最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2018明治安田生命J2リーグ 第5節

  • 2018年03月21日(水)  15:33キックオフ  会場:デンカビッグスワンスタジアム 
  • 入場者数 12,796人  天候 曇、弱風  主審 吉田 哲朗  副審 中野 卓  副審 佐藤 貴之
  • 第4の審判員 小野 裕太

10

アルビレックス新潟

試合終了
0 0 前半 0 1
0 後半 1

32

愛媛FC

得点者
  • 86分 丹羽 詩温
  • 67分 矢野 貴章 → ターレス
  • 82分 高木 善朗 → 伊藤 優汰
選手交代
  • 63分 有田 光希 → 丹羽 詩温
  • 82分 小暮 大器 → 上原 慎也
  • 90分 +2 神谷 優太 → 河原 和寿
  • 51分 矢野 貴章
  • 71分 ターレス
警告
  • 34分 小暮 大器
  • 75分 安藤 淳
  • 90分 +1 小池 純輝
退場
8 シュート 9
6 GK 9
4 CK 7
17 直接FK 10
2 間接FK 5
0 PK 0
選手
  • 1 大谷 幸輝
GK
  • 1 岡本 昌弘
  • 3 安田 理大
  • 5 富澤 清太郎
  • 4 ソン ジュフン
  • 31 堀米 悠斗
DF
  • 23 林堂 眞
  • 2 山崎 浩介
  • 24 池田 樹雷人
  • 34 原 輝綺
  • 6 磯村 亮太
  • 10 加藤 大
  • 33 高木 善朗
MF
  • 16 田中 裕人
  • 8 安藤 淳
  • 14 小池 純輝
  • 5 前野 貴徳
  • 19 矢野 貴章
  • 9 河田 篤秀
FW
  • 17 小暮 大器
  • 9 有田 光希
  • 10 神谷 優太
  • 21 渡辺 泰広
  • 24 川口 尚紀
  • 44 大武 峻
  • 17 伊藤 優汰
  • 26 戸嶋 祥郎
  • 11 ターレス
  • 16 渡邉 新太
SUB
  • 31 パク ソンス
  • 3 玉林 睦実
  • 6 野澤 英之
  • 7 近藤 貴司
  • 15 丹羽 詩温
  • 20 河原 和寿
  • 26 上原 慎也
鈴木 政一 監督 間瀬 秀一

監督コメント

鈴木 政一 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・攻撃は、横―横の動きではなく、トライアングルを意識して、いいタイミングで動くこと。

・守備はピッチ状況を考えて、常に「もしかして」を意識してプレーすること。

・もう一度、スタートから集中していこう。

【記者会見コメント】
前半は思うように新潟のサッカーができなかった印象です。ハーフタイムにその原因を伝えて、後半はアルビらしいサッカーができたのではと思います。

しかし、ああいうゲームの中ではどうしても点を取りたいという焦りなどのいろいろな問題があり、最終的にはセットプレーで得点を取られてしまいました。そして、こういう結果になってしまうという、サッカーではよくある話ですが、これをよくある話で終えずに、こういう時ほど守備で集中しなければいけません。こういう時だからこそ、守備でやることをやらなければいけないという部分の、いい判断材料になったと思います。

次に向けて私たちは、一戦一戦チームのレベルアップを図らなければいけません。勝つという宿命もありますので、次に向けて準備をしていきたいと思います。以上です。

選手コメント

[大谷 幸輝]
(セットプレーでは)失点の前から何度か相手に先に触られてしまう場面があって、それを繰り返していれば、あのような形で失点につながってしまう。そこはもっとみんなで集中して守らなければいけなかった。

前半からセットプレーのマークがあいまいなところがあった。相手が蹴る前に、もっと自分たちが早く準備をして、そこからしないといけなかった。ボールをお見合いしてしまう場面もあったし、全体的にもっとピリッとさせないといけなかった。

(好守もあったが)最終ラインと僕のところでは、ロングボールに対してしっかり競れている時でも、相手のカウンターへの準備はしていた。一発でやられる場面はなかったのは良かったが、結果として負けてしまっている。これをしっかり勝ちにつなげられるようにしないといけない。

今回負けてしまったが、負けた後の試合で勝てるか、やられてしまうかで、これから先の戦いも違ってくると思う。次まで3日しかないが、強い気持ちを持って、ホームで勝てるように準備していきたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
JCB
DAZN

PAGE TOP