最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2018明治安田生命J2リーグ 第34節

  • 2018年09月23日(日)  14:03キックオフ  会場:ケーズデンキスタジアム水戸 
  • 入場者数 7,110人  天候 曇、弱風  主審 井上 知大  副審 高寺 恒如  副審 田島 宏則
  • 第4の審判員 赤坂 修

20

水戸ホーリーホック

試合終了
0 0 前半 0 1
0 後半 1

10

アルビレックス新潟

得点者
  • 80分 矢野 貴章
  • 73分 田中 恵太 → 茂木 駿佑
  • 82分 木村 祐志 → バティスタ
  • 82分 田向 泰輝 → 浜崎 拓磨
選手交代
  • 61分 河田 篤秀 → 矢野 貴章
  • 67分 田中 達也 → 高木 善朗
  • 82分 渡邊 泰基 → 原 輝綺
  • 84分 茂木 駿佑
  • 90分 +2 バティスタ
警告
退場
9 シュート 9
10 GK 9
7 CK 1
22 直接FK 16
1 間接FK 4
0 PK 0
選手
  • 50 松井 謙弥
GK
  • 38 アレックス ムラーリャ
  • 2 田向 泰輝
  • 5 伊藤 槙人
  • 24 細川 淳矢
  • 6 ジエゴ
DF
  • 24 川口 尚紀
  • 2 広瀬 健太
  • 44 大武 峻
  • 29 渡邊 泰基
  • 13 田中 恵太
  • 8 前 寛之
  • 26 小島 幹敏
  • 10 木村 祐志
  • 46 伊藤 涼太郎
MF
  • 10 加藤 大
  • 32 カウエ
  • 26 戸嶋 祥郎
  • 16 渡邉 新太
  • 9 ジェフェルソン バイアーノ
FW
  • 9 河田 篤秀
  • 14 田中 達也
  • 1 本間 幸司
  • 3 浜崎 拓磨
  • 33 福井 諒司
  • 18 白井 永地
  • 27 茂木 駿佑
  • 40 岸本 武流
  • 47 バティスタ
SUB
  • 1 大谷 幸輝
  • 3 安田 理大
  • 18 渡邊 凌磨
  • 33 高木 善朗
  • 34 原 輝綺
  • 36 本間 至恩
  • 19 矢野 貴章
長谷部 茂利 監督 片渕 浩一郎

監督コメント

片渕 浩一郎 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・守備はしっかりオーガナイズすること。

・攻撃は落ち着いて、揺さぶっていこう。

【記者会見コメント】
まず、この水戸の地まで2,700人のサポーターの皆様に足を運んでいただきました。非常にありがたいですし、そのサポーターの皆様に勝点3を届けることができたことに関してはすごくうれしく思います。

今日のゲームに関しては、非常にハードなゲームになることは予想通りでした。お互いに連勝してきて、その波に乗っていきたいというすごく大事なゲームでした。ただでさえ気持ちが入るゲームになると予想していましたので、こういう展開になると考えていました。

ただ、前半をイーブンで終えたことが、我々にすごく勇気を与えてくれました。46分から90分までのゲームというのは、我々はどのゲームでも支配できる自信があります。そこのところも、今日はなかなかボールを握れませんでしたけれども、集中力を切らさずに、みんながチームの勝ちのために戦ってくれたのは非常に評価できます。

結果的に3連勝とはなっていますけれども、3つとも勝ち方が違うというか、ひとつひとつの難しいゲームを勝ちに持っていけているということに、少しずつ手応えを感じているところです。まだまだ我々の置かれている状況は変わらないですし、順位的にもそんなに変わらないと思います。いい準備をして、岡山戦に向かっていきたいと思っています。以上です。

選手コメント

[矢野 貴章]
前線で体を張り、しっかりとボールをキープすることや、ゴールまで力を発揮することを意識して試合に入った。

(相手の攻撃に手を焼いていたが)自分が途中から入る前から失点せずに来られたことが今日の勝利につながったと思う。

(3連勝における収穫は)守備の改善というか、失点をゼロで抑えていけば勝ちにつながると思うし、安定感が今のチームの好調さを支えているところ。試合に出ている11人だけではなく、前回の至恩(本間選手)のゴールを例に、途中から入った選手が活躍するのも大切なこと。選手一人ひとりが自分の役割を理解してプレーしていることは収穫だと思う。

(次節に向けて)今日もホームのような声援を送ってくれたサポーターと、4連勝目指してがんばりたいと思う。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
JCB
DAZN
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画

PAGE TOP