ハッピーシート

TOP > ハッピーシート2015

2015ハッピーシート観戦団体募集中!

2015年5月6日
第10節 VS.モンテディオ山形
観戦団体
バローレ京ヶ瀬様

ホームに山の神を迎える一戦



今節は昨シーズン悲願のJ1昇格を果たした山形をホームに迎えての一戦です!

そんなこの試合のハッピーシートに参加していただいた団体様はバローレ京ヶ瀬の皆様です!

まず、試合前に皆様を温かく出迎えてくれたのはレオシルバ選手です

レオシルバ選手は笑顔で皆様に亀田製菓のお菓子をプレゼントしてくださいました。

チームの顔であるレオシルバ選手とのふれあいに皆様興奮が抑えきれない様子でした。その後、いつも試合終了後にスカパー!監督インタビューが行われる場所で、選手を中心に記念撮影を行いました


記念撮影が終わり、今度はピッチ脇に移動し、選手のウォーミングアップを見学

試合開始前から両チームのサポーター同士による、競い合っているかのような激しい応援がスタジアムを包み込みます。

その応援を目の当たりにした皆さんの表情は興奮に満ちた様子でした。



そして試合開始。

立ち上がりから新潟は相手のバックラインの背後を突く攻撃を見せていきます。

前半28分。相手のバックラインの背後を上手く突いた鈴木武蔵選手のカットインからのシュートは惜しくもキーパーの正面になってしまいます。

前半終了間際には川口選手がキーパーとの1対1を迎えますが これも正面。
また、そのこぼれ玉に反応した武蔵選手がフリーでシュートを放ちますがこれは枠を捉えません。

攻め立てる新潟でしたが後半28分にセットプレーから失点を喫します。

1点を守りきろうとする山形の堅守をなかなか崩せずにいた新潟でしたが ロスタイムに加藤選手の丁寧なパスから後半途中出場の成岡選手が豪快な一撃を叩き込み何とか同点にします。

試合はこのまま1-1で終了。執念でもぎ取った勝ち点1は次に繋がる大きな意味を持つ勝ち点と言えるでしょう。


試合終了後に皆さんから感想をお聞きしました。

「アルビの最後まであきらめずに戦う姿がかっこよかった!」(佐藤さん)

「勝ち点1を取れてよかったし、嬉しかったです!」(高橋さん)

ハッピーシートは今シーズンで5年目となります。
今シーズンも亀田製菓様のご協力のもと、子どもたちをスタジアムに招待し、
Jリーグの生の興奮と歓喜を体感していただきたいと思います。

今後の試合では、参加団体を募集しております。
多くの皆様のご参加をお待ちしておりますので、こちらよりご応募ください!

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP