最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦

  • 2017年07月12日(水)  19:00キックオフ  会場:デンカビッグスワンスタジアム 
  • 入場者数 3,104人  天候 晴、無風  主審 三上 正一郎  副審 聳城 巧  副審 福岡 靖人
  • 第4の審判員 田中 玲匡

10

アルビレックス新潟

試合終了
2 1 前半 0 3
0 後半 1
1 延長前半 1
0 延長後半 1

16

セレッソ大阪

  • 24分 平松 宗
  • 95分 ホニ
得点者
  • 50分 山口 螢
  • 96分 リカルド サントス
  • 113分 木本 恭生
  • 48分 富澤 清太郎 → 西村 竜馬
  • 68分 矢野 貴章 → 鈴木 武蔵
  • 102分 平松 宗 → 端山 豪
選手交代
  • 65分 澤上 竜二 → リカルド サントス
  • 70分 酒本 憲幸 → 丸橋 祐介
  • 83分 山村 和也 → 藤本 康太
  • 40分 加藤 大
  • 77分 西村 竜馬
  • 90分 +4 ホニ
  • 111分 端山 豪
警告
  • 23分 酒本 憲幸
  • 100分 田中 裕介
  • 115分 福満 隆貴
退場
15 シュート 8
7 GK 13
5 CK 3
15 直接FK 19
2 間接FK 2
0 PK 1
選手
  • 21 守田 達弥
GK
  • 27 丹野 研太
  • 34 原 輝綺
  • 50 富澤 清太郎
  • 4 ソン ジュフン
  • 27 堀米 悠斗
DF
  • 3 茂庭 照幸
  • 5 田中 裕介
  • 15 木本 恭生
  • 20 酒本 憲幸
  • 8 小泉 慶
  • 13 加藤 大
  • 19 矢野 貴章
  • 10 チアゴ ガリャルド
  • 7 ホニ
MF
  • 7 関口 訓充
  • 10 山口 螢
  • 17 福満 隆貴
  • 24 山村 和也
  • 26 秋山 大地
  • 16 平松 宗
FW
  • 19 澤上 竜二
  • 22 川浪 吾郎
  • 33 西村 竜馬
  • 15 本間 勲
  • 20 端山 豪
  • 30 ロメロ フランク
  • 49 鈴木 武蔵
SUB
  • 1 圍 謙太朗
  • 4 藤本 康太
  • 14 丸橋 祐介
  • 13 丸岡 満
  • 16 水沼 宏太
  • 18 清原 翔平
  • 11 リカルド サントス
呂比須 ワグナー 監督 尹 晶煥

監督コメント

呂比須 ワグナー 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・ボールは動かせている。今まで続けてきたことを、勇気を持ってやっていこう。

・高いボールに負けているぞ。ロングボールに体を張って、セカンドボールは絶対に奪え。全員で声を出し、集中して勝ちにいこう。



【記者会見コメント】
こんばんは。今までの中で、一番私たちのやりたかったサッカーができたのではないかと思います。ボールを回すことができましたし、何度もチャンスを作ることができました。90分間は集中することができましたが、2-1のときにしっかりとマークし、早めに体をぶつけて、相手を自由にさせなければよかったです。

さらに2-2のときにも、2度3度とチャンスはありました。つながりながら攻撃すること、中から外、サイドチェンジからのクロスなどはできたと思います。それでも、最後は集中力が足りなかったのか、疲れが出てきたのか、どちらかはありました。

残念で、サポーターの皆様には、本当に申し訳ない結果に終わってしまいました。段々とよくなっては来ましたので、これからの2週間でもっと練習をしたいと思います。しっかりと決めるところで決められず、逆にやられてしまい、痛いです。悔しいです。

選手たちは今日、一生懸命に走り、ベストを尽くしましたが勝つことはできませんでした。今まで以上に練習をして、もっといい準備をしていきたいと思います。残りの16節は、ホームで勝たなければいけませんし、アウェイゲームでも勝ち、または引き分けにしていけば、結果につながると思いますので、最後までがんばっていきたいと思います。

選手コメント

[小泉 慶]
ひとりひとりがもっとボールを受ける意識、怖がらず受けることを意識していた。個人的にもボランチがボールを受けてナンボだと思うので、最初にゲームが始まる前に考えていたことだった。あとはアグレッシブさ、思い切りよく、潰すところは潰してを心がけていた。

それができていた部分もあるし、なかなか苦しい展開もあった。でも、内容はもちろん、今日終わった後にサポーターの皆さんがブーイングではなく、拍手をしてくれた。それは選手としては本当にありがたいことだし、言葉では表せないくらいの嬉しさがある。

もちろん今一番大事なのは結果だということは分かっている。内容が良くても、先制しても、大事なことは最後に勝っていること。前半勝っていてもそこで満足せず、先制した時にチームとしてどう戦うか。今日は先制をしても前から行くことを変えずに意識してやったが、そこがハマっていた部分もあった。

意思統一はできていたが、結果負けていることは何かが足りないということ。何が足りないかと言えば、もっと闘ったり、スキを突いたり。そういう賢さが1位でもあるセレッソは勝ち方を知っている。ちょっとした差が、こういう大きな差になるので、2日間休んで残留のためにしっかりやっていきたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP