最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2018明治安田生命J2リーグ 第7節

  • 2018年04月01日(日)  13:03キックオフ  会場:えがお健康スタジアム 
  • 入場者数 4,691人  天候 晴、弱風  主審 清水 修平  副審 戸田 東吾  副審 西水流 優一
  • 第4の審判員 村田 裕介

36

ロアッソ熊本

試合終了
3 2 前半 0 1
1 後半 1

10

アルビレックス新潟

  • 24分 安 柄俊
  • 26分 安 柄俊
  • 55分 八久保 颯
得点者
  • 73分 安田 理大
  • 69分 安 柄俊 → 巻 誠一郎
  • 77分 中山 雄登 → 上村 周平
  • 82分 皆川 佑介 → 佐野 翼
選手交代
  • 57分 堀米 悠斗 → 戸嶋 祥郎
  • 66分 坂井 大将 → 渡邉 新太
  • 71分 河田 篤秀 → ターレス
  • 90分 +2 佐藤 昭大
警告
  • 35分 磯村 亮太
退場
10 シュート 9
9 GK 7
7 CK 6
11 直接FK 8
8 間接FK 0
0 PK 1
選手
  • 30 佐藤 昭大
GK
  • 1 大谷 幸輝
  • 23 小谷 祐喜
  • 15 青木 剛
  • 4 園田 拓也
DF
  • 34 原 輝綺
  • 5 富澤 清太郎
  • 4 ソン ジュフン
  • 14 田中 達也
  • 27 中山 雄登
  • 32 米原 秀亮
  • 19 八久保 颯
  • 2 黒木 晃平
MF
  • 50 坂井 大将
  • 6 磯村 亮太
  • 3 安田 理大
  • 31 堀米 悠斗
  • 10 加藤 大
  • 9 河田 篤秀
  • 9 安 柄俊
  • 11 皆川 佑介
FW
  • 19 矢野 貴章
  • 1 畑 実
  • 5 植田 龍仁朗
  • 24 高瀬 優孝
  • 8 上村 周平
  • 22 上原 拓郎
  • 17 佐野 翼
  • 18 巻 誠一郎
SUB
  • 21 渡辺 泰広
  • 44 大武 峻
  • 17 伊藤 優汰
  • 26 戸嶋 祥郎
  • 11 ターレス
  • 14 田中 達也
  • 16 渡邉 新太
渋谷 洋樹 監督 鈴木 政一

監督コメント

鈴木 政一 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・守備でのマーキングをアバウトにしないこと。
 連続したプレッシャーでボールを奪おう。

・止まっていては攻撃にならないぞ。
 アクションを起こしていこう。

・集中して追いつき、追い抜くぞ!

【記者会見コメント】
高さ的な問題も含めて新しく準備をした中で、やるサッカーは一緒ですと言ってスタートしました。やはりボールがフリーな状況の時はインサイドということは、4枚でも3枚でも一緒なのですが、少し近くに味方がいるとアバウトになってしまう。そういうところから失点しました。

また、その後のマーキングの問題ですが、これはどちらかといえばチームというよりも個の問題です。そのマーキングの問題などで失点をしてしまいました。しかし、後半はもう一度その部分を修正し、意識をもってやろうと言い、いいリズムでプレーする時間もありました。やはり前線の選手が動かなければなりませんし、止まっていてはいけませんという話の中で、動き出した部分もありチャンスをつくったというのもあります。

次のゲームに向けて修正しなければいけない悪いところや、いいところを明確に選手たちと共有して臨みたいと思います。

選手コメント

[安田 理大]
前節からフォーメーションは3枚に変わった。立ち上がりに変わった部分からやられてしまい、あれで本当にゲームを難しくしてしまった。J2は1試合1試合、本当に大事だが、今後に向けてのいい教訓になったというか、はっきりすべきところが分かったから、次につなげていかなければいけない敗戦となった。

(PKのキッカーであったが)最初から決まっていたこと。コースはキーパーの動きを見て蹴った。去年に韓国でプレーしていて、終盤のカップ戦などではPKで試合が決まることが多く、その中で自分は及び腰で蹴らずにゲームが決まってしまった。その経験から克服する意味でも今年はPKの練習をしていたから、落ち着いて決めることができた。

(移籍後初ゴールの感想)個人的にはよかったが、チームの勝利を一番に求めているから、それを叶えられなかったことはサポーターに申し訳ない。一年でJ1昇格を目標にしている中での痛い敗戦だった。今週はミッドウィークにルヴァンカップもあるし、しっかりと前を向いていい準備をして、次のホームでしっかりと勝点3を取りたいと思う。

(システム変更の良さはあったか)個人的には前の方で仕事をする機会が増えたことがよかった。あとは前線に人も多くポゼッションができたこと。後半はほぼボールを持てていたし、あの展開が前半からできていたら、もっといい試合運びができたはず。たらればを言っても仕方ないが、いいイメージは残し、ダメだったところや、やられてしまった人は、その本人が一番分かっていることだから、そうならないようにしっかりやっていきたい。

(前半には何度かクロスを上げていたが)ボールを触る機会が多いと自分自身であったり、前半であれば貴章くん(矢野選手)やカワ(河田選手)、交代で入るターレスはクロスボールにどんどんと入ってくれるから、クロスは上げやすい。その回数を増やして、得点につながるような精度の高いボールをもっと上げられるように練習していきたい。

(次節のホームに向けての意気込み)岡山は今年、調子のいいチーム。その勢いに負けないように、多くのサポーターも自分たちの後ろにはついてくれているから、その力も借り、背負っている自覚も持って、最初からアグレッシブにやっていきたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ユニフォーム
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
JCB
DAZN
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画

PAGE TOP