がんばろう東北 SMILE PROJECT

「2015 がんばろう東北 SMILE PROJECT」 第2回 招待事業概要
■実施日
2015年9月26日(土)~27日(日)
■試合
2015年9月26日(土)2015 明治安田生命J1 2ndステージ 第12節 
アルビレックス新潟vs川崎フロンターレ
■対象
[1]大野FCスポーツ少年団(福島県相馬市)24名(選手:14名 / 引率コーチ・保護者:10名)
[2]相馬サッカースポーツ少年団(福島県相馬市)26名(選手:14名 / 引率コーチ・保護者:12名)

■レポート
☆アルビレックス新潟主催「8人制サッカ-フェスティバル(U-12)」に参加!
「2015 がんばろう東北 SMILE PROJECT」の第2回目は、大野FCスポーツ少年団(福島県相馬市)、相馬サッカースポーツ少年団(福島県相馬市)の皆さんに参加していただきました。
招待1日目は、新潟に到着後、アルビレックス新潟主催のサッカーフェスティバル(県内外から計12チームが参加)に参加していただきました。清々しい気候となりサッカー日和の中で、アルビレックス新潟ジュニアとの闘いの際には、「強い相手だとは思うけど頑張る!」と闘う気持ちを見せてくれました。

 
早朝に福島を出発したこともあり、フェスティバル後半戦に少し疲れも見えましたが、それでもお互いに声を掛け合って試合終了まで精一杯プレーを続けていました。
また、今回のご招待チームのみなさんはピッチではもちろんのこと、ピッチの外でも常に明るく挨拶をしており、礼儀正しい行動に努めている姿が印象的でした。
☆デンカビッグスワンスタジアムに到着!
午前中のサッカーフェスティバル参加後、いよいよデンカビッグスワンスタジアムへ!
スタジアムに到着後、はじめにクラブを代表して田村社長から、大野FCと相馬SSSの子どもたちに挨拶をさせていただきました。田村社長からは、「本日はようこそデンカビッグスワンスタジアムにお越しくださいました。今日はこのスタジアムで試合がありますので、是非楽しんでいってください。このSMILE PROJECTは2012年から取り組んでおり、新潟県内の企業やその他多くの団体、個人の皆様からの支援によって実現しています。新潟も2007年、2004年、そして1964年にも大地震の経験をしています。今私たちは多くの方々からの支えがあって復興を遂げることができましたが、震災を経験したからこそ皆さんの大変な思いや経験を少しは理解できる部分もあると思っています、ですから私たちは出来うる限り皆さんのことを応援していきたいと思いますし、そして皆さんと一緒に未来に向かって歩むことができたら嬉しく思います。アルビレックス新潟はいつでも皆様を歓迎いたします。ぜひ今日と明日の2日間、楽しんでいってください。」と挨拶をさせていただきました。
田村社長の挨拶のあと、子どもたちからも「今日はアルビレックス新潟ジュニアチームのみなさんと貴重な試合をさせて頂きました。これから行われるトップチームの試合観戦も楽しみにしています。今日はご招待頂きありがとうございました!」と感謝の挨拶を頂きました。
続いて選手ロッカールームに移動し、清藤エキップメントマネージャーから、「選手ロッカールームは、試合当日登録された18名の選手が使用する部屋です。これはアウェイチームに用意しているロッカールームでも同じです。そして、登録された選手は何も持たず、このロッカールームにやってきます。僕らは選手が必要とするドリンクや軽食、そしてユニフォームやスパイク等試合に必要なものを全て準備する、そんなお仕事をしています。みんなのお父さんやお母さんのような役割だと思ってください。」とロッカールームに関する説明をしてもらい、熱心に説明に聞き入っていました。
記者会見室では、監督気分を感じながら記念撮影をしました。
展示室では、スタジアムの模型を見ながらその歴史や特徴の説明を受け、また、綺麗に管理されたスタジアムの芝生が普段どのように管理、手入れされているかについても熱心に聞き入っていました。
スタジアム内を一通り見学した後は、様々な飲食ブースやイベントブースが出店しているEゲート前広場へ移動し、にぎやかな広場で思い思いの時間を楽しんでいました。
ピッチ練習のため入場する選手とのハイタッチでは、目の前に登場したプロ選手に興奮しながらも、「頑張ってください!」と元気に声をかけていました。
その後の練習見学では、監督・コーチから「ボールの止め方、蹴り方をよく見てごらん」とアドバイスされると、真剣な様子でピッチの選手たちを目で追っていました。
練習見学後は、いよいよメインスタンドに移動して試合観戦。「一番楽しみにしていた!」と話してくれた子どもたちは、ゴールが決まると立ち上がって喜びを爆発させていました。
☆新潟市内観光 
川崎フロンターレ戦を観戦した翌27日(日)に新潟市内観光を実施。
はじめにメディアシップを訪れました。到着後、3階に移動し、オールアルビレックスの歴史や記録を紹介している「アルビミュージアム」を見学しました。アルビレックスにサッカー以外にも野球、バスケットボール、陸上、レーシングチーム等様々なスポーツクラブがあることを知ると、各スポーツクラブの展示物を興味深そうに見ていました。
その後、20階の「そらの広場(展望フロア)」に移動。展望フロアから新潟の街全体を眺めながら、新潟が明治時代全国で最も人口の多い県であったことやその理由など歴史の説明を聞き、そして展望フロアからもよく見えるデンカビッグスワンスタジアムの名前の由来が、隣接する鳥屋野潟に飛来する白鳥が羽を広げる瞬間と、スタジアムの屋根の形状に因んでいることを熱心に聞いていました。
市内観光の最後に新潟駅南にあるアルビレックス新潟オフィシャルショップ「オレンジガーデン」へ移動。店内に並ぶグッズをいろいろ見ながらどれにしようかと決めかねている子どももいましたが、一番人気は選手の名前入り「アルビレックスブレス」でした。

「2015がんばろう東北SMILE PROJECT」第2回目は、本プロジェクトにご賛同頂いた皆様のご支援に支えていただき、被災地の子どもたちにたくさんの笑顔を届けることができました。「がんばろう東北 SMILE PROJECT」にご支援そしてご参加くださった皆様には、心より御礼申し上げます。ありがとうございました。


≪招待事業活動報告≫

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP