持ってプレーをしなければいけません。そのためのコンディション維持であったり、メンタルの部分を甘く考えていると、今後のリーグ戦に結果が繋がっていきませんから、しっかりと気を引き締めてやっていかなければいけないと思います。

選手コメント

[福村 香奈絵]
自分が出たパルセイロ戦は5失点で負けてしまっていたので、今日は無失点を目指してやっていた。ただ、それを達成できたことは良かったが、勝ちにつなげることはできなかったので、そこは課題だと思う。

今回は楓さんがケガで、センターバックがいつもと違った形になったが、春陽と麻友さんがしっかりやってくれていた。そこは良かったと思う。

(後半は風下で押し込まれた)後半に入ってからは、リスクマネジメントの部分で言えば、いいところもあったが、悪いところもあった。そこはセンターバック含めてディフェンスラインの選手としっかり話し合って、解決できるところは解決していく。

(決定機を防ぐ場面もあったが)ディフェンスが頑張って戻ってきてくれて、ファーのコースなどは切ってくれていた。自分は体で止めるだけだったので、落ち着いてプレーできた。

リーグカップの決勝トーナメント出場は叶わなかったが、次のベレーザ戦だったり、カップ戦のトーナメントが行われる2週間で、リーグ後半戦にいい形でつなげていけるようにチームとしてやっていければいいと思う。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP