がんばろう東北 SMILE PROJECT

「2013 がんばろう東北 SMILE PROJECT」 第3回 招待事業概要
■試合:
2013年9月14日(土) 
2013 J1第25節 
アルビレックス新潟vs大宮アルディージャ
2013なでしこリーグ第11節
アルビレックス新潟レディースvs日テレ・ベレーザ

■対象:
45名

[1]岩泉サッカースポーツ少年団
(下閉伊郡岩泉町)  21名
選手:15名 / 引率コーチ・保護者:6名
[2]デルフィーレ田老  (宮古市)  24名
選手:21名 / 引率コーチ・保護者:3名


■内容
岩手県サッカー協会、グルージャ盛岡監督・鳴尾直軌氏と連携して第3回目の実施。
新潟に到着後、子ども達は、東北電力ビッグスワンスタジアムでスタジアム見学ツアーや、なでしこリーグのエスコートキッズや、トップチーム選手とのハイタッチなど貴重な体験をした。練習を見学後、メインスタンドにて試合観戦。
翌日は、新潟聖籠スポーツセンター・アルビレッジにてアルビレックス新潟ジュニアチームとの交流試合を実施。最後にトップチーム選手とのふれあいを通じて、アルビレックス新潟との交流を深めた。 
  


■経費の充当
ホームゲーム会場などでお預かりした義援金募金、復興支援SMILEシート、チャリティーブレスの収益の一部と、協賛企業・団体様からのご協賛金を、子どもたちの交通費、宿泊費、食事代、交流試合の会場使用料、お土産代などの経費に充当。
  


■レポート
☆ようこそ、ビッグスワンへ!  
第3回となる「2013 がんばろう東北 SMILE PROJECT」。今回は、岩泉サッカースポーツ少年団(下閉伊郡岩泉町)、デルフィーレ田老(宮古市)の皆さんが参加してくれました。
9月14日(土)の早朝に岩手県を出発し、子ども達を乗せたバスは昼過ぎにスタジアムに着きました。到着後、これから試合に挑むアルビレックス新潟レディース選手が出迎えてくれました。

チームを代表して能仲監督と岩手出身の13DF中村楓選手が激励のメッセージを送りました。
  
2002FIFAワールドカップやビッグスワンで開催された大会の記念品などが展示されている展示室やプレスルームを見学。ピッチ脇に出て実際に選手が使うベンチに座ったり看板の大きさに驚いたり、大感激の様子でした。

  
なでしこリーグ公式戦で、選手と一緒に入場する貴重な体験をしました。
その後、トップチームのロッカールームを見学しました。清藤エキップメントマネージャーの説明に子どもたちは興味津々でした。
 
続いて、トップチーム試合前に室内練習場でアルビレックス新潟 代表取締役社長の田村からご挨拶をさせていただきました。
「ようこそ新潟にお越しくださいました。Jリーグの色々なクラブが震災復興支援活動を行っていますが、このSMILE PROJECTはアルビレックスと新潟の皆さんが一緒になって取り組んでいる活動です。今日、明日はいい思い出をたくさん作って、楽しんで行ってください。そして、みんながサッカーができたり、今日新潟に来られたことを、お家の方やコーチやサッカー関係者の方に感謝してください。」とご挨拶させていただきました。
  
エントランスではアーくん、ルーちゃん、ビィくんが会いに来てくれました。
  
夕食も笑顔いっぱい、わいわい楽しい時間を過ごしました。
  
試合前は選手とハイタッチの後に練習見学。間近で見る選手に子どもたちは大興奮!!
 
 
試合が始まると、子どもたちは大きな声でアルビの応援をしてくれていました。
  
☆アルビレックス新潟ジュニアと交流試合! 
翌15日(日)には新潟聖籠スポーツセンター・アルビレッジでアルビレックス新潟ジュニアと交流試合を実施!あいにくの小雨でしたが、子どもたちは元気いっぱいにサッカーを楽しみました。

試合前にペナントの贈呈
 

  
アルビレックス新潟レディースの能仲監督が駆けつけてくれました。なでしこジャパン(日本代表女子)のテクニカルスタッフとして出場した2011年FIFA女子ワールドカップドイツ大会での金メダルを参加してくれた4人の女の子に見せてくれました。「みんな、なでしこジャパンに入れるように、頑張ってね。」と男の子に交じって頑張る女の子たちにエールを送ってくれました。女の子たちはワールドカップの金メダルを手にして大感激していました。


なでしこジャパンの北原佳奈選手と岩手出身の中村楓選手と。

☆オレンジカフェで憧れの選手と対面! 
アルビレッジでの交流試合終了後、クラブハウスレストランで選手と同じ食事メニューを楽しみました。そこに、練習が終わったばかりの三門雄大選手、成岡翔選手、東口順昭選手、川口尚紀選手、舞行龍選手の5選手が姿を現すと、大きな拍手で選手を迎える子どもたち。握手やサイン、写真撮影で交流し、楽しいひとときを過ごし、新潟を出発しました。
  

 

今回も「がんばろう東北 SMILE PROJECT」にご参加下さった皆さんのおかげで、被災地の子どもたち笑顔をたくさん届けるとこができました。
「がんばろう東北 SMILE PROJECT」にご参加くださった、皆さん、ありがとうございます。




≪招待事業活動報告≫
2012年11月17日 第32節 川崎F戦 大船渡三陸FC、大槌SCJr(計43名)
2013年4月20日 第7節 横浜FM戦 花輪サッカー少年団、高田フットボールクラブ(計50名)
2013年7月13日 第16節 FC東京戦 千徳FC、釜石ロビンFC(計36名)
2013年9月14日 第25節 大宮戦岩泉サッカースポーツ少年団、デルフィーレ田老(計45名)
2014年8月2日 第18節 セレッソ大阪戦  長内サッカースポーツ少年団、久慈FC(計48名)
2014年8月16日 第20節 大宮アルディージャ戦 FC山田ヴェルエーニ、FC宮古フェニックス(計42名)
2014年10月18日 第28節 ヴァンフォーレ甲府戦 FC釜石、FCサン・アルタス大船渡(計38名)
2015年8月22日 2ndステージ 第6節 浦和レッズ戦 日立木SC、FC原一、相馬東部SS(計50名)
2015年9月26日 2ndステージ 第12節 川崎フロンターレ戦 大野FCスポーツ少年団、相馬サッカースポーツ少年団(計50名)
2016年6月25日 1stステージ 第17節 サガン鳥栖戦 相馬FC、相馬サザンFC(計56名)
2016年9月25日 2ndステージ第13節 鹿島アントラーズ戦 新地SSS、相双トレセンU-12(計43名)
2017年11月18日 第32節 ヴァンフォーレ甲府戦 千徳FCスポーツ少年団、花輪サッカー少年団(計39名)
2018年9月15日 第33節 ツエーゲン金沢戦 釜石FC(計35名)

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ユニフォーム
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
JCB
DAZN
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画

PAGE TOP