最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2018明治安田生命J2リーグ 第9節

  • 2018年04月15日(日)  14:03キックオフ  会場:栃木県グリーンスタジアム 
  • 入場者数 6,630人  天候 曇のち晴、無風  主審 笠原 寛貴  副審 藤澤 達也  副審 阿部 将茂
  • 第4の審判員 野堀 桂佑

21

栃木SC

試合終了
2 0 前半 0 1
2 後半 1

10

アルビレックス新潟

  • 54分 大黒 将志
  • 63分 服部 康平
得点者
  • 90分 +1 安田 理大
  • 77分 久富 良輔 → 福岡 将太
  • 86分 大黒 将志 → 榊 翔太
  • 90分 +2 西谷 和希 → 浜下 瑛
選手交代
  • 58分 河田 篤秀 → ターレス
  • 64分 高木 善朗 → 渡邉 新太
  • 86分 矢野 貴章 → 田中 達也
  • 22分 久富 良輔
  • 90分 ネイツ ペチュニク
警告
  • 82分 矢野 貴章
退場
9 シュート 7
8 GK 7
5 CK 10
11 直接FK 15
1 間接FK 1
0 PK 0
選手
  • 15 ジョニー レオーニ
GK
  • 38 アレックス ムラーリャ
  • 19 服部 康平
  • 3 西河 翔吾
  • 30 田代 雅也
DF
  • 34 原 輝綺
  • 2 広瀬 健太
  • 4 ソン ジュフン
  • 3 安田 理大
  • 27 久富 良輔
  • 5 ヘニキ
  • 11 岡崎 建哉
  • 14 西谷 和希
  • 24 和田 達也
MF
  • 50 坂井 大将
  • 10 加藤 大
  • 33 高木 善朗
  • 40 小川 佳純
  • 9 大黒 将志
  • 25 ネイツ ペチュニク
FW
  • 9 河田 篤秀
  • 19 矢野 貴章
  • 1 竹重 安希彦
  • 7 菅 和範
  • 17 福岡 将太
  • 29 川田 拳登
  • 21 牛之浜 拓
  • 37 浜下 瑛
  • 16 榊 翔太
SUB
  • 1 大谷 幸輝
  • 5 富澤 清太郎
  • 6 磯村 亮太
  • 26 戸嶋 祥郎
  • 11 ターレス
  • 14 田中 達也
  • 16 渡邉 新太
横山 雄次 監督 鈴木 政一

監督コメント

鈴木 政一 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・攻撃は急がず、ボールを落ちつかせること。
 互いの距離を意識し、チャンスでシュートを打とう。

・立ち上がりから集中して勝ちにいこう。

【記者会見コメント】
結果が出ていないことについて、サポーターの皆さんやクラブの皆さんには、本当に迷惑をかけていて、申し訳なく思います。しかし、選手たちは最後まで諦めずに、得点を取るというプレーを90分間、見せてくれました。必ず次につなげていきたいと思います。以上です。

選手コメント

[安田 理大]
ゴールは決めたが、チームが勝てなかったことの方が残念。ロングスロー2発でやられて、前節から負けが続いた。今日も勝ち切れなかったことに対して、サポーターに申し訳ない、の一言。

前節よりはボールも自分たちの思うように動かせたし、持てる時間も長くなったが、そのわりに怖いプレーは少なかった。なかなかシュートまで持ち込めない時間も多かった。ボールを保持しているなら、しっかり最後はシュートやクロスで終わるといったプレーをしていかなければ、相手にとって怖くない。いいところも悪いところも出たが、まだ試合は続く。前を向いてやっていきたい。

(ゴールは)あの形は練習でもやっていた。あそこに来たらボールを止めてシュート、というのはボールが来る前から決めていた。トラップさえ問題なければ決める自信はあったので、トラップした時点で「シュートは入るな」と思っていた。

今日もスタジアムに、アウェイにも関わらず多くの新潟サポーターが来られていた。その来てくれた人たちに勝利をプレゼントしたかったが、非常に申し訳ないがそれができなかった。(ルヴァン・仙台戦をはさんで)次はホームで大宮戦。J1から降格した同士の難しい戦いになるが、相手のことを考えるより、自分たちがアグレッシブに、ポジティブにプレーをしてサポーターの皆さんに勝利を届けられるように準備をしていきたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
JCB
DAZN

PAGE TOP