最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2018明治安田生命J2リーグ 第36節

  • 2018年10月06日(土)  14:03キックオフ  会場:デンカビッグスワンスタジアム 
  • 入場者数 15,892人  天候 晴、無風  主審 小屋 幸栄  副審 中野 卓  副審 イ サンギ
  • 第4の審判員 竹田 和雄

10

アルビレックス新潟

試合終了
2 1 前半 0 1
1 後半 1

54

カマタマーレ讃岐

  • 25分 カウエ
  • 59分 田中 達也
得点者
  • 90分 +2 原 一樹
  • 59分 河田 篤秀 → ターレス
  • 64分 田中 達也 → 高木 善朗
  • 80分 渡邉 新太 → 矢野 貴章
選手交代
  • 64分 佐々木 渉 → 重松 健太郎
  • 64分 我那覇 和樹 → 原 一樹
  • 72分 アレックス → 西 弘則
警告
退場
15 シュート 10
9 GK 12
3 CK 6
11 直接FK 9
1 間接FK 6
0 PK 0
選手
  • 38 アレックス ムラーリャ
GK
  • 1 清水 健太
  • 24 川口 尚紀
  • 2 広瀬 健太
  • 44 大武 峻
  • 29 渡邊 泰基
DF
  • 4 荒堀 謙次
  • 30 竹内 彬
  • 5 麻田 将吾
  • 31 アレックス
  • 10 加藤 大
  • 32 カウエ
  • 26 戸嶋 祥郎
  • 16 渡邉 新太
MF
  • 10 高木 和正
  • 28 田中 英雄
  • 14 佐々木 渉
  • 25 岡村 和哉
  • 17 佐々木 匠
  • 14 田中 達也
  • 9 河田 篤秀
FW
  • 9 我那覇 和樹
  • 1 大谷 幸輝
  • 3 安田 理大
  • 5 富澤 清太郎
  • 33 高木 善朗
  • 34 原 輝綺
  • 11 ターレス
  • 19 矢野 貴章
SUB
  • 16 ソン ヨンミン
  • 3 中島 大貴
  • 15 市村 篤司
  • 23 西 弘則
  • 26 濱口 草太
  • 19 重松 健太郎
  • 20 原 一樹
片渕 浩一郎 監督 北野 誠

監督コメント

片渕 浩一郎 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
・守備はメリハリをもってボールにプレスをかけにいこう。

・攻撃はダイレクトプレーを使って進入していこう。

・何が起こるかわからないぞ。立ち上がりに集中して、2点目を取りにいこう。

【記者会見コメント】
まず、3連休の初めの日に、1万5千人ものサポーターの方々がビッグスワンへ足を運んでいただいたことに、心より感謝しています。今日もサポーターの方々に勝点を届けることができて、喜びを感じています。しかし、2得点した後のゲーム運び、最後の失点にはまだまだ我々に隙があると思っています。

このゲームは、2-0であったり、3点目、4点目を取るチャンスはありました。そこで取れなかったクオリティや執着心に、まだ甘さもありますし、この1失点が、これからの6試合、42節がすべて終わったときに、意味を持つかもしれません。そのように危機感を常に持たなければなりません。常に勝負するということを再確認させられたゲームでした。

プラスに捉えれば、以前のホームで1-5の大差で敗れた甲府との戦いになります。その甲府戦に向けて、集中しなければなりませんし、もっとチームとしてやらなければならないことを、突きつけられたのは良かったかもしれません。もし、今日のゲームを大差で勝ったとしたら、ふわふわした状態でアウェイに乗り込んで、痛い目に合いかねません。そういう意味では、今日に気づかされたものを、また1週間のトレーニングに取り組んで、甲府を相手にどこまでできるか、借りを返さなければなりませんので、この1失点はいい薬になると思っています。

勝点を取れたこと、選手がハードワークしてくれたことは評価していきたいと思いますし、続けていきたいと思います。

選手コメント

[加藤 大]
今日は非常に疲れた。後半のように、セカンドボールを拾えなくなるときつくなる。そこは今、チームとして改善しようとしているところ。終盤、ディフェンダー陣が跳ね返してくれた後、もっともっとボールを拾わなければならない。継続して取り組む。

アグレッシブな入り方はどの試合でも一緒だが、そこから相手に応じて戦いを進められるようになってきた。今日も前半の途中から、ボールを動かしながら相手がゴール前を固めてきているのを感じたので、ただボールを入れるのではなく、一つ揺さぶりを入れたりボランチのところでコントロールしながらプレーできた。そこも、継続しないといけない。

なかなかボールにプレッシャーに行けなくなった終盤は、もっと距離感よくやらなければならないという反省がある。失点場面もセカンドボールを拾えなかったから。大きくクリアするか、つなぐのであれば相手が取りに来ていない方の足にボールを転がさなければならなかった。

あとは達さんがベンチに退くと、セカンドボールを拾うことだったり、パスを引き出す動きが減ってしまう。終盤の苦しい時間帯こそ、間、間でボールを受けるように声掛けしたい。ボールを奪った後のところを今日は大事にできず、相手に簡単に渡してしまった。それが疲労の原因でもある。

CKでのアシストは、チームとしての狙い通り。練習でも同じようなシーンがあったし、うまく合わせてくれた。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
JCB
DAZN
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画

PAGE TOP