エコ活動について

TOP > ホーム観戦をしよう > エコ活動について > ペットボトルキャップで社会貢献!

ペットボトルキャップの回収について


  • ペットボトルキャップはゴミとして焼却処分されるとキャップ430個で3.15KgのCO2が発生します。小さなキャップでも分ければ資源となります。リサイクルして価値ある材料にしましょう。
  • スタジアム内の各ゴミ捨て場(エコステーション)でペットボトルのキャップを回収しております。試合会場で出たキャップやご自宅で集めたキャップなどをぜひお持ちください。
  • 回収したキャップは社会貢献活動の一環として、再利用手続きを行います。

【参考】
・2009年から試合会場でペットボトルキャップの回収を開始しました。
・2016年ホームゲーム計20試合で494,930個のキャップを回収、ワクチン575.5人分、3625.7KgのCO2削減効果がありました。
過去のキャップ回収数はこちら
ゴミの分別についてはこちら

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP