最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2018明治安田生命J2リーグ 第2節

  • 2018年03月03日(土)  15:03キックオフ  会場:デンカビッグスワンスタジアム 
  • 入場者数 22,465人  天候 晴、無風  主審 小屋 幸栄  副審 村井 良輔  副審 細尾 基
  • 第4の審判員 辛島 宗烈

10

アルビレックス新潟

試合終了
1 1 前半 0 1
0 後半 1

72

松本山雅FC

  • 44分 矢野 貴章
得点者
  • 81分 セルジーニョ
  • 69分 坂井 大将 → 原 輝綺
  • 82分 ソン ジュフン → 端山 豪
  • 87分 河田 篤秀 → 田中 達也
選手交代
  • 60分 前田 直輝 → セルジーニョ
  • 60分 高崎 寛之 → 工藤 浩平
  • 76分 岩間 雄大 → 前田 大然
  • 77分 アレックス ムラーリャ
  • 86分 矢野 貴章
警告
退場
6 シュート 9
3 GK 8
3 CK 1
9 直接FK 15
4 間接FK 1
0 PK 0
選手
  • 38 アレックス ムラーリャ
GK
  • 1 守田 達弥
  • 24 川口 尚紀
  • 5 富澤 清太郎
  • 4 ソン ジュフン
  • 3 安田 理大
DF
  • 3 田中 隼磨
  • 31 橋内 優也
  • 4 飯田 真輝
  • 2 浦田 延尚
  • 6 磯村 亮太
  • 50 坂井 大将
  • 10 加藤 大
  • 33 高木 善朗
MF
  • 5 岩間 雄大
  • 14 パウリーニョ
  • 20 石原 崇兆
  • 25 前田 直輝
  • 19 矢野 貴章
  • 9 河田 篤秀
FW
  • 38 永井 龍
  • 9 高崎 寛之
  • 1 大谷 幸輝
  • 31 堀米 悠斗
  • 44 大武 峻
  • 20 端山 豪
  • 34 原 輝綺
  • 11 ターレス
  • 14 田中 達也
SUB
  • 30 ゴ ドンミン
  • 8 セルジーニョ
  • 10 工藤 浩平
  • 13 中美 慶哉
  • 23 岡本 知剛
  • 47 岩上 祐三
  • 7 前田 大然
鈴木 政一 監督 反町 康治

監督コメント

鈴木 政一 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・守備はロングボールにしっかり競って、セカンドボールを拾うこと。ボールを規制する意識を持とう。

・攻撃は展開と突破ができている。積極的にアクションを起こしていこう。

【記者会見コメント】
今日は前半からやろうとするサッカーの意識を持ってやれていました。後半は相手の仕掛けに対して、少し慌ててリズムを作られてしまうような守備が多く、ピンチを招いてしまいました。

最後は落ち着いて攻撃の方にもいけたのですが、結果は1-1ということでした。今日のこの経験を選手たちはしっかり学び、次に同じことが起きないようにしていきたいと思います。

選手コメント

[安田 理大]
前半、自分たちの時間帯もあったし、後半も最初は良かったが、讃岐戦同様に相手のパワープレーを受けてラインが下がり、相手のボランチやCBにプレッシャーに行けない状況が生まれてしまった。体力的に厳しい時間帯でも、盛り返す力を付けなければならない。

先制したし、何よりホームだし、何としても勝ち点3が欲しかったが、負けなかったことは最低限だとポジティブにとらえたい。ここからルヴァンカップ、リーグ戦と連戦になる。過密日程はチーム全員の力が必要になる。コンディションを整えて、次に準備したい。

(得点場面の手応えは?)今日の2トップは(矢野)貴章とカワ(河田)でフィジカルが強い。クロスボールにもしっかり競り勝てると思っていた。ヨシ(高木)も、以前から切り返して右足で上げるクロスに自信があると言っていたし、試合中にそれを積極的に出すよう僕も伝えて、その形のクロスからゴールが生まれたのは良かった。

ゲームコンディションは、試合を重ねれば上がってくる。失点はジュフンが足をつったタイミングだったが、そういうハプニングも試合では起こる。ジュフンの後にCBに下がった輝綺も途中交代からうまく試合に入り、プレーできていたと思う。最後はゴール前、しっかりマークしていなければならなかった。今週、トレーニングで確認していたのにやられてしまった。改善すべきところを改善する。

(自身のクロスは)もっと回数を増やさないといけない。良い(クロス)ボールもあったし、良くないボールもあった。自分に求められることをしっかりやり、さらにプラスアルファの部分をもっと出していきたい。

(初めてのホームゲームだったが?)スタジアムに入るときから、たくさんのサポーターの方がいてうれしかった。去年、自分はKリーグの2部でプレーしたが、ほとんどお客さんがいない試合ばかりだった。久しぶりに大きな声援に後押しされてのプレーは気持ちよかった。それだけに、余計にみなさんに勝利を届けたかった。今日、勝ち切れなかったことについて反省すべきところはしっかり反省し、次につなげたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
JCB
DAZN
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画

PAGE TOP