最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2018明治安田生命J2リーグ 第20節

  • 2018年06月24日(日)  18:03キックオフ  会場:町田市立陸上競技場 
  • 入場者数 5,009人  天候 晴、弱風  主審 岡部 拓人  副審 森川 浩次  副審 田尻 智計
  • 第4の審判員 高寺 恒如

50

FC町田ゼルビア

試合終了
0 0 前半 0 0
0 後半 0

10

アルビレックス新潟

得点者
  • 46分 吉濱 遼平 → 平戸 太貴
  • 73分 森村 昂太 → ロメロ フランク
  • 84分 杉森 考起 → 土居 柊太
選手交代
  • 71分 ターレス → 矢野 貴章
  • 90分 加藤 大 → 田中 達也
  • 87分 鈴木 孝司
警告
退場
6 シュート 2
7 GK 17
14 CK 3
14 直接FK 19
5 間接FK 2
0 PK 0
選手
  • 1 福井 光輝
GK
  • 38 アレックス ムラーリャ
  • 2 奥山 政幸
  • 3 藤井 航大
  • 5 深津 康太
  • 17 下坂 晃城
DF
  • 34 原 輝綺
  • 5 富澤 清太郎
  • 2 広瀬 健太
  • 3 安田 理大
  • 7 杉森 考起
  • 15 井上 裕大
  • 29 森村 昂太
  • 14 吉濱 遼平
MF
  • 23 柳 育崇
  • 16 渡邉 新太
  • 26 戸嶋 祥郎
  • 10 加藤 大
  • 9 河田 篤秀
  • 30 中島 裕希
  • 9 鈴木 孝司
FW
  • 11 ターレス
  • 21 高原 寿康
  • 4 チョン ハンチョル
  • 8 平戸 太貴
  • 10 土岐田 洸平
  • 19 土居 柊太
  • 24 ロメロ フランク
  • 20 ドリアン バブンスキー
SUB
  • 1 大谷 幸輝
  • 29 渡邊 泰基
  • 44 大武 峻
  • 33 高木 善朗
  • 6 磯村 亮太
  • 14 田中 達也
  • 19 矢野 貴章
相馬 直樹 監督 鈴木 政一

監督コメント

鈴木 政一 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・クリアボールの動きを予測して、セカンドボールを拾うこと。

・後半立ち上がりから積極的にいこう。

【記者会見コメント】
勝点3を大きな目標として来ましたが、取れなかったのは残念です。前半、速いサッカーへの対応、こぼれを拾う場面はありましたが、後半はチャンスをつくってくれました。しかし、得点にはいたらず、勝点1という結果は残念です。以上です。

選手コメント

[アレックス ムラーリャ]
新しいシステムに慣れるまで、ロングボールやセカンドボールへの反応が良くなかったが、後半は柳のヘディングの強さをチームとして生かせたし、彼がすべて解決してくれた。町田の嫌な部分を消すことができた。

(後半はこちらが攻めに出た分、カウンターをしばしば受けたが?)まずは失点しないことが大事だった。最後、オープンに攻め合うのはサッカーの醍醐味。そこで仕留めるか、守り切るか。今日は両チームとも、最後まで意図のある戦いをやり切った。その上での勝点1だから、決して悪い結果ではない。

甲府戦は、不甲斐ない試合をしてしまった。だがワールドカップでも5失点してしまうこともある。その次に向かうのは簡単ではないが、私たちは限られた時間の中でやるべきことを整理し、監督の指示のもとに戦うことができた。何より前回、何度もやられたセットプレーでは守り切った。甲府戦よりも倍近いCKだったと思う。良い準備をして問題点を修正し、守る力が付いてきたことを示せた。

柳に関しては、初めてのリーグ戦で、いいスタートを切れたのではないか。監督やスタッフが町田をしっかりと分析し、いいトレーニングもできた。ベストは勝ち点3を取ることだったが、それに近い勝点1になった。

しっかり準備して、それを発揮するのがゲーム。GKという立場からすれば、無失点に抑えたことは当然の仕事ではあるが、やはり簡単なことではない。良いゲームができたと感じている。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
JCB
DAZN
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画

PAGE TOP