最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2018明治安田生命J2リーグ 第4節

  • 2018年03月17日(土)  14:03キックオフ  会場:ニッパツ三ツ沢球技場 
  • 入場者数 7,700人  天候 晴、中風  主審 廣瀬 格  副審 岩田 浩義  副審 高寺 恒如
  • 第4の審判員 竹田 和雄

26

横浜FC

試合終了
0 0 前半 2 3
0 後半 1

10

アルビレックス新潟

得点者
  • 34分 河田 篤秀
  • 43分 矢野 貴章
  • 74分 小川 佳純
  • 46分 佐藤 謙介 → レアンドロ ドミンゲス
  • 73分 渡邉 将基 → 北爪 健吾
  • 79分 野村 直輝 → 戸島 章
選手交代
  • 79分 矢野 貴章 → ターレス
  • 82分 坂井 大将 → 原 輝綺
  • 90分 +1 河田 篤秀 → 渡邉 新太
  • 62分 渡邉 将基
  • 81分 戸島 章
警告
退場
10 シュート 6
6 GK 9
4 CK 1
21 直接FK 20
1 間接FK 1
0 PK 0
選手
  • 21 山本 海人
GK
  • 1 大谷 幸輝
  • 2 藤井 悠太
  • 4 渡邉 将基
  • 20 カルフィン ヨン ア ピン
  • 17 武田 英二郎
DF
  • 3 安田 理大
  • 5 富澤 清太郎
  • 4 ソン ジュフン
  • 31 堀米 悠斗
  • 19 ジョン チュングン
  • 8 佐藤 謙介
  • 24 渡邊 一仁
  • 6 中里 崇宏
  • 7 野村 直輝
MF
  • 6 磯村 亮太
  • 50 坂井 大将
  • 10 加藤 大
  • 40 小川 佳純
  • 10 イバ
FW
  • 19 矢野 貴章
  • 9 河田 篤秀
  • 18 南 雄太
  • 33 川崎 裕大
  • 14 北爪 健吾
  • 25 石井 圭太
  • 40 レアンドロ ドミンゲス
  • 9 戸島 章
  • 11 三浦 知良
SUB
  • 21 渡辺 泰広
  • 17 伊藤 優汰
  • 26 戸嶋 祥郎
  • 33 高木 善朗
  • 34 原 輝綺
  • 11 ターレス
  • 16 渡邉 新太
タヴァレス 監督 鈴木 政一

監督コメント

鈴木 政一 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・いい守備対応はしているが、後半も突破のプレーに気をつけること。

・トライアングルを意識して、パスコースを作っていこう。ボールを動かして、もう1点取るぞ!

【記者会見コメント】
守備の部分でも速いロングボール、あるいはワンツー突破、ドリブル突破、そういう部分では、本当に最後まで選手たちが集中してゼロで守ってくれたと思います。

攻撃の方は、サイドからの崩しというよりは、どちらかと言えばクロスボールが多かったと思います。1点目も折り返しを河田がゴール前での動き出しのところなど、選手たちが意識を持ってやった結果だと思います。以上です。

選手コメント

[小川 佳純]
前半のチャンスは途中でボールが失速してミートすることができなかった。後半はしっかり決めることができて良かったと思います。

(得点シーンを振り返って)カワ(河田選手)が時間を作ってくれて、自分が一番いいタイミングでパスを出してくれたから、あれを決めなければいけないシーンだったし、イメージどおりのシュートが打てたから、ジェルソンのおかげです。

(ジェルソンのおかげというのは)ジェルソンはいつもキーパーコーチとして、キーパーを相手にゴールをたくさん決めているから、『キーパーはこうだから、こうすればゴールを決められる』と言ってくれるし、今日もハーフタイムに相手のキーパーの特徴を自分に伝えてくれた。『上を狙えば入る』と伝えてくれていたから、その通りに打ったら入った。ベンチではジェルソンが一番喜んでいたらしいが(笑)。

(得点でホッとしたか)それよりもチームが勝てたことが非常に嬉しい。やはり1勝2分で来て、ここで負けるのと勝つのでは大きく違うから、内容的にすごくよかったかと言われれば、決してそういうことではないが、守備の面では全員が集中していた。特にセンターバックの二人とフォワードの二人はすごくがんばってくれた。前半から前線からの守備が非常に効いていたし、その結果、相手のミスを誘発していた。前半は前の二人が良かったと思うし、後半はセンターバックの二人が本当に良かったと思う。チームとして無失点で抑えられたのは本当に良かった。

(これを続けるべきか)横浜FCもイバ選手やレアンドロ選手、両サイドもそうだが、非常に攻撃陣は実力のあるチームだと思っていたから、そういうチームを無失点で抑えたのは自信になったと思う。これから、いい流れでいけるのではという手応えを、試合が終わって感じている。

(矢野選手の3戦連続ゴールについて)カンペーさん(富澤選手)もそうだが、貴章や自分などのおじさんたちが、まだまだ結果出して、まだまだできるぞというのをこうやって見せていければ、若い選手ももっとやらなければと感じてくれるだろう。こうしてチームとして上の選手が引っ張っていければ、もっと良くなると思うという気持ちでやっている。貴章も素晴らしい仕事をしてくれているから、言うことはない。


ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ユニフォーム
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
JCB
DAZN
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画

PAGE TOP