最新試合結果

TOP > 試合情報を知りたい > 最新試合結果

2017プレナスなでしこリーグカップ1部 予選リーグ 第5節

  • 2017年06月24日(土)  17:00キックオフ  会場:長野Uスタジアム(南長野運動公園総合球技場) 
  • 入場者数 5,645人  天候 曇  主審 手代木 直美  副審 寺嶋 正樹  副審 高木 良輔
  • 第4の審判員 森 広導

Nagano

AC長野パルセイロ・レディース

試合終了
5 4 前半 0 2
1 後半 2

10

アルビレックス新潟レディース

  • 20分 児玉 桂子
  • 28分 横山 久美
  • 42分 齊藤 あかね
  • 44分 横山 久美
  • 73分 山崎 円美
得点者
  • 61分 園田 瑞貴
  • 77分 園田 瑞貴
  • 61分 野口 彩佳 → 山崎 円美
  • 72分 矢島 由希 → 五嶋 京香
  • 85分 木下 栞 → 鈴木 里奈
  • 90分 児玉 桂子 → 内山 智代
選手交代
  • 46分 川崎 咲耶 → 園田 瑞貴
  • 61分 小須田 璃菜 → 阪口 萌乃
  • 78分 唐橋 万結 → 山谷 瑠香
警告
退場
17 シュート 5
9 GK 14
5 CK 2
5 直接FK 10
1 間接FK 7
0 PK 0
選手
  • 1 池ヶ谷 夏美
GK
  • 1 福村 香奈絵
  • 3 矢島 由希
  • 5 木下 栞
  • 7 坂本 理保
  • 17 小泉 玲奈
DF
  • 14 小原 由梨愛
  • 27 瀬倉 春陽
  • 3 中村 楓
  • 4 渡辺 彩香
  • 11 齊藤 あかね
  • 6 國澤 志乃
  • 13 児玉 桂子
  • 15 野口 彩佳
MF
  • 11 佐伯 彩
  • 33 小須田 璃菜
  • 10 上尾野辺 めぐみ
  • 25 唐橋 万結
  • 10 横山 久美
  • 14 泊 志穂
FW
  • 8 大石 沙弥香
  • 13 川崎 咲耶
  • 21 林崎 萌維
  • 4 鈴木 里奈
  • 18 五嶋 京香
  • 8 大宮 玲央奈
  • 20 内山 智代
  • 24 神田 若帆
  • 9 山崎 円美
SUB
  • 21 高橋 智子
  • 17 久保田 麻友
  • 7 園田 瑞貴
  • 9 山谷 瑠香
  • 15 阪口 萌乃
本田 美登里 監督 辛島 啓珠

監督コメント

辛島 啓珠 監督(アルビレックス新潟レディース)
【ハーフタイムコメント】


【記者会見コメント】
萌乃(阪口選手)が少し痛めてしまい、できるかどうかが難しい状況で、スタートから入るのはリスクがあると考えたので、急遽ですがメグ(上尾野辺選手)をボランチに下げました。最初は咲耶(川崎選手)とメグの2トップを考えていましたが、そこに沙弥香(大石選手)を入れました。

やろうとしたことは、相手からのプレッシャーを受けたとしても縦に一発というより、しっかりつなぐということでした。ですが、セカンドボールを全然拾うことができずにいました。ボランチのところもそうですし、ディフェンスラインも含めてです。相手に拾われてしまい、勢いを与えてしまいました。それが大きかったと思います。また、失い方も悪く、結果的に前半で4失点をしてしまい、勝負としては厳しくなりましたが、後半は選手交代をし、もう一度自分たちがやろうとしていることと、修正すべきところを指摘して臨みました。

(カップ戦の選手起用は?)カップ戦だからと試すということではなく、リーグ戦に向けてチーム状態を上げていく作業が必要だと考えています。チーム状態を上げていくという意味で、若手を起用する選択肢はありますし、連携面をもっと成熟させてリーグ戦につなげたいと考えていました。しかし、ここでまたケガ人が出てきて、在籍するメンバーで戦うことを考え、今日でいえば瀬倉春陽、前回のノジマ戦でも出場しました。前回は途中交代で、今日はミスで4失点目に繋がってしまいましたが、それ以外では横山選手を抑えていたから、彼女にとっていい経験になりましたし、いいパフォーマンスを見せてくれたと思います。

(チーム状態は?)今日のように、まだ波はあると思いますし、失点もありますので、足りないところがあるのだと思います。もっと攻撃のチャンスを作るためには、しっかりとビルドアップをして、つないでいくやり方が一番合っていると思います。いいときもあれば、結果が出ないときもありますが、我慢強く続けてリーグ戦に繋げたいと思っています。

(園田選手の得点についての評価は?)ケガ明けで、ほとんどトレーニングはできていませんでしたが、彼女のポテンシャルを考えると、前線で今日のような仕事をしてくれるとチームにとっては大きいです。また、ボールを触れる選手なので、チームにいると全体のパフォーマンスも変わってくると思いますから、今日のプレーには満足しています。

(今後の戦いは?)暑い中でやるのは、まだ寒い新潟でハンデを感じることもありますが、ここをしっかりと乗り越えて、地道に積み上げて、リーグ戦の夏から秋以降にパフォーマンスが上がっていくと信じてやっています。とにかく目の前の一戦一戦に、より良いパフォーマンスで臨むことや、自分たちのやりたいことができるようにやっていきたいと思います。

選手コメント

[園田 瑞貴]
(交代で入ったときは)負けている状況だったので、自分が得点をしたいという気持ちがあった。チャンスがあれば絶対にゴールが取れるという自信があったので、点を取れたことは良かった。自分は足元のプレーが好きだが、そればかりだと(攻撃が)狭くなってしまうので、背後を取ることは意識していた。

(1点目は左足での見事なゴールだったが)シュートを決めることが大事だったので、少しでもチャンスがあれば撃っていこうと思っていた。(2点目は)キーパーとの駆け引きがすごく大事で、キーパーがニアにいたので、思い切ってファーを狙って撃った。

今日はアウェイで、パルセイロのサポーターの方も多かったが、遠い長野にも新潟のサポーターの人たちがたくさん来てくれた。人がたくさんいる中で、点を決めることができたのは良かった。

このリーグのレベルの高さにも多少は慣れてきたところがある。もっと得点を取れる存在になっていきたいし、自分の持ち味を出しながら、アルビの勝利に貢献できるように頑張っていきたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB

PAGE TOP