最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦

  • 2017年06月21日(水)  19:00キックオフ  会場:デンカビッグスワンスタジアム 
  • 入場者数 2,338人  天候 雨のち曇  主審 柿沼 亨  副審 越智 新次  副審 坂本 晋悟
  • 第4の審判員 浅野 裕輝

10

アルビレックス新潟

試合終了
2 1 前半 1 1
0 後半 0
1 延長前半 0
0 延長後半 0

Banditonce

バンディオンセ加古川

  • 17分 加藤 大
  • 102分 西村 竜馬
得点者
  • 35分 福田 俊太
  • 56分 ロメロ フランク → 端山 豪
  • 64分 伊藤 優汰 → ホニ
  • 69分 本間 勲 → チアゴ ガリャルド
選手交代
  • 94分 仙石 大志朗 → 永井 裕人
  • 113分 石山 大地 → 渡辺 翔貴
  • 35分 川口 尚紀
警告
  • 105分 前原 徹
退場
17 シュート 7
4 GK 25
11 CK 2
14 直接FK 13
3 間接FK 4
0 PK 0
選手
  • 22 川浪 吾郎
GK
  • 1 津司 啓太
  • 24 川口 尚紀
  • 25 長谷川 巧
  • 33 西村 竜馬
  • 23 酒井 宣福
DF
  • 5 福田 俊太
  • 6 宮崎 舟
  • 24 吉中 波緒人
  • 15 本間 勲
  • 30 ロメロ フランク
  • 17 伊藤 優汰
  • 13 加藤 大
  • 49 鈴木 武蔵
MF
  • 18 石山 大地
  • 20 前原 徹
  • 8 長瀬 圭佑
  • 10 鈴木 玲央
  • 18 成岡 翔
FW
  • 11 栗本 優大
  • 13 花岡 諒
  • 23 仙石 大志朗
  • 21 守田 達弥
  • 4 ソン ジュフン
  • 10 チアゴ ガリャルド
  • 20 端山 豪
  • 29 森 俊介
  • 7 ホニ
  • 16 平松 宗
SUB
  • 21 河野 公寿
  • 2 永井 裕人
  • 3 勝又 隆太
  • 4 日向 翼
  • 14 小川 健介
  • 17 マセド ロベルト
  • 25 渡辺 翔貴
呂比須 ワグナー 監督 大塚 靖治

監督コメント

呂比須 ワグナー 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・カウンターに気をつけよう。ロングボールはしっかりはね返し、セカンドボールをものにしよう。

・もっとボールをシンプルに動かしてプレーしよう。そして勝ちに行こう。



【記者会見コメント】
こんばんは。もちろんいい内容で勝ちたかったのですが、悪い内容でも勝つことが大切と捉えなければなりません。やはりカップ戦の難しさを、選手たちも分かっていたと思います。もちろん人間ですからミスもあります。ミスした瞬間、特にセットプレーでは、最後まで誰かがマークにつかなければいけません。何が起こるか分からないところもあると、ミーティングのときにも話し合いました。

しかし、ある意味では、やられてからでも、点を取りに行くつもりでいましたから、ホームで勝ったので、次のステップに行かなければなりません。いくら点を入れたとしても練習でやっていた、もっとオーガナイズを考えること、またマッチアップで負けない気持ちで戦わなければいけません。

次の鹿島とのリーグ戦に向けた準備をしなければいけませんので、明日はリカバリーする人はリカバリーをして、次に向けてがんばっていきたいと思います。

選手コメント

[鈴木 武蔵]
こういうゲームになるのはある程度覚悟していた。向こうはこのワンチャンスにかけているので、がんばってくるのは当たり前。その中でも勝てたのは大きいし、最低限できたこと。こういう難しい戦いは内容うんぬんよりも勝つことが大事。それができて良かった。

試合内容は反省しかない。自分たちの思うようにできなかったのは悔しい思いがある。しかし、無理矢理でも切り替えて次に向かうしかない。

(タテに仕掛ける姿勢が試合経過とともに増えた)相手も疲れてくるので、自分のスピードを活かしていかなければいけないと思っていた。スピードを活かしていこうと考えていた。

しっかり休んで回復していくしかない。キツい試合だったが、栄養を摂って次に備えたい。鹿島は勝負強いし、先制をしても後半最後に逆転をする力がある。先制点も大事だが、鹿島は小さなスキでも突いてくる。要所で集中していかないと勝つことができない。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB

PAGE TOP