最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2018明治安田生命J2リーグ 第32節

  • 2018年09月08日(土)  19:03キックオフ  会場:デンカビッグスワンスタジアム 
  • 入場者数 11,274人  天候 雨時々曇、無風  主審 大坪 博和  副審 山際 将史  副審 村田 裕介
  • 第4の審判員 藤澤 達也

10

アルビレックス新潟

試合終了
5 3 前半 0 0
2 後半 0

29

FC岐阜

  • 18分 河田 篤秀
  • 35分 河田 篤秀
  • 42分 河田 篤秀
  • 51分 戸嶋 祥郎
  • 64分 小川 佳純
得点者
  • 57分 田中 達也 → 小川 佳純
  • 67分 渡邉 新太 → 高木 善朗
  • 84分 河田 篤秀 → 伊藤 優汰
選手交代
  • 46分 薮内 健人 → 長沼 洋一
  • 57分 石川 大地 → 山岸 祐也
  • 77分 小野 悠斗 → ミシャエル
  • 86分 高木 善朗
警告
  • 41分 竹田 忠嗣
  • 90分 福村 貴幸
退場
15 シュート 4
6 GK 10
2 CK 0
13 直接FK 16
2 間接FK 5
0 PK 0
選手
  • 38 アレックス ムラーリャ
GK
  • 25 ビクトル
  • 24 川口 尚紀
  • 2 広瀬 健太
  • 44 大武 峻
  • 29 渡邊 泰基
DF
  • 2 阿部 正紀
  • 3 竹田 忠嗣
  • 27 イヨハ 理 ヘンリー
  • 16 福村 貴幸
  • 10 加藤 大
  • 32 カウエ
  • 26 戸嶋 祥郎
  • 16 渡邉 新太
MF
  • 23 小野 悠斗
  • 31 宮本 航汰
  • 30 中島 賢星
  • 9 河田 篤秀
  • 14 田中 達也
FW
  • 7 田中 パウロ淳一
  • 18 石川 大地
  • 19 薮内 健人
  • 1 大谷 幸輝
  • 3 安田 理大
  • 4 ソン ジュフン
  • 13 梶山 陽平
  • 17 伊藤 優汰
  • 33 高木 善朗
  • 40 小川 佳純
SUB
  • 21 原田 祐輔
  • 15 田森 大己
  • 26 長沼 洋一
  • 6 三島 頌平
  • 9 山岸 祐也
  • 24 難波 宏明
  • 33 ミシャエル
片渕 浩一郎 監督 大木 武

監督コメント

片渕 浩一郎 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・守備はオーガナイズしているときに、もっとプレスをしていこう。

・相手が変化してきたときの対応のため、コミュニケーションを続けること。

・立ち上がりから積極的に行こう。サブもいるから信じて全力を出そう。

【記者会見コメント】
今日も1万人を超えるサポーターに足を運んでいただきました。そのサポーターの皆様に勝点3をホームで5ヵ月半ぶりに届けることができて、非常に嬉しく思います。その反面、これまでいろいろと待たせてしまい、申し訳なかったという気持ちも、もちろんあります。

今日のゲームに関しては、新潟らしくみんなでハードワークすることをお見せできたと思っています。守備においてもアグレッシブに奪いに行く、攻撃については相手の背後や、嫌なところにランニングする、ボールを入れていく。結果的にその副産物で、いい形で点を取れましたし、それも5得点できたことは評価できると思います。

守備も前線からしっかりプレスをかけること、セカンドボールを拾うこと、もちろん90分の中で押し込まれる時間帯もありましたが、結果的にゼロで抑えられたのは評価できることだと思います。

しかし、まだ修正しなければいけないことやクオリティを上げなければいけないことはたくさんあります。今日のゲームをベースに最低限として、よりクオリティを上げていくことや、細部のディティールにこだわっていくことを選手に要求していきたいと思っています。

選手コメント

[川口 尚紀]
アグレッシブに戦った結果。1アシスト目はボールを受けたときに1対1だったので、行けると思った。あとはしっかりクロスを上げれば、カワくん(河田篤秀)がそこに入って来てくれると思っていた。チームとしての共通理解もあった。

試合の最初から、こちらのサイドに人数を掛けてくるのは感じていた。自分の背後のケアをしっかりしていれば問題なかったし、逆に相手のサイドバックとサイドハーフの守備の受け渡しがスムーズではなかったので、(広瀬)健太くんがボールを持ち上がると自分や(戸嶋)祥郎がフリーになった。先制点は、そういうところを突けた。健太くんがよく見てパスを出してくれたし、祥郎もタイミングよく背後のスペースに走ってくれたので、そこにパスを出せた。

(4バックの幅が狭かったのは)ショートパスをつないでくる岐阜に、4バックの間にパスを通させないため。チャレンジ&カバーをしっかりできた。サイドにボールを出されてもスライドする時間は十分にあった。

今シーズンの初めから積み重ねてきたものに、フチさん(片渕監督)がハードワーク、アグレッシブさというものを付け加えてくれて、この勝利につながった。新潟らしいサッカーができた。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ユニフォーム
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
JCB
DAZN
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画

PAGE TOP